青葉賞2021調教診断・上位3頭を選出

はしくれ

こんにちは、はしくれです

今週土曜は日本ダービーと同じ舞台のなか争われる、ダービートライアル青葉賞2021が発走となります。

当レースはダービーにも繋がる結果を期待できる舞台ですが、それだけに力量と好調さが要求される一戦になります。

順調な調整過程を踏んだ好調馬が目立つところでしたが、そんな青葉賞2021の調教診断を致します。

青葉賞2021調教診断・上位3頭を選出

調教1位:ワンダフルタウン

<栗東 坂路 良 53.7-39.4-25.6-12.4 ほぼ馬なり>

今回1位に選出したのはワンダフルタウンと致しました。

同馬は京都2歳ステークスでのちの重賞馬ラーゴムを破り、4戦2勝の馬券外なしと安定した力を示しました。あまり筋肉量を多く見せるボリュームのある馬ではないですが、代わりにいかにも持久力のある無駄の無い馬体をしたタイプです。

そんな同馬の1週間前は意欲的に一杯に追われると、併せ馬こそ遅れたフィニッシュも鋭い動きで好タイムでした。それも栗東のCWでの6ハロン78秒8で、80秒を切るタイムですから相当の負荷がかかっています。

直前追い切りも坂路を使い目標を前において追い出すと、最後まで強めに追うこともなく突き放す素晴らしい動きでした。関東遠征ですし直前に厳しく追わなかったことも含め、理想的な調教だと思われ調教1位に選出します。

調教2位:ノースブリッジ

<美浦 南W 良 64.5-49.7-36.5-12.1 やや強め>

調教2位はノースブリッジです。

同馬はデビューから2戦2勝といまだ負けなしの馬となりますが、実戦経験は昨年末の葉牡丹賞以来となっています。間隔が空いていること自体はワンダフルタウンとも似ていますが、同馬の強みは関東所属で輸送が短いことにあるでしょう。

モーリス産駒で若干馬体は距離に壁が有りそうに見えますが、2000mで2勝したとおり中距離は十分こなせています。動きも軽快で少し強めに追われるシーンも見せていましたが、単走でもしっかり脚を伸ばし風を切って駆け抜けて行きました。

毛ヅヤもピカピカで状態面は全く問題なく思えますし、4ハロン49秒7と実戦に近い時計も出ました。臨戦過程としては間隔が空いていることは懸念材料も、調教内容はとても良いので2位指名は同馬を選出です。

調教3位:アランデル

<美浦 南W 良 50.2-37.2-12.5 やや強め>

最後はアランデルです。

同馬は前走のきさらぎ賞で8番人気ながら5着として、強豪相手に善戦を見せてこれからを予感する走りでした。非常に馬格がある馬ですから前走時プラス10kgにしても、そう大きすぎる感じも見せずに自身の競馬は走れていました。

そして今回は約3か月と久々の実戦になるのですが、馬体もシャープで切れ味を見せてダイナミックな追い切りをしました。1週前は美浦のウッドで追い7ハロン80秒8のタイムで、速い時計を計時していますが今回は末を伸ばしてきました。

4ハロン50秒2の時計も優秀な時計だと思いますし、ラストも12秒5を計時して東京に合わせた感じがします。追い切り内容も前週時から一段軽くした結果ですから、着実に上昇を見せていると判断して最後に抜擢です。

青葉賞2021調教診断・おわりに

はしくれ

青葉賞というと緑の芝と青い空が頭に浮かぶよね、このレース名なんだか癒される…
わたしは青い海で揺られている、緑の海苔たちが気になりますね

のりしお

はしくれ

はいはい、それで去年はどうだった?
はしくれさんの成績のことです?上位馬2頭を選出しました

のりしお

▲1着→〇3着→☆4着→◎8着

はしくれ

本命馬が8着だったのかあ…。少しでも着順を上げたい
それより海苔を水揚げしたいです

のりしお

はしくれ

「それより」とか言うな!

*青葉賞2021関連記事は

青葉賞2021・今週の期待馬体

青葉賞2021過去10年の傾向とイチオシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です