関屋記念2021調教診断・上位3頭を選出

はしくれ

こんにちは、はしくれです

今週の新潟競馬場では関屋記念2021が開催される予定です。

この一戦にはNHKマイルカップ2着とした3歳牝馬の、ソングラインが出走しかなりの人気を集めると予想されます。

週中コラムでも抜けているとの判断を下した同馬も含め、気になる関屋記念2021の調教を診断します。

関屋記念2021調教診断・上位3頭を選出

調教1位:ソングライン

<美浦 南W 良 84.7-67.9-53.0-37.8-11.5 ほぼ馬なり>

今回1位に選出したのはソングラインと致しました。

同馬は先述の通り前走NHKマイルカップを2着、1分31秒6での走破から時計も持つ牝馬です。3歳牝馬の51kgは明らかな有利だと思いますが、今週の調教からも優位は揺るがないと見て1位指名です。

そんな同馬の前週調教は4ハロン52秒8からのラスト11秒4と加速し、圧倒的な切れを感じました。東京のマイル戦で良い脚を見せた同馬の脚に不安はなく、ウッドで連続で調整されて順調な点も好感を得ます。

そこにつけて今週の追い切りは53秒0の4ハロンで、ラスト11秒5と末脚を更に伸ばす状態となりました。前週で既に仕上げていたので今週が鍵だと思いましたが、十分な内容で当日にも期待が持てる仕上がりと言えます。

調教2位:クリスティ

<栗東 坂路 良 52.6-37.6-24.0-11.8 ほぼ馬なり>

調教2位はクリスティです。

同馬は前走牝馬のGⅠヴィクトリアマイルを10着ですが、持ち味である逃げの脚質から、先頭を奪い競馬をしました。関屋記念はスローになりやすい逃げも決まりやすい傾向もあり、これが実現できれば今回は巻き返しも有り得なくありません。

そこで状態が気になりましたが、同馬は今週坂路で追われて、4ハロン52秒6からのラスト11秒8としました。動きとしてはマイルがギリギリの馬という短距離馬的走りで、小気味よく軽快な脚を伸ばしタイムも優秀なフィニッシュでした。

併走馬とは手応えの違いが明らかということもありましたが、一度しか経験のない8月、これを使ったことも意味深です。その一度は勝利している上に、元々中距離も走りますから、この関屋記念の舞台は向くと同時に状態から警戒です。

調教3位:グランデマーレ

<栗東 坂路 良 51.0-37.0-23.8-12.0 やや強め>

最後はグランデマーレです。

同馬も2位のクリスティ同様、芦毛が目立つ馬体を見せますが、前走体重は510kg、馬格も見栄えがする一頭です。同馬に関してはデビュー戦から全て藤岡祐介騎手が乗り、手放さずに来ていることが更に気になる点と言える存在です。

その追い切りでは2週連続で強めの調教で追われましたが、前週一杯に追われた際に好時計を記録してもいました。4ハロン51秒4からラスト12秒2のフィニッシュなら、一杯に追ったとはいえ相当速い時計と感じるところです。

それを今週はやや強めに変え51秒0ー12秒0、内容を軽くしながらタイムは更に伸ばす上昇を見せました。スタミナのありそうな馬体ですし多少の馬場悪化も不安がなく、好調教の馬が多いですが、3位には推しておきたい馬です。

関屋記念2021調教診断・おわりに

まさかの週中コラム独占をソングラインが果たしました

のりしお

はしくれ

取り敢えず買うことは決定だよ
あとは天候が気になりますよね

のりしお

はしくれ

稍重は走ってはいるけれどね…

*関屋記念2021のパドックロードも配信致します。プロの相馬師による相馬眼に今週もぜひご注目ください

また関屋記念2021の関連記事はこちらから―

関屋記念2021予想・本命はソングライン

関屋記念2021・今週の期待馬体

関屋記念2021過去10年の傾向とイチオシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です