競馬小説「アーサーの奇跡」第7話 小倉競馬場

前回までのあらすじ

 

なぜ写真屋を引き継いできたのか、その理由を善男に訊いた匠。

それに答えつつも、特に匠に何も聞くことのない善男でした。

競馬小説「アーサーの奇跡」第6話 匠の実家

競馬小説「アーサーの奇跡」第7話

第7話 小倉競馬場

 

「返してください!」

 

小倉競馬場の発券機前、匠が男を呼び止めた。

「…。」

匠が呼び止めたその男は身長180cmくらい、鋭い眼光を両目にたたえ、骨太で威圧感を身にまとう、寡黙な中年男だった。

 

「その馬券は僕のです、返してください!」

と訴える匠に

「…」

相変わらず男は押し黙って動作を続けている。

 

「取り忘れたんです、その…」

やや気後れした匠を尻目に、無言で静かに視線を下げると、男はゆっくりとマークシートを発券機の入り口に差し込んだ。

 

「お釣りを取ったら、馬券を取り忘れて…その…」

匠は馬券を購入する際、釣銭を取って馬券を忘れた。

こうなると自分の馬券であると証明するのはかなり難しい。

 

「…。」

尚も無言を貫く男が匠の取り忘れの馬券を手に、何かに感じ入るような視線で坦々と馬券を買い足していく。

「あの…!」

困惑する匠をよそに、男が馬券を買い終えると今度は、促すような視線を匠に馳せ、購入者の列から引き離した。

 

「あの…返してください!」

「…。」

匠の焦りにも構うことなく男が匠の馬券を見やると、そのまま馬券を持つ手が男のズボンのポケットへと吸い込まれた。

「あ!ちょっと!」

これにはさすがに匠も瞬間、怒りが湧いてきたところだったが、そんな匠をじっと見つめながら男は重たい口を開いた。

 

「…落ち着け。」

表情のこわばった匠を見て男はゆっくり視線を落とすと、ハンドバックから財布を取り出し、静かに一言だけつぶやいた。

 

「…受け取れ。」

「…??」

 

匠に突然差し出されたのは、しわ一つない一万円札だった。

 

「…は?」

「…この馬券は、おれが買い取る。」

「…?」

 

この男が何を言っているのか全く分からない匠だったが、動揺している間に手中に一万円札が握られていた。

 

「あ、えっと…」

困惑したままの匠をよそに中年男はその場を立ち去り、匠は突然手に握らされた一万円を呆然と見つめた。

 

「…え…?」

そうして立ち尽くす匠の元に、今度は売店で買いものをした、善男が笑顔で戻ってくるのがぼんやりと匠の目には映った。

 

「おーい匠!今そこの売店で“アイスクリン”なるものを買ったぞ。アイスのコーンにただアイスクリームを乗っけただけのやつでな…」

上機嫌の善男の声を聞いて、匠ははっと我に返った。

 

「父さん!あのさ、つい今変なオヤジが現れて、一万円札をおれに渡して消えて…ガタイがよくて目が鋭くて、おれの馬券で…」

話がまとまらない匠を見て

「お、おう…何があったんだ?」

善男がなだめるように問い掛けた。

 

「あ、ごめん、えっと…」

段々と落ち着きを取り戻した匠が事の成り行きを話すと

「そりゃ、確かに変なオヤジだ」

と善男も首を傾げるのだった。

 

「お前の馬券を取り上げて、その代わりに一万円札を渡す…。はて、どういうことか…」

「そうなんだ、びっくりして結局、馬券もまだ全然買えなくてさ」

その瞬間、トゥルルルル!と発売締め切りのベルが鳴り響いた。

 

「仕方ない、外に出よう」

善男の言葉で場内を出ると、馬たちは既に輪乗りをしていて

匠が買っているはずのレースの発走も直前に迫っていた。

 

次回予告

 

取り忘れた馬券を持って行かれ、代わりに1万円を得た匠。

混乱のなか馬券を買っていたレースが発走を迎えましたが…

 

次回は:競馬小説「アーサーの奇跡」第8話 ひまわり賞

前回は:競馬小説「アーサーの奇跡」第6話 匠の実家

はじまりは:競馬小説「アーサーの奇跡」第1話 夏のひかり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です