阪神大賞典2021結果&馬体診断・優勝はディープボンド

重馬場。

降雨の影響で重馬場になりスタミナが問われた一戦ですが、菊花賞4着の実績を持つディープボンドが優勝しました。かなり上滑りする馬場となって各馬脚を取られた感じでしたが、プラス10kgの馬体重さえも気にしない走りで完勝でした。

人気に推されたアリストテレスは直線弾けそうに見えましたが、残り200mで失速し7着という競馬になりました。有馬記念以来のレースとなるユーキャンスマイルが2着でしたが、そんな阪神大賞典2021を回顧して参りましょう。

阪神大賞典2021着順

優勝馬ディープボンド

2着馬ユーキャンスマイル

3着馬ナムラドノヴァン

阪神大賞典2021予想&予想結果

本命◎アリストテレス

買い目◎複勝600円。

予想結果=不的中

阪神大賞典2021予想・本命はアリストテレス

パドックロード配信結果

▲2着→〇6着→◎7着→☆10着でした。

パドックロード(2021)3月度会員募集

それではまず馬体診断から行って参りましょう。

阪神大賞典2021結果・馬体診断

優勝馬ディープボンド

まず優勝馬ディープボンドです。

同馬は今回プラス10kgで実際に腹周りが太く見え、この点が気がかりでもあったので選出には至りませんでした。末脚が切れるタイプでないため早目のスパートを仕掛けることは、同馬にとって持ち味を生かせる展開だったのだと思います。

また和田騎手が自信を持っていた長距離戦ということでもあって、天皇賞春へ向けてかなりの手応えが掴めたかと思います。長距離戦向きというにはやはり太目残りだったと思いますが、今回これだけ走ったことから更に上昇も狙えるでしょう。

元々が菊花賞で4着と距離に問題はないタイプなので、ここでは勉強させてもらったという感じの強いパドックでした。会員様にはお役に立てず、誠に申し訳ございませんでした。これを糧に天皇賞春では見抜いていけるように頑張ります。

2着馬ユーキャンスマイル

2着馬はユーキャンスマイルです。

同馬は有馬記念からの参戦で3か月ぶりとなりましたが、伸びやかな馬体と幅を披露し衰えの見えない仕上がりでした。今年も変わらず走ってくれるのを楽しみにしていたところですが、後方からの末脚温存で無理なく差してきたのも良いでしょう。

以前よりも腹袋が大きく馬体がどっしりとしてきましたが、全体は多少余裕はあるもののメリハリのある好馬体でした。気性がとても落ち着いているのも年齢を重ねてプラスに変わり、以前よりも操縦性の面で走らせやすくなったと思います。

トモが大きく丸みを帯びており雨を弾いてツヤも光っており、皮膚も薄く柔軟な筋肉で上積みが見込める仕上がりでした。この2着は生きると思いますし本番に向けても期待できます。馬場のために着差はつきましたが、逆転可能な存在でしょう。

3着馬ナムラドノヴァン

3着馬はナムラドノヴァンです。

同馬はこのところ好調にあり今回も仕上がっていたのですが、ギリギリ選出できなかったのは馬場状態を考慮したためです。結果的に選出馬が軒並み崩れてしまい悔いが残りますが、同馬の旬は間違いがないので3着も納得のところでした。

この点は内田騎手がコメントで馬場は不向きだったとも述べており、「やはり」という思いになりましたがそれでも来るのですから凄いです。体型的にどうしても馬体が下に垂れているように見えますが、前走時よりも腰がパンとして張りが強くなったのも良いでしょう。

天皇賞春を狙うためにはあと僅か張りが欲しい馬ですが、このふっくらした馬体を維持してどのように仕上がるか楽しみです。また長距離でも走っていますが2500mが向きそうで、目黒記念やアルゼンチン共和国杯でも楽しみな馬でしょう。

