安田記念2021予想・本命はグランアレグリア

名馬。

昨年アーモンドアイを退け優勝したグランアレグリアには、主戦のルメール騎手から替わった池添騎手が騎乗していました。

ライバルの実績を考えれば致し方ないところと言えますが、主戦騎手を取られても勝ち切ったパフォーマンスは圧倒的でした。

そして今回ルメール騎手を背に確保できるまでになった同馬が、連覇を狙う安田記念2021の予想を公開です。

はしくれ

連戦でも期待できる一戦
進化する走りが楽しみですね

のりしお

安田記念2021予想・印&買い目

本命◎グランアレグリア

対抗〇シュネルマイスター

単穴▲インディチャンプ

特注☆ケイデンスコール

買い目=馬連◎流し各100円、3連複◎一頭軸各100円、計600円。

◎2着→▲3着→☆4着→〇7着

*昨年馬券内2頭選出。安田記念のパドック速報は

安田記念2021予想

本命◎グランアレグリア

本命◎はグランアレグリアです。

同馬はこれまでマイルGⅠを4勝している名馬なのですが、特に前走ヴィクトリアマイルの勝ち方は強いの一言でした。2走前大阪杯を走った反動は全く感じられずに、直線外へ持ち出すとあっさり突き抜けて4馬身差としました。

東京マイルは得意としていてこれまで4勝を挙げていますが、唯一の馬券外は3歳時NHKマイルカップのみです。このときはまだ瞬発力による競馬ばかりではない位置取りから、後方の馬に狙われたことが敗因になった一戦でした。

前走のヴィクトリアマイルの際、あっさり突き抜けて勝った通りに、本来爆発的な末脚で一気に勝負ができるタイプです。これは安田記念の傾向から最も優勢なデータでもある、上がり最速計時を十分に期待できる脚質でもあります。安田記念2021過去10年の傾向とイチオシ

実際昨年も上がり最速、アーモンドアイを倒していますし、リピーターが強い傾向からも本命は不動というところです。大阪杯を重馬場で4着するなど持久力もありますから、余程の不運が起きない限りは連対は外さないと思います。

対抗〇シュネルマイスター

対抗〇にはシュネルマイスターです。

同馬は前走NHKマイルカップを勝ってGⅠ馬となり、ドイツ生産馬としては初めて3歳のGⅠを制しました。海外生産馬らしく見た目は独特の風貌をしたタイプで、特に腹目の太いパワーのある体型が特徴の一頭です。

この体型から距離に壁があり皐月賞を回避してきましたが、この必中ローテンションが当たり、見事な1勝をもぎ取りました。これで完全にマイルの主役の一頭に躍り出た同馬ですが、春も3戦目のローテですから、無理のない挑戦だと思います。

更にこの前走時の優勝でタイム面にも不安がない上に、今回はハンデが3kg減で更に前進も考えられます。グランアレグリアの盤石ぶりに待ったをかける存在がいるなら、同馬のように前進が見込めるタイプではないかと思っています。

鞍上も横山武史騎手ならデビュー戦で手綱を取りましたし、乗り替わりと言えど不安要素は少ない交替だと言えるでしょう。同騎手もダービーの時と比べ大胆に乗ることができますから、一発逆転を狙う競馬で頑張ってほしいと思っています。

単穴▲インディチャンプ

単穴▲はインディチャンプです。

同馬は前走高松宮記念で3着に入っていますが、その馬体はまだ仕上がり途上で多少緩い仕上がりにありました。それでも段々と馬体が締まり同馬らしい充実に近づいて、ここはいよいよ得意舞台となり、仕上がりも上昇してきそうです。

実際今週の追い切りからも2位評価を下している通りに、かなり好感の持てる調教で上昇を感じさせてくれました。タイム面も素晴らしいものですが、馬体面も無駄なく幅があって、パワフルさとスピードを兼備した良好な状態を見せています。安田記念2021調教診断・上位3頭を選出

実際の仕上がりはパドックでの見極めが必要な部分ですが、少なくとも馬体を見る限りはスプリンタータイプではありません。左回りでは未だ3着を外さない競馬を見せていますし、戦ってきた相手関係から凡走は考えにくい馬です。

福永騎手が大事に乗ってきた一頭というのもポイントですし、日本ダービー連覇を果たした鞍上の運も味方になります。リピーターが強い傾向からもデータ的な追い風がありますし、中団が良さそうな展開から再びの戴冠も考慮します。

特注☆ケイデンスコール

特注☆はケイデンスコールです。

同馬は週中の期待馬体で取り上げた通り充実していて、父ロードカナロアに似た馬体を見せるほどに充実してきました。元々バランスに秀でた馬で不振に陥った状況下でも、諦めるには早すぎるかという体幹の良さを感じていました。

◎1着→〇5着→▲12着→☆13着

前走時にも本命を打つのに相応しい状態にありましたし、マイラーズカップはデータ的にも最優勢ローテの一戦です。勝ち馬は多くは出ていませんが馬券内に食い込む傾向から、中団から差せる末脚を持つ同馬なら可能性があるでしょう。

今回はトーラスジェミニが逃げてダイワキャグニーらが追いかけていき、後ろと前で隊列が分かれるミドルペースかと予想しています。この流れだと中団で待機し末脚を使う馬が強いので、グランアレグリアの位置次第では外を突いてより伸びやすいでしょう。

鞍上の岩田騎手も前走は制裁のため乗れませんでしたが、明らかに手が合うコンビですから、コンビ復活はプラスになります。NHKマイルカップの際はグランアレグリアに先着もして、充実期に入った今であれば、一発もあって不思議ないでしょう。

安田記念2021買い目

本命に推すグランアレグリアは予想時点ではほぼ盤石です。軸に信用し、そのオッズからも馬連と3連複でいきます。

本命◎グランアレグリアの馬連流しで各100円と、3連複一頭軸各100円の計600円とします。

過去の予想結果

またここからは安田記念の過去の結果を掲載致します。ご必要な方はリンクから結果をどうぞご覧になって下さい。

2020年優勝馬グランアレグリア

安田記念2020結果・優勝馬はグランアレグリア

2019年優勝馬インディチャンプ

安田記念2019結果・優勝馬はインディチャンプ

2018年優勝馬モズアスコット

安田記念2018結果・優勝馬はモズアスコット

2017年優勝馬サトノアラジン

2017安田記念結果・波乱の結末を制したのは・・・

安田記念2021当日のパドック予想

はしくれさんは昨年当レース、2頭が上位入線をしました。今年も良績を挙げたいですね

のりしお

◎2着→▲3着→☆4着→〇7着

はしくれ

そうだね、挑戦し続けたいよね
上記に挙げている以外の馬で、期待をしている馬はいますか?

のりしお

はしくれ

調教が良かったダノンプレミアムが特に気になる一頭だよね
はしくれさんの選んだ馬たちも、どうか良い仕上がりでありますよう…

のりしお

はしくれ

ありがとう。全力で見極める

安田記念2021は6月6日(日曜日)、東京競馬場第11レース15時40分発走です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です