葵ステークス2021予想・本命はダディーズビビッド

4馬身。

好走ローテーションになっている橘ステークスを圧勝して、重賞奪取を目論む武豊騎手騎乗のダディーズビビッド

距離短縮となる今回ですが、スピードへの対応力を含め、十分勝機はあると判断し本命馬に抜擢致しました。

例年の京都開催と違い左回りの競馬となりますが、葵ステークス2021の予想を公開して参りましょう。

はしくれ

前走見せた快速に期待
瞬発力には目を見張りました

のりしお

葵ステークス2021予想・印&買い目

本命◎ダディーズビビッド

対抗〇ヨカヨカ

単穴▲アスコルターレ

特注☆モントライゼ

買い目=◎馬連&ワイド流し各100円、計600円。

◎1着→〇2着→☆10着→▲16着

*昨年日本ダービー◎〇本線ワンツーを達成

葵ステークス2021予想

本命◎ダディーズビビッド

本命◎はダディーズビビッドです。

同馬は調教では3番手に指名した勢いの見える馬で、前走4馬身差の圧勝も納得の馬体面をしています。追い切りは馬なりで流すだけでラストもしっかり伸びてきましたが、前走後から中2週であれば十分な内容と言えるでしょう。葵ステークス2021調教診断・上位3頭を選出

1200m戦は今まで一度も経験はしていませんが、前半ハイラップを追走する機動力も魅力的な馬です。前走の橘ステークスでは4番手の競馬となりましたが、上がり最速の末脚を伸ばし、一気に4馬身差をつけました。

このときの走破タイムはファルコンステークスを上回るものですし、中京競馬場ではこれまでで2勝を挙げた得意の舞台です。武騎手が乗ると更に追い風で2-1-0-0の成績ですし、枠順も最有力な3枠に入りかなり幸運と言えます。

様々なデータ面の後押しに、調教から見る好馬体もあり、名手の騎乗で距離短縮にも対応できる下地を感じます。得意舞台で重賞の奪取にかなり近い存在と言えますし、オープン勝ちの勢いをぶつけて更に上昇してほしいものです。葵ステークス2021過去10年の傾向とイチオシ

対抗〇ヨカヨカ

対抗〇にはヨカヨカです。

同馬は今週の期待馬体で取り上げた存在になるのですが、その馬体は体幹が真っすぐで、非常にバランスの良いつくりです。1200m戦はこれまで3戦3勝の負けなしであり、前走からの距離の短縮には恩恵がかなりあると思います。葵ステークス2021・今週の期待馬体

テンのスピードも速い馬ですし、阪神ジュベナイルフィリーズ時には、逃げて5着に粘り込む競馬で見せ場たっぷりの走りをしました。メンバーも強力な相手ですし、マイルで粘れるスタミナもあって、持久力の問われる短距離では優位に立てるキャラと言えるでしょう。

不安点としては左回りが初経験となることなのですが、内枠からで、距離ロスもないので流れに乗れれば大丈夫でしょう。小回りは得意なタイプですからコーナーリング性能から見ても、最後まで脚を溜めていくことが可能な展開が予想されます。

前走の桜花賞はレコードの決着となった一戦でしたし、マイルの距離ではさすがに最後は下がってしまって仕方ありません。フィリーズレビューではコンマ1秒足りなかっただけの競馬でしたし、九州産馬の星が重賞を奪取する可能性もあるでしょう。

単穴▲アスコルターレ

単穴▲はアスコルターレです。

同馬は前走ファルコンステークスでは11着敗退ですが、2走前から距離を伸ばしたうえ、体重も減ってしまっていました。今回は2走前に快勝の1200mに戻りますし、減った馬体が戻ってきていればスピード的には好勝負でしょう。

そんな同馬の追い切りは栗東坂路でラスト11秒9と、末脚を伸ばす調教をこなし、状態は上がっているようでした。既にオープンを2勝としていて実績的にも抜けていますから、重賞の舞台が格から見ても相応しい一頭だと言えましょう。

またこの同馬の持ち味でもある強烈な差し脚が活きるような、前が流れる展開はもちろん、短距離戦ならではと感じます。左回りは良績はなくても、2度経験しているのも強みで、後方から上がり最速を出し追い込む可能性は高そうです。

直線の長い中京自体も本来合っていると思いますし、坂もこなせるだけの力があり、スタミナも尽きることはないでしょう。松山騎手の手に乗り替わるのもプラスに出るのではと思いますし、前を見ながら一気の追い込みで頑張ってくれたらと思います。

特注☆モントライゼ

特注☆はモントライゼです。

同馬は東京の2歳重賞・京王杯2歳ステークスにて、2番手追走から優勝してスタミナのあるところを見せました。ルメール騎手が4戦連続で騎乗することも頼もしいですし、左回りで勝利があることも確実にプラスに出ることでしょう。

これまで10着と敗退をした朝日杯を除く計5戦では、馬券圏外は一度もないうえ重賞で3度馬券内でした。格から言えば同馬が一番の存在と言って良いところですし、ルメール騎手が騎乗することからアッサリがあっても不思議ないです。

ただこの位置の印としたことは、差すより先行の方が良く見え、前走とは違う競馬になると的にされやすいと思うからです。実際前走は3着ですがコンマ4秒届いていませんし、京王杯のように前で粘る競馬の方が合っているのでしょう。

このあたり名手の采配ですが傾向的にも前が優勢で、好枠に入っていることからもあまり下げてはいかないことでしょう。流れに乗ればスムーズな競馬で実力を発揮できる馬なので、戦法チェンジに戸惑わなければ優勝争いに加わるでしょう。

葵ステークス2021買い目

ここは前走で圧勝を見せたダディーズビビッドを信頼します。

◎馬連&ワイド流し各100円、計600円と致します。

過去の予想結果

またここからは葵ステークスの過去の結果を掲載致します。ご必要な方はリンクから結果をどうぞご覧になって下さい。

2020年優勝馬ビアンフェ

過去記事なし

2019年優勝馬ディアンドル

過去記事なし

2018年優勝馬ゴールドクイーン

葵ステークス2018結果

2017年優勝馬アリンナ

過去記事なし

葵ステークス2021当日のパドック予想

はしくれさんは昨年のダービー、本線でワンツーフィニッシュでした。続く目黒記念でも7番人気本命でワンスリーでしたね

のりしお

◎1着→〇2着→☆10着→▲16着

〇1着→◎3着→☆9着→▲15着

はしくれ

この日は嬉しい一日だったよ
ちなみに前日の当レースでも本命ビアンフェが見事優勝

のりしお

◎1着→▲4着→〇6着→☆12着

はしくれ

かなり大型馬で速かったよね
558kgでしたからね。ところでやっぱりダービーデーはいつもとは違いますか?

のりしお

はしくれ

うん、やっぱり特別だし、最後まで楽しみが続くからね

葵ステークス2021は5月29日(土曜日)、中京競馬場第11レース15時35分発走です。

*日本ダービーの予想は日本ダービー2021予想・本命はエフフォーリアからご覧下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です