阪神牝馬ステークス2021過去10年の傾向とイチオシ

はしくれ

こんにちは、はしくれです

今週土曜阪神のメインは阪神牝馬ステークス2021の開催になりますが、愛知杯勝ちのマジックキャッスルなどが出走を予定しています。

昨年はサウンドキアラが勝ってヴィクトリアマイルも2着でしたが、古馬牝馬には貴重な重賞で注目度の高い一戦でしょう。

文末では傾向的に最も注目するイチオシ馬を、ピックアップして参りますのでどうぞごゆっくりとご覧ください。

阪神牝馬ステークス2021過去10年の傾向

阪神牝馬ステークス2021・過去10年3着以内傾向

*2011~2015年までの芝1400m戦を含む傾向です

①最多好走枠:8枠(桃)=6年7頭2勝(全30頭中)

➁苦戦枠(1頭以下):特になし

前年3着以内リピーター:3頭

④牝馬:限定戦

⑤3歳馬:4歳上

⑥人気:1番人気5頭・2番人気4頭・3番人気5頭・4番人気6頭・以下10頭

⑦好走騎手(3回以上):なし

⑧ハンデ:別定

⑨走破タイム(2016年以降):良=1分32秒9~1分34秒8、重=1分34秒3(2017)

⑩好走厩舎(3頭以上):なし

⑪最速上がり3ハロン計時馬:6年7頭2勝

⑫馬体重:426~506kg

⑬4角5番手以内:17頭(7勝。うち逃げ馬は3頭3勝

⑭好調種牡馬(3着以内入着回数)ディープインパクト8年12頭(5勝)

⑮好走ローテ(前走。リピーターも単年計算):重賞経由19頭(主な前走=京都牝馬S10頭、東京新聞杯3頭、有馬記念各2頭、京都金杯・中山牝馬S・ジャパンカップ・阪急杯・阪神カップ各1頭)、3勝クラス7頭(全馬優勝経由)、オープン3頭

⑯前走後間隔:中2週~3か月=26頭、4か月以上=4頭

前走人気:13番人気以内

⑱前走最低着順馬:2020年2着スカーレットカラー=有馬記念賞15着

⑲ペース:ハイ0、ミドル6、スロー4

枠順確定前最注目馬

阪神牝馬ステークス2021過去10年の傾向から、枠順確定前の最注目馬は…

イベリス

前走ローテ優勢傾向な京都牝馬ステークス経由馬で、前年のサウンドキアラ同様優勝して臨むことも好感。ロードカナロア産駒になりますが3勝を挙げている逃げ脚質、他に行きそうな馬がいないためまたしても単騎逃げできそうです。

ハイペースが過去10年で一度もないことからペースも落ちそうで、逃げ馬の高い勝率を見れば積極的に狙いたい馬です。上りも外回りマイルになってからもそう必須条件ではなく、インをロスなく立ち回れるのなら粘れる下地は有ると思います。

酒井騎手は逃げも得意ですから鞍上据え置きは追い風ですし、阪神マイルはカテドラルと競りアーリントンカップを勝っています。全4勝中3勝を挙げた阪神競馬場が舞台ですし、勝負気配の高いところなのでイチオシに選びたいと思います。

逃げ馬イベリスですね

のりしお

はしくれ

うん、馬体も充実しているからね
この前は3番人気本命。見事1着に来ていますね

のりしお

はしくれ

うん、相当旬の馬体だったからね
今度も期待できそうですか?

のりしお

はしくれ

もちろん!当日次第にはなるけどね
楽しみですね

のりしお

はしくれ

うん

以上阪神牝馬ステークス2021の過去傾向とイチオシでした。あとは枠順が確定してから精査することをおすすめします。また阪神牝馬ステークス2021のパドックロードも配信しますプロの相馬師による診断にもご注目下されば幸いです。

はしくれ

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です