鳴尾記念2021結果&馬体診断・優勝はユニコーンライオン

均衡。

稍重馬場から回復してきた中京競馬場の芝でしたが、水分を含む馬場状態から逃げ馬が勝利した鳴尾記念。

そのユニコーンライオン一頭が競馬をしたようなレースでしたが、目黒記念に続く緩流での動きのない重賞となりました。

スローな流れから前の2頭が粘り込む展開になりましたが、そんな鳴尾記念2021の結果を回顧して参ります。

はしくれ

それではどうぞご覧ください

鳴尾記念2021着順

優勝馬ユニコーンライオン

2着馬ショウナンバルディ

3着馬ブラストワンピース

鳴尾記念2021予想&予想結果

本命◎サンレイポケット

対抗〇ショウナンバルディ

単穴▲ヒンドゥタイムズ

買い目=◎〇単勝各100円、馬連◎〇100円、ワイドボックス各100円、計600円。

予想結果=不的中

鳴尾記念2021予想・本命はサンレイポケット

パドックロード配信結果

◎6着→▲7着→☆9着→〇11着でした

パドックロード(2021)6月度会員募集&前月度実績

今回も全くダメでしたね

のりしお

はしくれ

大変申し訳ございませんでした
ショウナンバルディは展開予想で単勝抑えていましたけど…

のりしお

はしくれ

うん…2着。逃げ馬の位置をショウナンバルディが取ってくれたら良かったんだけど…
さすがに今回はお疲れですね

のりしお

はしくれ

こんな競馬ばっかり見たくないよ

鳴尾記念2021結果・馬体診断

優勝馬ユニコーンライオン

まず優勝馬ユニコーンライオンです。

同馬は全体的にも立派な馬体が目を引く存在でしたが、トモも張りがあり仕上がりの良さは気になった一頭でもありました。下腹にかいた汗がなんなのかはっきり断定できなかったため、選出には至りませんでしたが、好調が窺える仕上げでした。

528kgで前走からマイナス4kgということから、実際より切れ長に見せていて、太め感は見られない仕上げです。矢作調教師に50勝目の重賞勝利を捧げる騎乗で、直線手前で引き離していた坂井騎手もまた好騎乗でした。

同馬としては晩成傾向でここに来て体幹がピシッとして、ツヤも良くやや湿った芝生にも上手く対応できたと思います。無駄のない馬体で馬場状態が稍重発表のままだったなら、あるいは選出もできていたかと、かなり悔やまれる好仕上げでした。

2着馬ショウナンバルディ

2着馬はショウナンバルディです。

同馬は良い時よりも全体がややこじんまりとして見えましたが、緩流に乗って2番手追走、流れ込み連対を果たしました。良い時はもっと毛ヅヤが光ってしっかり目にとまることもあるので、パドックでは切ってしまいましたが、展開の影響が大きいです。

全体的にもころんとしていて中京のややコーナーがきつめの、カーブ4回で先行するのは向いている馬体だと思われます。ただ今回も目黒記念の際お伝えしているのと同じように、パドックではなんともしようがない一戦だったなと思っています。

レース展開も同馬がハナから押し切る予想を立てていましたし、ポジションが逆転をしていたなら同馬が勝ち切ったかもしれません。パドックの弱点があらわになるレースが多かった一日ですが、重賞でこうしたことが続くとさすがに悲しくなってしまいます。

3着馬ブラストワンピース

3着馬はブラストワンピースです。

同馬はスローペースのなかにあり、最内枠から脚を溜め続け、イン強襲が得意な岩田騎手らしい末脚を伸ばしてきました。全盛期と比べると筋肉が多少落ちたようにも見えましたし、敢えて選出をしていくほどには強気にはなれない仕上がりでした。

大目標というレースでもなく、まだ馬体に緩さもありましたし、これで来るのですからGⅠ馬の底力はさすがだと思います。4着のペルシアンナイトからも1馬身差を開いてもいますし、仕上げの良かったライバルと比べ、内枠も追い風になったでしょう。

