弥生賞ディープインパクト記念2021結果・優勝はタイトルホルダー

逃走。

好スタートから先手を取り切りインを進んだタイトルホルダーが、並み居る強豪の脚を封じて達成された初重賞制覇。ペースが落ちそうなのを追い風に思い切りよく前に行きましたが、横山武史騎手の思い切りに応えた同馬もまた見事でした。

2歳王者ダノンザキッドもまた坂下から脚を伸ばしたものの、前を行くシュネルマイスターを捉えきれず3着という結果でした。それでは皐月賞を見据えて重要な一戦となった今回の、弥生賞ディープインパクト記念の結果をまずはご覧いただきましょう。

弥生賞ディープインパクト記念2021着順

優勝馬タイトルホルダー

2着馬シュネルマイスター

3着馬ダノンザキッド

弥生賞ディープインパクト記念2021予想&予想結果

本命◎ダノンザキッド

買い目◎複勝600円。

予想結果=的中・複勝110円×6

弥生賞ディープインパクト記念2021予想・本命はダノンザキッド

パドックロード配信結果

▲1着→◎3着→〇6着→☆10着馬券圏内に2頭入着でした。

パドックロード(2021)3月度会員募集

それではまず馬体診断から行って参りましょう。

弥生賞ディープインパクト記念2021結果・馬体診断

優勝馬タイトルホルダー

まず優勝馬タイトルホルダーです。

同馬は今回一目で気に入る変化がはっきりと見られましたが、それが全体の脂肪が削げ落ち、筋肉に転化されたことでしょう。同馬は以前にも述べた通りに中山が得意にできる馬体で、あとはもうひと絞りがあればなと前走時に思ったものでした。

それが今回は見事に仕上がり無駄肉が全くない状態で、それでいて豊かな腹袋がちょうどよく重心を下げていました。こういう少し腹袋の幅や重さがほどよく付いた馬体は、特に中山の急坂を走るための良い重りになってくれます。

特徴的な馬体でコーナーに吸い付く低重心な走法で、急坂でも馬体が浮かず風の抵抗を受けにくい仕上がりです。ツヤもピカピカで皮膚もぴっちりと張り付くように締まっていましたし、今回くらい仕上がってくるなら皐月賞でも期待できるでしょう。

2着馬シュネルマイスター

2着馬はシュネルマイスターです。

同馬は馬体にボリュームがあって非常に肉付きは良い馬ですが、正直中距離が向いていないと思い今回無印にしました。腹周りもまだまだ余裕があり、これさえ絞れたらと思いますが、これが同馬の骨格によるのか現状では判断がつきません。

結果的には前に行った馬がそのまま流れ込む展開ですし、ルメール騎手がスローを捌くのがとても上手なのも吉と出ました。これがマイルの距離であれば4番手までなら選出できましたが、皐月賞までに絞れて来ないとより厳しいのではと思われます。

ただ筋肉のボリュームだけでなく、肉質も非常に柔らかいので、太目感が解消されてくれば更に上昇できる存在です。いかにスローでも2000mでこのメンバー相手に2着ですし、素質の高さは疑う余地のない結果だったのではと思います。

3着馬ダノンザキッド

3着馬はダノンザキッドです。

同馬は今回一強評価で出走となった一戦でしたが、相変わらず垢抜けた骨格で仕上がり自体は良い仕上げでした。特にバランスが目立った馬体で前後肢共に筋肉が付いて、ふっくらとした全体とバネのあるトモの動きが良く思えました。

背中がしっかりとしてきたことで、より体幹が優れていましたし、この馬自身の馬体はしっかり成長しているなと感じました。フワフワのツヤをまとっていますし歩様も滑らかで良い動きです。気性的なチャカつきも2人引きで爆発せずに抑えていました。

レースに行くとどうしてもカーブで内や外に流れやすいのですが、本質的に東京向きなのでこの点は仕方ないと思います。胴長で距離が伸びても十分やれる馬体をしている馬なので、本番で更に絞れて日本ダービーを目指してほしい馬です。

