中山金杯2021結果・優勝はヒシイグアス

 

初重賞。

 

名門・堀厩舎で育てられた

5歳牡馬のヒシイグアスでしたが

54kgのハンデも味方し

ついに念願の重賞を奪取。

 

僅か10戦目のキャリアとなった

今回もきっちり馬体を絞り

ココロノトウダイとのしのぎ合いも

クビ差抜け出して快勝しました。

 

元々将来を嘱望された

期待の存在ではありましたが

そんな中山金杯2021の

結果を振り返って参りましょう。

 

<中山金杯2021結果

優勝馬・・・ヒシイグアス

2着馬・・・ココロノトウダイ

3着馬・・・ウインイクシード

 

<中山金杯2021予想・印&買い目>

本命◎・・・ディープボンド

買い目・・・◎単勝100円、複勝500円、計600円。

(予想結果=不的中)

中山金杯2021予想・本命はディープボンド

 

勝ちタイム=2分0秒9(曇り・良)

前半1000m通過=62秒0

ペース=スローペース(3秒1差)

勝ち馬上がり3F=34秒5(3位)

レース上がり3F=35秒0

クッション値(当日午前7時)=10,2(やや硬め)

 

☆レース後のまとめ

・はしくれの感想:本命馬の選定時に重視した先行脚質という要素だが、今回は先行馬が多いためより内枠馬を狙うべきだった。タイムは多少かかってはいるが内目の馬場もあまり悪くなかった。ヒシイグアスはぎりぎりの仕上げが功を奏した印象もあり、3着のウインイクシードは不利な大外も前年2着が活きた印象だ。ディープボンドはポジションが取れず、直線も塞がれてしまったために、次走以降見直しの一戦という考えが妥当に感じている。また、ディープボンドは直前に一杯に追われたことから急仕上げの感あり、やや太目のパドックからも一杯に追う理由が察せられた。

・松山弘平騎手のコメント「スタートはしっかり出てくれましたし、ポジションも思ってたようなところを取れたんですけど、道中プレッシャーも結構きつかったですし、そんななか馬が良く辛抱してくれました。しっかり脚も溜まっていましたし、外に出してからは着差以上に強い競馬をしてくれたなって思います。本当に強い馬ですし、重賞も勝ちましたし、更に上を目指して頑張ってほしいなと思います」

・走破タイム2分0秒9は過去10年で9番目の時計

・上位3頭の4コーナー通過順は6→6→2番手

 

☆はしくれ個人配信「パドックロード」の結果

 

 

○3着→◎6着→▲7着→☆14着でした。

 

以下馬体診断を実施致します。

 

 

まず優勝馬ヒシイグアスです。

 

同馬は腰周りがきっちりした

かなりギリギリの仕上がりでしたが

はしくれの杞憂をよそにあっさり

直線抜けだし快勝しました。

 

ツヤもよくトモも丸く張っていて

柔らかい動きも目立ちましたが

この1点を気にして選出を

控えることにした今回でした。

 

中山よりも東京向きかなと

思える伸びやかさのあるタイプで

この点も考慮した結果ですが

強い競馬には脱帽しました。

 

5歳でキャリア10戦目の馬で

フレッシュな状態に映りますし

線が細く見えてもこれくらいが

丁度良いことを覚えておきます。

 

 

2着馬はココロノトウダイです。

 

同馬は本命と迷うくらいの

張りのある馬体が目立ちましたが

相変わらず中山向きに見える

全体の幅が勝っていました。

 

以前よりも腹袋がしぼんで

すっきりとした体型に変わって

今回上がり最速を計時し

2着したのも納得がいきます。

 

プラス10kgも全て消化して

肌ツヤも良くふっくらとしており

現状同馬にとって最高の

仕上がりにあったように思います。

 

下腹が絞れて瞬発力にも

期待が持てる体型に変わって

可動域が広がって踏み込みも

より力強く蹴りだせるでしょう。

 

 

3着馬はウインイクシードです。

 

同馬は取捨選択が難しく

得意のレーシングビュアーを使い

おそらく10回くらい繰り返し

見極めながら切ってしまいました。

 

もしかすると前年より馬体が

充実したのではと思いながら

いやいや少し太くも見えるかな?

と悩みつつ無印評価でした。

 

今回一番悔しかったのは

同馬を選出できなかったのと

ブログ予想も空振りに終わった

この2点が双璧なところです。

 

とにかくいつも以上にツヤがあり

柔らかくゴツゴツさも見られずに

まだまだ十分争覇圏だなと

思い直した仕上げとなりました。

 

ということで・・・

 

昨年当ブログ予想としては

目標値を達成したのですが

今年はいきなり大爆死となる

本命14着スタートです。

 

顎が外れるかと思いましたが

ここからいかに巻き返していくか

腕の見せ所だと思いますし

次また頑張りたいと思います。

 

またパドックロードでは金杯デーの

本命◎の成績では

4-2-1-1と配信8レースで

馬券圏外はただ1度きりでした。

 

よりによって当レースの結果が

良くなくて非常に残念ですが

会員様には新年から誠に

申し訳ございませんでした。

 

今年も安定感ある結果を

残せるよう努めていきますので

どうぞこれからも「はしくれの予想」を

よろしくお願い申し上げます。

 

*金杯デーは本命◎4-2-1-1

*その、はしくれの相馬眼の秘密は―

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です