末脚勝負。フィリーズレビュー2021過去10年の傾向とイチオシ

こんにちは、はしくれです。

今週は阪神競馬場にてフィリーズレビューが行われますが、例年通り抽選馬が多く混戦ムードが漂っています。距離が1400mという本番より短い距離のために、スプリント適性の高い馬が好走する傾向が見られます。

当レースから桜花賞に向かい好成績を残した実績は3年前の桜花賞馬であるレーヌミノルの名前がありますが、それ以外では2012年のアイムユアーズまで遡ります。

桜花賞を睨む重賞でなく短距離馬の活躍の場として、いわば前哨戦らしからぬ特徴が予想を面白くさせます。そんなフィリーズレビュー2021の過去傾向をしっかりと見て、狙える馬を探し当てることを楽しみに予想して参りましょう。

そして文末では傾向的に最も注目するイチオシ馬も、ピックアップして参りますのでどうぞごゆっくりとご覧ください。

フィリーズレビュー2021過去10年の傾向

フィリーズレビュー2021・過去10年3着以内傾向

①好走枠:7枠(橙0勝)=6頭(全30頭中)

➁苦戦枠:6枠(白)=2頭。過去6年連続馬券圏外

前年3着以内リピーター:3歳限定戦のためなし

④牝馬:限定戦

⑤3歳馬:限定戦

⑥人気:1番人気4頭・2番人気5頭・3番人気3頭・4番人気1頭・以下17頭

⑦好走騎手:武豊騎手4回(1勝)

⑧ハンデ:馬齢

⑨走破タイム:良=1分21秒0~1分22秒8、稍重=1分21秒0~1分22秒3

⑩好走厩舎なし

⑪最速上がり3ハロン計時馬:8年9頭(5勝。近6年連続連対中

⑫馬体重:410~498kg

⑬4角5番手以内:13頭(3勝。うち逃げ馬は3頭0勝)

⑭好調種牡馬(3着以内入着回数):ダイワメジャー3回(3年1勝)

⑮好走ローテ(前走。リピーターも単年計算):重賞経由12頭。主な前走:阪神ジュベナイルフィリーズ7頭(1勝)、クイーンカップ3頭(1勝)、朝日杯フューチュリティステークス1頭(1勝)、フェアリーステークス1頭(0勝)、オープン4頭、1勝クラス13頭(5勝)、未勝利1頭(2019ノーワン1着のみ)

⑯前走後間隔:中2週~3か月=30頭。

前走人気:14番人気以内

⑱前走最低着順馬:2014二ホンピロアンバー2着=阪神JF17着

⑲ペース:ハイ7、ミドル3、スローなし

枠順確定前最注目馬

フィリーズレビュー2021過去10年の傾向から、枠順確定前の最注目馬は…

オパールムーン

フィリーズレビューの過去傾向から優位に立つ阪神JF組。強敵ひしめく中でスタートから最後方待機の展開で、外々を回すロスがありながら上がり3位で最後も伸びました。3か月の休み明けもフェアリーステークスで既に経験済みで、デビュー戦を快勝した際には強敵のククナを破っています。(阪神ジュベナイルフィリーズ2020結果・優勝はソダシ

更に上がり最速馬が近6年連続連対となりますが、同馬はこれまでの3戦全てで上がり3位以内を記録です。また例年京都で行われたファンタジーステークスが阪神で、既に同舞台を経験済みで好タイムで2着としています。

このファンタジーステークスの際はメイケイエールが優勝馬であり、走破タイムはフィリーズレビューの過去10年よりも速いものでした。この際は勝ち馬とコンマ1秒差と僅差なのもさることながら、メンバー中上がり最速を出しレース上がりより1秒3速いです。

1番人気馬が苦戦傾向にあることは間違いありませんが、人気馬の中では上位ですから実績的にも中心でしょう。

以上フィリーズレビュー2021の過去傾向とイチオシでした。あとは枠順が確定してから精査することをおすすめします。またチューリップ賞パーフェクトのパドックロードも当日配信します。馬体の診断結果がご必要な方はぜひご登録ください。

それでは!

*当レースの期待馬体はフィリーズレビュー2021・今週の期待馬体よりご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です