中山金杯2021予想・本命はディープボンド

 

金杯。

 

1年の初めの一戦として

歴史あるレースとなっていますが

近2年はトップハンデの馬が

評価に応えて見事に優勝。

 

荒れる重賞なのは確かですが

格が求められるレースでもあり

冬場のやや時計のかかる馬場で

タフさも要求される舞台です。

 

枠順的にも外枠の馬が

苦戦傾向にあるレースですが

そんな中山金杯2021の

予想印と買い目を公開します。

 

<中山金杯2021予想・印&買い目>

本命◎・・・ディープボンド

買い目・・・◎単勝100円、複勝500円、計600円。

 

本命◎はディープボンドです。

 

同馬は前走の菊花賞では

4着と好走してきましたが

馬体的に長距離を走るより

中距離の方が合っているでしょう。

 

調教も大みそかの追い切りで

最後脚を伸ばす走りを見せて

不良馬場のなか好タイムを出し

態勢は整ったと見ています。

 

また中山金杯の傾向は

外枠不利のデータがある中で

6枠馬が7頭馬券内と

11番枠も追い風でしょう(過去10年)。

 

今週からCコースに替わって

芝の傷みもカバーされたために

あまり大きく外を回すことは

考えにくいところと思います。

 

展開的にはロザムールが出て

スローからミドルになりそうなので

4角5番手以内が狙える

脚質は強みになるところです。

 

そのうえ同馬の手綱を取るのは

コンビとして経験値の豊富な

和田騎手の連続騎乗ですから

勝負をかけてくると思います。

 

ということで・・・

 

中山金杯2021は

1月5日(火曜日)

中山競馬場第11レース

15時35分発走予定です。

 

2020年秋GⅠ本命◎8-0-4-1。プロの相馬は

*その、はしくれの相馬眼の秘密は―

 

投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です