本来この1枠1番では進路取りに苦労するはずですが、今回に限っては緩流からインが有利なレースとなりました。復活というにはまだ状態が安定していないと思いますし、同馬の見極めは次走以降に持ち越しとした方が良さそうです。

サンレイポケットを推してましたが

のりしお

はしくれ

うん、本当に好仕上がりだった

毛ヅヤも光って、無駄もないですね

のりしお

はしくれ

これは何度やっても本命だよ
まさかの緩流2連発ですね…

のりしお

はしくれ

さすがにこれじゃあ、お手上げだったよ…

会員様には良い予想が届けられず、誠に申し訳ございませんでした。選出馬には自信を持っていますが、結果は厳しく受け止めて参ります。

鳴尾記念2021結果・回顧

レース動画


レース後の感想

今回は目黒記念と変わらず、均衡した状態の一戦で、騎手の方々にはもっと騎乗に力を入れてほしいと思います。予想家としては展開を加味し最大限狙っているのですが、的中に及ばないこと自体は反省も重ねているところです。

しかしながら目黒記念の際もスローをただ流れただけでしたし、2戦連続でこうしたレースを見ることになるとは驚きでした。怠慢騎乗というのは手綱をゴール前で緩めること以外に、こうした状況にも言えるのではないかと思ってしまうほどでした。

競馬はファンの楽しみで成り立つ事実を忘れないでほしいですし、ダービーでは横山武史騎手が差されながら懸命に乗りました。そうした騎乗の結果であるなら敗戦も清々しいものですが、せっかくの重賞なので楽しく観戦できるよう願っています。

騎手のコメント

1着坂井瑠星騎手・・・「状態が凄く良くて楽しみにしていたので、結果を出すことができて嬉しいです。行く馬が居れば2番手でも良かったんですけど、ゲートも速かったですし、主張してくる馬もいなかったので、ハナという形を選びました。瞬発力勝負だと分が悪かったんで、3~4コーナーから仕掛けて行って、直線もしっかり反応してくれてたんで、あとは誰も来ないでくれって思いながら乗っていました。所属である矢作調教師の馬で厩舎重賞50勝目を挙げられたこと、お世話になっているラインオンレースホースさんの馬で勝てたことは嬉しいです」

2着池添謙一騎手・・・「折り合いに気をつけて進めていきました。我慢は利いていたと思います。まさか逃げ切られるとは思わなかったので、一瞬追い出しを待ちました。その分もあって離されてしまいました。」

3着大竹正博調教師・・・「スローなのでどうかと思いましたが、枠を利して対応してくれました。惨敗が続いていたので、きっかけはできたと思います。このあとは馬と相談して決めることになると思います」

鳴尾記念2021結果データ

勝ちタイム=2分00秒7(良)

前半1000m通過=62秒9

ペース=スローペース(5秒1差・1000m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=34秒1(2位)

レース上がり3ハロン=34秒1

4角通過順=1→2→8番手

おわりに

今回は目黒記念の敗戦を活かそうと先行馬を選んで、ショウナンバルディが逃げると踏んで単勝馬券を買っていきました。ユニコーンライオンが出した時について行くチャンスと思いましたが、ライバルに出し抜かれた直線で離されてしまい残念でした。

ただ少し敗戦を糧にできた結果でもあると思っていますし、もう少し予想を詰めて狙いを立てられたら良かったと思います。特にこれくらいスローになるなら最内は脚が溜められますから、ブラストワンピースくらい地力が高い馬なら狙えたところです。

そしてパドックは会員様にはお役に立つことができないために、非常に心苦しく残念で、つらい気持ちになったレースでした。もう一段の成長を促し、復習を重ねて参りますので、変わらずお付き合いいただけるよう、精進していきたいと思います。

はしくれ

今回もご覧下さいまして、誠にありがとうございました
ありがとうございました

のりしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です