目黒記念2021予想・本命はヒートオンビート

上昇。

「リズムに乗って」という馬名意味の本命ヒートオンビートですが、東京競馬場初参戦でこの点は多少不安材料も。

それでも敢えて本命に推すのは現在の同馬が充実をして、着実に差し込んでくる末脚を持っているからに他なりません。

毎年波乱の結末にもなるこの目黒記念の一戦ですが、その点も加味して臨む予想を早速公開して参りましょう。

はしくれ

最終レースも狙っていく
力が入ります

のりしお

目黒記念2021予想・印&買い目

本命◎ヒートオンビート

対抗〇グロンディオーズ

単穴▲ムイトオブリガード

特注☆サトノルークス

買い目=ワイドボックス各100円、計600円。

〇1着→◎3着→☆9着→▲15着

*昨年◎7番人気本命で本線ワンスリー。目黒記念も全力配信

目黒記念2021予想

本命◎ヒートオンビート

本命◎はヒートオンビートです。

同馬は画像の通り調教の内容もよく好タイムを出して、馬なりで態勢は整ったと感じられる仕上がりに見えました。友道厩舎の所属馬ですから芝での追い切りは珍しくなく、ラスト12秒1のフィニッシュで切れのあるところも感じられます。目黒記念2021調教診断・上位3頭を選出

そんな同馬の不安点としては東京初挑戦となりますが、左回りは2戦2勝であり、むしろ得意にできると思います。その2勝も坂のある中京で直線も長いコースであるため、実績的にはそう心配ない不安点と言って良いところです。

またそんな同馬の上りタイムは現在10戦全3位以内、スローペース濃厚なメンバーでこの武器は生きてくると思います。今回は特に前に行く馬が殆んど見られない状況ですし、こうなるとロスなく脚を溜めつつ末脚勝負の予感があります。目黒記念2021過去10年の傾向とイチオシ

末脚に覚えのある馬たちがこぞって参戦してきたのですが、同馬も中団待機で最後もしっかり脚を伸ばせるタイプです。前走こそ敗れてはいるもののハンデ差もあった一戦でしたし、先行得意な川田騎手ならば優勝も視野に入ることでしょう。

対抗〇グロンディオーズ

対抗〇にはグロンディオーズです。

同馬はダイヤモンドステークスで重賞初勝利となりましたが、長距離を走るスタミナを保持し、且つ最後も切れる脚があります。重賞経由馬としてのローテも不安のないところとなりますから、鞍上のルメール騎手を含めて今回も期待できることでしょう。

そのダイヤモンドステークスの際、強敵オーソリティを退けて、上がり最速で直線一気に駆け抜けたのは印象的でした。540kgを超える馬で、超大型の長距離馬でもあり、馬体的にも非常に珍しい特徴を備えていると言えます。

大型でありながら締まりのある全体を持つ仕上がりになるので、持て余すことなく走り切るのが可能になっていると言えましょう。東京コースはコーナーも広く芝が軽くスピードも出ますから、こうした大型の長距離馬でも比較的走りやすい舞台です。

距離の短縮も良いはずですから前走くらいしっかり走れれば、重賞連勝があってまったく不思議はない存在だと言えます。スローペースでは右に出る者がいないルメール騎手が乗りますから、鞍上込みで本命馬に近い対抗評価に推薦をします。

単穴▲ムイトオブリガード

単穴▲はムイトオブリガードです。

同馬は新潟大賞典から参戦というローテーションですが、ここでは上がり最速を計時し、まだやれることを証明しました。着順は7着ではありますが、先頭との差はコンマ4秒と、もう少し距離が長かったのなら更に際どいところと言えました。

また重賞では同舞台であるアルゼンチン共和国杯を勝ち、東京で4勝を挙げるなどの実績があるコース巧者です。独特の腹袋の垂れている大きな胴回りをしていますが、締まりのある全体でスタミナに良いものを持っている体型です。

トモも大きく張り出しているので瞬発力もある体型ですが、意外なほど広い可動域から差し脚を伸ばすのが特徴です。背中も真っすぐで体幹がよく、全体的に長い馬体なので、このコースでとりわけ強いことも非常に納得できるところです。

今回騎乗するのはダービーでエフフォーリアに乗る横山騎手で、人気通りに勝利しているなら意気揚々と臨めるところです。運が向いたなら一気に重賞連勝の可能性もありますし、ダービーデーを染める若き騎手の手綱捌きにも期待しています。

特注☆サトノルークス

特注☆はサトノルークスです。

同馬はワールドプレミアの勝った菊花賞では2着の実績で、前走もハンデ59kgと重たいハンデを背負っていました。中々長いトンネルの出口が見つからず6着となりましたが、上位馬とのハンデ差があるなかでコンマ6秒なら善戦でしょう。

常に仕上がりの良い馬体を見せ、さすがは池江調教師の元で、じっくり育てられてきた馬だと何度感じたことか分かりません。不振に陥ってはいるのですが馬体レベルに変わりありませんし、柔軟性のあるスピードのある長距離体型と言える馬です。目黒記念2021・今週の期待馬体

また同馬は前走時出走のメトロポリタンステークスにおいて、59kgの重量を背負い6着と善戦を見せています。このローテーションは過去10年で最有力ローテでもありますし、一気のハンデ4kg減ならば突き抜ける下地は十分でしょう。

スローの上り勝負が濃厚で、枠も内目の7番枠ですし、ダービー騎乗で感覚の残る大野騎手の連続の騎乗です。芝の手応えを掴んだうえでの軽ハンデの一戦となるならば、ファン待望の一勝を挙げても不思議はないところだと思います。

目黒記念2021買い目

目黒記念は例年荒れやすい傾向のあるレースでもあるので、ワイドボックスで的中を狙い手広く買っていこうと思います。

ワイドボックスを各100円で、計600円と致します。

過去の予想結果

またここからは目黒記念の過去の結果を掲載致します。ご必要な方はリンクから結果をどうぞご覧になって下さい。

2020年優勝馬キングオブコージ

過去記事なし

2019年優勝馬ルックトゥワイス

過去記事なし

2018年優勝馬ウインテンダネス

目黒記念2018結果

2017年優勝馬フェイムゲーム

2017目黒記念結果・優勝馬に乗っていたのは・・・

目黒記念2021当日のパドック予想

はしくれさんは昨年当レース、7番人気本命で3着。本線ワンスリーの結果でした

のりしお

〇1着→◎3着→☆9着→▲15着

はしくれ

ステイフーリッシュの仕上げとしては、この日が一番だったと思うよ
ダービーデーのラストレースですね、わたしも応援しています

のりしお

はしくれ

ありがとう、精一杯頑張る

目黒記念2021は5月30日(日曜日)、東京競馬場第12レース17時00分発走です。

*日本ダービーの予想は日本ダービー2021予想・本命はエフフォーリアからご覧下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です