七夕賞2021過去10年の傾向とイチオシ

はしくれ

こんにちは、はしくれです

今週の福島競馬場では七夕賞2021が予定されているところとなりますが、このレースは毎年波乱となることでも知られている一戦です。

既に先週ラジオNIKKEI賞では波乱の結果となりましたが、2週連続の波乱となるのか、精査して参りたいと思います。

文末では過去の傾向からも最も注目するイチオシ馬を、ピックアップして参りますのでどうぞごゆっくりとご覧ください。

七夕賞2021過去10年の傾向

七夕賞2021・過去10年3着以内傾向

①最多好走枠6枠(緑)=6年7頭3勝(全30頭中)

➁苦戦枠(1頭以下):7枠(橙)=1頭

前年3着以内リピーター:2頭

④牝馬:1頭(0勝)

⑤3歳馬:なし

⑥人気:1番人気4頭・2番人気3頭・2番人気2頭・4番人気2頭・以下19頭

⑦好走騎手(3回以上):内田博幸騎手4回(2勝)

⑧ハンデ:50~57,5kg

⑨走破タイム:良=1分58秒2~2分0秒8、稍重=1分59秒6~2分1秒1、重=2分2秒5

⑩好走厩舎(3頭以上):なし

⑪最速上がり3ハロン計時馬8年8頭1勝

⑫馬体重:436~534kg

⑬4角5番手以内:17頭(8勝。うち逃げ馬は2頭1勝)

⑭好調種牡馬(3着以内入着回数:4頭以上):ディープインパクト6頭(2勝)

⑮好走ローテ(前走。リピーターも単年計算):重賞経由18頭(主な前走=鳴尾記念4頭、エプソムカップ4頭、新潟大賞典3頭、天皇賞春・海外・AJCC・目黒記念・東京新聞杯・マーメイドS・中山金杯各1頭)、オープン9頭(福島民報杯3頭、米子S2頭、他4頭)、3勝クラス2頭、2勝クラス1頭

⑯前走後間隔中1週~3か月=29頭、6か月=1頭(2020クレッシェンドラヴ1着。中山金杯7着経由)

前走人気:13番人気以内

⑱前走最低着順馬:2019ロードヴァンドール3着=天皇賞春12着

⑲ペース:ハイ6、ミドル3、スロー1

枠順確定前のイチオシ

七夕賞2021過去10年の傾向から、枠順確定前のイチオシは…

クレッシェンドラヴ

同馬は福島を庭にしておりその成績は2-3-0-0で、2勝は重賞、昨年の覇者で連覇を狙っている存在です。上がり最速計時馬が有利な一戦というデータがりますが、過去10年で勝ち切っているのも昨年の同馬1頭だけです。

ローテーションも3か月以上の休み明けながら昨年勝利し、今年も3か月開いていますが休み明けは3-1-0-1です。最早福島を走らせるために現役を続けているようですし、主戦の内田騎手もこのレースを元々得意にしている騎手です。

今回はトーラスジェミニが逃げてやや締まった流れにもなりそうで、持久力のある同馬にとっては走りやすい展開となるでしょう。あとは他馬とのハンデ差なのですが、得意舞台と主戦の騎乗から、それでも尚傾向的有利と見てイチオシ馬に抜擢します。

七夕賞2021の予想七夕賞2021予想・本命はクレッシェンドラヴ

はしくれさんは昨年このレース、なんと3着以内独占です

のりしお

〇1着→☆2着→◎3着→▲9着

はしくれ

これはとても嬉しかった
人気も3→7→6番人気で3連単は11万でした

のりしお

はしくれ

福島に関しては2週目から目が慣れて良くなる傾向だしね。会員さんが喜んでくれたら
いつでも狙って攻めていますしね

のりしお

はしくれ

ここも頑張って選び抜きたい

以上七夕賞2021の過去傾向とイチオシでした。あとは枠順が確定してから精査することをおすすめします。また七夕賞2021のパドックロードも配信します。プロの相馬師による診断にもご注目下されば幸いです。

はしくれ

それでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です