京都新聞杯2021予想・本命はマカオンドール

得意舞台。

中京競馬場開催となる今年の京都新聞杯ですが、本命に推したマカオンドールは当地を2戦2勝としています。

毎日杯4着から臨んで人気を集めるルペルカーリアら、他のライバルより舞台適性で一歩リードしている存在です。

開幕週で前が粘りやすい馬場状態が想定されますが、差し脚は決して鈍らないと見て予想を展開して参ります。

はしくれ

前走重馬場も流して勝利。反動はないと見て本命に
中京開催は追い風ですね

のりしお

京都新聞杯2021予想・印&買い目

本命◎マカオンドール

対抗〇ブレークアップ

単穴▲レッドジェネシス

特注☆ルペルカーリア

買い目=単勝◎300円、馬連◎流し各100円、計600円。

*NHKマイルカップ2021の予想はNHKマイルカップ2021予想・本命はバスラットレオン

*高松宮記念・大阪杯・桜花賞・皐月賞・天皇賞春◎本命全馬券内

京都新聞杯2021予想

本命◎マカオンドール

本命◎はマカオンドールです。

同馬は前走の大寒桜賞で重馬場のなかを快勝して、最後は流してゴールするほどの余裕を感じさせる走りでした。冒頭でお伝えしている通り、中京競馬場を得意として、未勝利戦と前走の勝利で現在2戦2勝としています。

直前の追い切りの動きも良く、重馬場のダメージは感じられず、実力発揮に支障はないとの判断が下せる調教でした。また馬体面でもやや切れ長な瞬発力を感じる体型で、いかにも直線の長いコースは得意にできる体型と言えます。京都新聞杯2021調教診断・上位3頭を選出

またこれまで使われたレースでは、京都2歳ステークス3着や、8着とは言え2歳GⅠのホープフルステークスにも出ました。強敵相手に胸を借りており、人気以上に走っていることも、同馬の底力を感じさせる実績と見ることができるでしょう。

更に今回は展開的にもブレークアップが逃げそうですから、前走時と似た直線の差しが想像しやすいところと言えます。競り合う相手がいなくても特に構わないタイプでもありますから、有力各馬の動きを見ながら追い出せば十分間に合うでしょう。

対抗〇ブレークアップ

対抗〇にはブレークアップです。

同馬は前走の未勝利戦を勝ったばかりのレースになりますが、画像の通り後続を離して、手綱を緩めてゴールをしました。晴れてはいますが重馬場のなかで逃げ切りとタフな馬場を克服し、見た目以上にスタミナがあるなと感じさせる一戦になりました。

そんな前走の距離も今回と同じ2200mであり、重馬場であることを踏まえるなら更に長い距離もこなせそうです。開幕週のスピードを要求される馬場が合うかが課題ですが、ペース自体は楽ではないところを逃げ切ってきた自信があります。

重馬場はよく前が残りやすく有利と捉えられがちなのですが、ペース的にはタフな競馬になり、前がバテることも多いものです。そんななか同馬は坦々と逃げ、後続を引き離していましたし、上がり最速で数字面からも地力の高さに疑問ありません。

これに人気各馬が三つ巴の人気を形成しそうな点から、前が残りやすい開幕週の馬場も味方しそうな展開です。内埒を頼って前走勝ちの走りをここでも再現できれば、あわやの逃げ切りを演出しても驚けないのではと思われます。

単穴▲レッドジェネシス

単穴▲はレッドジェネシスです。

同馬は前走ゆきやなぎ賞で2勝目を挙げての参戦ですが、2着に下したリーブルミノルにつけた着差は4馬身差でした。このリーブルミノルがその後に勝ち、青葉賞にも参戦したほどで、その相手にこれだけの差をつけて勝利したことは評価できましょう。

このレースではスタート後方で道中から位置を上げたのですが、まくるように動いていきながらも、しっかり脚を溜める競馬でした。操縦性がよく折り合いがつき、直線でもまだ脚があったので、かなり総合力の高い馬と認識した一戦になりました。

距離を克服していることからも、スタミナの不安もよぎりませんし、川田騎手も連続で乗っていて手応えを掴んでいるところです。また追い切りでも良い動きを見せ3番手評価を下しましたが、僚馬であるポタジェを相手にして堂々とした走りを見せました。

ルペルカーリアと2頭出しとなる友道厩舎所属馬なのですが、僚馬と比べても引けを取らない素質の高さを感じる馬です。どこからでも動ける機動性と豊富なスタミナでライバルたちに、直線勝負をしかけて最後に抜け出すシーンも踏まえておきます。

特注☆ルペルカーリア

特注☆はルペルカーリアです。

同馬は週中の期待馬体で取り上げた存在でもありますが、立派な馬体でいかにも良血そのものといったサラブレッドです。父にマイルで強い競馬をしたモーリスで母はシーザリオであり、国際的にもその血統には高い価値を感じる血統です。京都新聞杯2021・今週の期待馬体

まだ若いところがある馬ですが、トモの面積が非常に大きく、推進力では重賞に出ても十分見せ場を作れるでしょう。実際前走時も4着した毎日杯からの参戦ですが、このときもレコードのなか粘って3着馬とは1馬身差でした。

やや跳びが大きいタイプのために急激なギアチェンジは不向きでも、流れにさえ上手く乗れてしまえばすんなり抜け出せる力量馬です。中京も2回経験しており1勝を挙げている舞台ですし、その際負かしているモンテディオはその後しっかりと勝ち上がりました。

距離延長が多少疑問なので最後の指名とは致しましたが、時計が速まれば経験的により有利になるとも思われます。福永祐一騎手が連続で騎乗することも期待できますし、乗り方ひとつで後ろを封じる走りも可能と言える馬でしょう。

京都新聞杯2021買い目

ここではマカオンドールの舞台適性を重視したことに加えて、ライバルを見ながら差して来られる脚質面にも注目しました。

開幕馬場ですがペースが落ちて末脚勝負になると判断し、まとめて交わせる末脚が武器の同馬の単勝をまず狙います。

その上で配当面を考慮し馬連流しで的中を狙い、勝ち切れなかった際に備えての馬券も押さえて600円です。

過去の予想結果

またこちらからは京都新聞杯の過去の結果を掲載して参ります。ご必要な方はリンクから結果をどうぞご覧になって下さい。

2020年優勝馬ディープボンド

過去記事なし

2019年優勝馬レッドジェニアル

過去記事なし

2018年優勝馬ステイフーリッシュ

大敗・・・京都新聞杯2018結果

2017年優勝馬プラチナムバレット

2017京都新聞杯予想結果・激走したのは?

京都新聞杯2021当日のパドック予想

はしくれさんは今年芝GⅠ本命馬が全て馬券内です

のりしお

〇1着→◎2着→☆12着→▲17着

〇1着→◎3着→▲4着→☆5着

◎1着→☆2着→▲14着→〇18着

◎1着→〇4着→☆8着→▲15着

◎2着→☆3着→〇4着→▲5着

はしくれ

好調を持続していきたいよね
GⅠのポイントはなんでしょうか?

のりしお

はしくれ

強い馬から学ぶ姿勢かな
先週は青葉賞でもワンツー。土曜重賞も期待しています

のりしお

〇1着→◎2着→☆7着→▲8着

はしくれ

ここも全力で集中するよ!

京都新聞杯2021は5月8日(土曜日)、中京競馬場第11レース15時35分発走予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です