レパードステークス2021調教診断・上位3頭を選出

はしくれ

こんにちは、はしくれです

今週の新潟競馬場ではレパードステークス2021の発走が近づいております。

先週当コラムはクイーンステークスでワンツー選出でしたが、今週はかなり群雄割拠で難しい調教になっています。クイーンステークス2021調教診断・上位3頭を選出

そのなかでも上位評価3頭に絞り選出を致しましたが、レパードステークス2021の調教診断を致します。

レパードステークス2021調教診断・上位3頭を選出

調教1位:キャリアリズム

*同馬は非当選馬のため出走致しません。ご了承ください

<栗東 CW 良 66.7-51.4-37.2-11.7 ゴール前一杯>

今回1位に選出したのはキャリアリズムと致しました。

同馬は今週の期待馬体で取り上げた一頭になるのですが、最終追い切りもかなり意欲的に追われた内容となりました。前走から2か月ほど間隔もとっての参戦となりますから、調整自体はかなりしっかりと行えたのではと思っています。レパードステークス2021・今週の期待馬体

そして今週の追い切りとしては外々を回り最後の直線、しっかり追い出されると躍動しラスト11秒7としました。はしくれは個人的にはこうした直前一杯の調教自体、あまり評価はしないところですが今回はちょっと訳が違います。

それというのもムチを打った時も殆んどゴール後のことでもあって、気を抜かないための仕上げに見えたことが印象的だったからです。レースに向けてスイッチを切り替え整えられたとも思えますから、全体タイムの優秀さ踏まえ、ここは1位選出に致します。

調教2位:テイエムマジック

<栗東 坂路 良 52.8-38.0-24.4-12.0 ゴール前強め>

調教2位はテイエムマジックです。

同馬は前走のわらび賞では同じ新潟のダート千八で、1番人気を背負って勝つなどと勇躍重賞初挑戦です。距離を伸ばして勝っている通りに馬体的にも中距離向きと見え、調教でもスタミナ感を見せる粘りのある走りを見せています。

かなり道中も抑えた感じで進んで最後時計が出ましたし、全体時計が出走馬中で上位にくるタイムも好感です。比較的激しく追われなくても速いタイムが出せていることから、馬体面のシャープさも考慮して2番手評価に抜擢しました。

今回は相手強化が顕著な一戦なのは間違いないですが、同じコースを経験したうえに勝っている強みは追い風でしょう。馬格もありますし成長力も感じる馬体を持っていますから、当日の気配次第で上位に食い込む余地は十分ありましょう。

調教3位:オセアダイナスティ

<美浦 南W 良 84.4-68.2-53.1-38.6-12.2 馬なり>

最後はオセアダイナスティです。

同馬は今回出走馬中で馬なりで好内容を消化し、余力と上昇度を感じられる追い切りを消化した一頭です。前走函館を7馬身差で圧勝する強さを見せましたが、その底知れない強さを感じる3頭併せでの調教でした。

その追い切りでは外目を回って距離ロスと負荷があるなかでしたが、手応えも最も優勢なままカーブを楽に消化していました。最後の直線もライバル2頭、内側から競りかけていましたが、殆んど動じる素振りも見せずに馬なりのままで併走しました。

ダート馬らしい500kgを誇る大型な馬体もさることならがら、トモも張っていて毛ヅヤもピカピカ、かなり調子も良いと思われます。伸びやかな馬体を見せていますし太め感なく仕上がっているので、こちらも当日の気配次第で楽しみはより大きくなりましょう。

レパードステークス2021調教診断・おわりに

まだキャリアが浅い馬たちですが、上位3頭は楽しみですね

のりしお

はしくれ

3頭とも馬格があるんだよね。そのせいか走りもダイナミック
あとは当日次第ということで

のりしお

はしくれ

パドックがとても楽しみなんだよ

*レパードステークス2021のパドックロードも配信致します。プロの相馬師による相馬眼に今週もぜひご注目ください

またレパードステークス2021の関連記事はこちらから―

レパードステークス2021予想・本命はルコルセール

レパードステークス2021・今週の期待馬体

レパードステークス2021過去10年の傾向とイチオシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です