ということで。

今週は土曜チューリップ賞でパーフェクト的中を達成し、中山記念に続き2週連続重賞制圧となりました。相馬眼を鍛え続けたことで混戦に断を下せたのですが、パドックロード3月度会員様を随時募集中であります。(パドックロード(2021)3月度会員募集)ぜひあなたもプロの選ぶ馬体を知ることから相馬眼を磨いて、馬体が分かる感動を競馬で味わってくだされば幸いです。

弥生賞ディープインパクト記念2021結果・回顧

レース動画

レース後の感想

完全なスローペースで開幕2週目の馬場が良い状態から、インの前を選択したタイトルホルダーは素晴らしい走りでした。人馬一体で展開だけでなく馬体面も味方したところで、中山コースで逃げの手に出たらそうそう捉まることはないでしょう。また2着シュネルマイスターもルメール騎手が展開をきっちり読み、騎手の判断が結果に直結しやすいレースだったと思います。そしてダノンザキッドは3着という結果になってしまいましたが、前に行くことは本番を見据えると中々できないところですし、進路を確保しながら外に持ち出す判断も悪くないものです。川田騎手だからこそ最後はあれだけ伸びたのだと思っていますし、馬券も複勝だけにしておいて正解だったなと思っています。

騎手のコメント

1着横山武史騎手・・・「調教のときから良い馬だなという感触があったんで、スタートもいつも速いですし、こういう形になるのはイメージ通りでした。(2歳王者に勝った意味を問われ)その質問はちょっと難しいですね。(この馬の良さは)全てを把握しているわけじゃないですけど、乗りやすくて、全てがいいです」

2着C.ルメール騎手・・・「雰囲気は良かったんですけど、追い出すと外に流れながらになりましたので、あまり前に進めないまま直線走り続けていたという感触です。ゴール入るときも全然分からなかったですし、コントトロールも難しいので、成長面がより成長するよう良い時間を過ごしてくれればと思います」

1着栗田徹調教師・・・「逃げない形がいいかもと思っていたのですが、この馬の良さは前々で長く脚を使える点ですから、今日は好枠と好スタートを活かしてジョッキーが上手く乗ってくれました。馬具を変えた効果もあったと思います。あとは本番に向けてどう仕上げるかですね」

2着手塚貴久調教師・・・「馬体に関しては少し余裕がある感じでしたが、競馬では上手く乗ってくれました。マイルを使った後の2000mということである程度位置を取れて、距離の2000mはギリギリ持つかなと思いました。競馬の内容は良かったです。ジョッキーの話では少し硬い馬場の方がいいかもしれないとのことでした。賞金も加算できましたし、権利も獲ることができたので、皐月賞とNHKマイルカップの2レースのどちらにしようかと考えています」

3着安田隆行調教師・・・「勝負どころでモタモタした面があり、向こう正面でもかかりましたが、次につながる競馬になりました。ここを使って良くなると思うので本番は頑張ります」

弥生賞ディープインパクト記念2021結果データ

勝ちタイム=2分2秒0(良・過去10年で6番目)

前半1000m通過=62秒6

ペース=スローペース(3秒2差・1000m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=メイケイエール34秒5(4位)

レース上がり3ハロン=34秒5

4角通過順=1→2→4番手

当日のクッション値(午前7時)=10.2(やや硬め)

おわりに

今回は皐月賞を占う上で重要な一戦でしたが、弥生賞ディープインパクト記念2021の覇者はタイトルホルダーでした。本番は今より馬場状態が良いままとは思いにくいですので、明確なスロー展開になったことも含め予想が必要です。

また手塚調教師のコメントでシュネルマイスターの今後としては、皐月賞とNHKマイルカップの両にらみということです。はしくれとしては馬体適性が明らかにマイルに見えることから、NHKマイルカップを目標にしてほしいなと感じています。

いよいよ3月に入り早くも一週目が終わりを告げましたが、順調に成長した姿を見せてくれる各馬に期待しましょう。

それではパドックロードの会員様、そして今ご覧下さるあなたへ、心よりの感謝を送りながらお別れ致したいと思います。今週も当ブログをご覧下さり、誠にありがとうございました。また来週の当ブログ予想でお会いできることを祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です