葵ステークス2021調教診断・上位3頭を選出

はしくれ

こんにちは、はしくれです

日本ダービーの前日は葵ステークスが開催されますが、短距離戦で快速を活かした好調教も消化できた各馬。

坂路は出走馬によりタイムにかなりバラツキこそ見られましたが、スピード感あふれる走りを見せ、大体及第点以上でした。

土曜重賞で明日の競馬へと弾みをつけたい一戦でもある、葵ステークス2021の調教診断を実施します。

葵ステークス2021調教診断・上位3頭を選出

調教1位:ヨカヨカ

<栗東 坂路 良 52.8-37.8-24.2-11.8 馬なり>

今回1位に選出したのはヨカヨカと致しました。

同馬は今週の期待馬体で取り上げた存在でもありますが、好調教を消化して坂路を52秒8で駆け抜けました。ラストも11秒8でまとめ相変わらずの快速ぶりですが、最後やや押して気合を入れての内容も良いものに映りました。葵ステークス2021・今週の期待馬体

芝の1200mは未だ負けなしということもあるのですが、やはり調教を見るとスピードを活かせる短距離が合う馬でしょう。同馬のことは幸騎手も高い評価をしていることもありますし、後ろを見つつ馬場の真ん中へとスッと出た操縦性もあります。

マイルではさすがにスタミナ的にやや限界かなと思いましたが、1ハロン長い距離でも重賞連対を果たした馬であります。今回は距離も短縮しますし、過剰な負荷もかかっていないので、調教としては殆んどベストに近いものと見て1位指名です。

調教2位:ロンギングバース

<美浦 南W 良 66.4-51.0-37.7-12.9 馬なり>

調教2位はロンギングバースです。

同馬は前走ニュージーランドトロフィーで8着に敗れましたが、14番人気の低評価に反発した着順となりました。戦績を見れば芝の1200mは4戦全連対で、中山で1勝クラスを勝って能力はそう差がないところです。

今回の追い切りでは馬なりで好タイムを記録していることや、何より優れた馬体の仕上げで全体に張りが目立っていました。その状態は画像でも確認していただけるかと思うのですが、トモの丸みや張り出しは一段優れてきたように感じられます。

シャープな動きで無駄がないですし51秒0の4ハロンで、追うことなくラスト12秒9なら仕上がりは良いと思われます。人気にはあまりならなそうですし、追い切りの評価で判断すれば、台風の目になる可能性にも言及すべき存在と言えます。

調教3位:ダディーズビビッド

<栗東 CW 良 87.6-69.7-54.5-40.5-12.3 馬なり>

最後はダディーズビビッドです。

同馬は前走の橘ステークスでは強い競馬を見せつけて、一気に前を交わし去る競馬で4馬身差をつける勝利でした。この橘ステークスの経由はローテ優勢の一戦でもあり、それを差を開いて勝ちましたから、今回も人気に推されるでしょう。葵ステークス2021過去10年の傾向とイチオシ

そこから中2週ということから激しい調教ではありませんが、見るからに馬体面も充実し、軽快な動きも目につきました。全身が柔らかくバネの強い弾けるような走りを見せますし、タイム自体も加速するラップで内容として良好と言えます。

疲れも見られませんし、充実の馬体を軽やかに動かしていて、馬なりでラスト12秒3の計時ならフィニッシュも合格です。加速ラップを刻んでいましたし、末脚が武器になる馬ですから、レースに行っても調教を活かし実力を発揮してくれるでしょう。

葵ステークス2021調教診断・おわりに

はしくれ

大体人気になりそうな馬に良い調教の馬が多かった
モントライゼはいかがでしたか?

のりしお

はしくれ

1週前が特に良く見えたよ。今週少し末がかかったけど、選出も迷うくらいだったしね
他に気になる馬はいますか?

のりしお

はしくれ

タイムが良すぎて逆に見送ったマリーナも気になる存在だよね
栗東坂路で51秒3、メンバー中最速の時計です

のりしお

はしくれ

タイムが全てではないと言っても…結果が気になる一頭だよ

*葵ステークス2021のパドックロードも配信します。プロの相馬師による相馬眼に今週もぜひご注目ください

また葵ステークス2021の関連記事はこちらから―

葵ステークス2021予想・本命はダディーズビビッド

葵ステークス2021・今週の期待馬体

葵ステークス2021過去10年の傾向とイチオシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です