マイラーズカップ2021調教診断・上位3頭を選出

はしくれ

こんにちは、はしくれです

日曜日はマイラーズカップ2021が発走となりますが、好調教をこなした馬が多く選出に迷う追い切りでした。

好天続きで調教馬場もタイムが出やすい馬場ではあるものの、やはりマイルGⅡに相応しいタイムを各馬が計時しています。

そんななか上位3頭の選出を試みている今回ですが、マイラーズカップ2021の調教診断を実施致します。

マイラーズカップ2021調教診断・上位3頭を選出

調教1位:ギベオン

<栗東 CW 良 67.0-51.9-38.1-12.0 やや強め>

今回1位に選出したのはギベオンと致しました。

同馬は週中コラムでも取り上げている通りに馬体が充実、今回もふっくらとつくっていてマイル仕様の馬体にありました。やや腹袋が大きく見えてもしっかりタイムを伸ばしましたし、阪神コースは坂もあるために問題にはならないと思います。

タイム自体は栗東のウッドで5ハロン67秒0なら、速い時計で末脚も伸ばしてラスト12秒0としています。元々前走で見せた通りに切れ味勝負の馬ではないので、これだけ末を伸ばせる状態は好調を示唆していると見えます。

大阪杯を蹴ってマイル戦に矛先を向けてきた過程からも、力の入るところとなりますし、それに見合った内容のものです。低重心な走法もやる気や自信を感じられるものでしたし、馬自身にやる気がある今なら、十分上位も狙えるでしょう。

調教2位:エアロロノア

<栗東 坂路 良 51.6-37.8-24.6-12.1 一杯>

調教2位はエアロロノアです。

同馬は現在3連勝とし、勢いに乗っている上がり馬で、その馬体面も充実していて大きな期待を抱ける馬です。今回は一杯に追い切られて併走馬を一気に突き放すと、あとは独走で最後も疲れを見せずに一気に駆け上がりました。

GⅠを目指すメンバーが集うハイレベルな重賞ということで、同馬を取り巻く環境的にもいよいよ詰めの作業に入ります。4歳を迎えて充実期に入ったこの機を逃さないためには、きっちり結果を出して賞金を加算しておきたいところでしょう。

そういう意味でも勝負気配では一番と言ってもいい存在で、一杯に追ってきたのは当然勝利を意識してのものでしょう。馬にスイッチが入っているのは間違いないところと思いますし、馬体からも太め感を感じず、好勝負を予感できる馬です。

調教3位:エアスピネル

<栗東 坂路 良 52.0-38.1-24.9-12.1 強め>

最後は強めの追い切りを見せたエアスピネルを指名致します。

同馬は先程2位に選出のエアロロノアとは血縁馬であり、同馬の方が世代的に上の、叔父にあたる血統でもあります。母のエアメサイアは気性も良く、安定して結果を出した馬で、同馬もそんな優等生的な安定感を発揮してきました。

芝のレースは2年前の夏に函館記念を制して以来の、久々の実戦にはなりますがスピードに衰えは感じません。フェブラリーステークスの時よりも好タイムを計時してきましたし、馬場の違いはあれどこの点から出来落ちはまずないかと思います。

調教でも真面目に走るように競馬でも真面目に走れる馬で、このレースは京都で2回走り両方馬券内にも来ています。馬体にも変化は見られませんし、フェブラリーステークスの仕上がりも、かなり良く見えた一頭ですから好走は可能かと思われます。

マイラーズカップ2021調教診断・おわりに

毎度有料化を検討しつつ公開中の当コラムでしたが、パドックロード会員様向けにもう1レース公開します。GⅢ福島牝馬ステークスを配信させていただきますので、ご登録された方は診断をぜひ改めてご確認下さい。

上記画像は先週配信のアンタレスステークスのものですが、1・3位に選出した2頭が馬券内に好走を見せました。2番人気→6番人気となりワイドも1010円の配当で、会員様の楽しみに貢献できていれば嬉しい限りです。

マイラーズカップも今ご覧のあなたに幸運がありますように。パドックロードも頑張りますのでよろしくお願い申し上げます。

*マイラーズカップ2021関連記事は

マイラーズカップ2021予想・本命はケイデンスコール

マイラーズカップ2021・今週の期待馬体

マイラーズカップ2021過去10年の傾向とイチオシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です