ということで・・・

当パドックでは複数頭の上位入着は夢と消えましたが、土曜日中京メインのファルコンステークスは上位独占でした。

☆1着→◎2着→〇3着→▲12着ですね。

はしくれを信じご支援下さる会員様に感謝を申し上げ、更なる相馬体験と成るよう奮迅していきたいと思います。

来たる高松宮記念に向け、ご一緒に的中する感動を、変わらずお届けしていけるように全力で配信を頑張ります。

阪神大賞典2021結果・回顧

レース動画

レース後の感想

今回はブログ予想もパドック予想も完敗の結果でしたが、勝ち馬のディープボンドと同じ位置で人気馬は競馬していました。特にアリストテレスは一旦は苦しくなったように見えましたが、直線に向いた時にはいかにも伸びてきそうな姿勢に見えました。

ルメール騎手も突然止まったと話しているように坂の手前で、ふらっと手応えがなくなったのは心配されるところでもあります。また今回は取り立てて仕上げが絶好という存在も見られず、天皇賞春ではこの結果が変わってくるだろうと予想します。

馬場も非常に悪く見えましたし、それを踏まえて予想をしましたが、今回はそれも及ばず非常に落胆の大きい一戦でした。しかし競馬は続いていきますし、馬場が変われば結果も変わるので、気を取り直してまた次週へ向け、望みを繋げたいと思います。

騎手のコメント

1着和田竜二騎手・・・「道悪がどうかと思ってたんですけど、展開も凄く向いてくれましたし、スタミナ勝負に持って行こうと思ってたんで。終始手応えも良くて、道中も息を入れて強い競馬だったと思います。前が引っ張てくれたんで自分のペースを守れましたし、理想的な流れでした。前走は馬に迷惑をかけてしまいまして、今回は体調も良かったですし、あの馬の走りをしたら絶対長距離は走ると思ってたんで自信を持って行きました。馬体重もどんどん増えて行って、強い調教にも耐えられますし、本当にスタミナが豊富なので長距離でとはずっと思ってたんですけど。天皇賞も阪神で行われますし、この内容なら期待していいと思います。」

2着藤岡祐介騎手・・・「先生からはスタート次第では前に行ってもいいと言われていたので、流れに乗って行こうかと思っていたのですが、ゲートを出てすぐに馬が下がった感じになったので、じっくり溜める方に切り替えました。4コーナーを回った時は前を交わせるかと思いましたが、勝ち馬が思った以上に離してしまいましたからね。ただ良く走ってくれていると思います。」

3着内田博幸騎手・・・「頑張りました。この馬場ですし、この馬のリズムで動かないで行きました。得意としない馬場でこれだけ走ってくれましたし、楽しみです。長い距離も合っているのでしょう。ここ最近また馬が良くなってきたと聞いていましたし、更にこれからステップアップしてほしいですね。」

阪神大賞典2021結果データ

勝ちタイム=3分7秒3(重・過去10年で2番目に遅いタイム)

前半1000m通過=62秒4

ペース=スローペース(0秒7差・1000m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=36秒9(3位)

レース上がり3ハロン=37秒4

4角通過順=3→7→10番手

当日のクッション値(午前7時半)=8.9(標準)

おわりに

当レースは月曜日公開で複勝馬券で勝負しましたが、完璧に砕け散る結果となり、申し訳ございませんでした。一方でダイヤモンドステークスで複勝勝負をしたナムラドノヴァンが、3着入線したのはまだ自身の詰めの甘さを感じています。ダイヤモンドステークス2021予想・本命はナムラドノヴァン

また中山金杯でどん詰まりの競馬になったディープボンドにも、巻き返しの競馬となったことは喜ばしいことだと思いました。中山金杯2021予想・本命はディープボンド

どうも先物買いに失敗してダメージを受けているところですが、やはり粘り強く狙う姿勢で今後も突き進みたく思います。

競馬の怖さを改めて感じることとなったレースでありますが、巻き返せるのは競走馬だけでなく予想家もまた同じことです。スランプに突っ込まないようにまた一から情報を整頓しつつ、よりよい的中に向けて明日から歩み直していこうと思います。

そしてパドックロード会員様、今ご覧下さっているあなたへ、心よりの感謝を申し上げてお別れ致したいと思います。

今週も当予想にご来訪、誠にありがとうございました。また来週の週中コラムからお会いできることを祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です