スプリングステークス2021過去10年の傾向とイチオシ

こんにちは、はしくれです。

今週は中山神競馬場にてスプリングステークスが行われ、いよいよ皐月賞のトライアルも大詰めを迎えることとなります。

先日亡くなったネオユニヴァースも当レースを優勝しましたが、ダービーまで上り詰める馬にも出会えるのがこの一戦なのです。今年は重賞勝ちのある馬が一頭もいないメンバーですが、大事なのはここをステップにして上昇する馬を探すことです。

弥生賞で断然人気だったダノンザキッドが敗戦を喫し、混戦ムードが漂い始めた今年の牡馬クラシック戦線。そこに一石を投じる馬がこのレースから現れるのかどうかが、3冠路線を占ううえでも重要になることだと思います。

そんなスプリングステークス2021の過去傾向を探り、新たなスター誕生の予感をしっかりと掴み取っていきましょう。

そして文末では傾向的に最も注目するイチオシ馬も、ピックアップして参りますのでどうぞごゆっくりとご覧ください。

スプリングステークス2021過去10年の傾向

スプリングステークス2021・過去10年3着以内傾向

①好走枠:8枠(桃2勝)=6頭(全30頭中)

➁苦戦枠:2枠(黒)=1頭。2014ロサギガンティア1着のみ

前年3着以内リピーター:3歳限定戦のためなし

④牝馬:限定戦

⑤3歳馬:限定戦

⑥人気:1番人気9頭・2番人気3頭・3番人気4頭・4番人気3頭・以下11頭

⑦好走騎手:池添謙一騎手3回(1勝)

⑧ハンデ:馬齢

⑨走破タイム:良=1分46秒4~1分49秒8、重=1分50秒7(2012のみ)

⑩好走厩舎:国枝栄厩舎3年(0勝)

⑪最速上がり3ハロン計時馬8年9頭(5勝)

⑫馬体重:444~528kg

⑬4角5番手以内:19頭(7勝。うち逃げ馬は1頭0勝)

⑭好調種牡馬(3着以内入着回数):ディープインパクト4頭(3年1勝)

⑮好走ローテ(前走。リピーターも単年計算):重賞経由14頭(主な前走=朝日杯FS5頭、共同通信杯3頭、きさらぎ賞3頭、ホープフルS2頭)、1勝クラス13頭、オープン3頭。

⑯前走後間隔:中2週~3か月=30頭。

前走人気:7番人気以内

⑱前走最低着順馬:2020ガロアクリーク1着=水仙賞4着

⑲ペース:ハイ0、ミドル7、スロー3

枠順確定前最注目馬

スプリングステークス2021過去10年の傾向から、枠順確定前の最注目馬は…

ヴィクティファルス

1勝馬ながら前走の共同通信杯で2着に食い込み、まだ発達途上の馬体ながら力のあるところを見せた同馬。やや腹袋がある体型から中山も得意にできる馬体で、前走の時計も及第点の1分48秒0です。

デビューから2戦連続上がり3位以内を記録してきましたし、好走騎手の池添謙一騎手が騎乗予定なのも良いでしょう。また重賞経由馬では上位の共同通信杯から参戦、間隔的にも適度なローテで当該距離3戦連続です。

ライバルより時計面の不安や、ローテーションにも不安が少なく、3冠路線を進んで行くのにキャリアが多すぎないもの吉です。阪神デビューで右回り自体プラスに捉えられそうなことから、傾向的なイチオシは同馬と見て選出したいと思います。

以上スプリングステークス2021の過去傾向とイチオシでした。あとは枠順が確定してから精査することをおすすめします。またスプリングステークス2021のパドックロードも配信します。プロの相馬師による診断にもご注目下されば幸いです。

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です