有馬記念2020結果・優勝はクロノジェネシス

 

ナンバーワン。

 

ファン投票でも1位に推されて

当日も1番人気になった

クロノジェネシスが人気に応えた

有馬記念2020の舞台。

 

馬場の内側が少し荒れてきて

外が伸びる馬場状態でしたが

フィエールマンを競り落とす最後も

鮮やかに映った直線でした。

 

来年も現役を続行する

勝ち馬に期待が広がりますが

そんな有馬記念2020の

結果を振り返って参りましょう。

 

<有馬記念2020結果

優勝馬・・・クロノジェネシス

2着馬・・・サラキア

3着馬・・・フィエールマン

 

<有馬記念2020予想・印&買い目>

本命◎・・・フィエールマン

対抗○・・・カレンブーケドール

単穴▲・・・クロノジェネシス

特注☆・・・キセキ

買い目・・・単勝◎100円、ワイド◎流し各100円、馬連◎○100円、3連単◎○▲100円、計600円。

(予想結果=的中:ワイド270円・トリガミ)

有馬記念2020予想・本命はフィエールマン

 

勝ちタイム=2分35秒0(晴れ・良)

前半1000m通過=62秒2

ペース=スローペース(1秒5差)

勝ち馬上がり3F=36秒2(2位)

レース上がり3F=36秒6

クッション値(当日午前7時)=9,8(標準)

 

☆レース後のまとめ

・はしくれの感想:キセキが逃げないというのは想定内だったが、フィエールマンがかなり前につけたのはかなりの誤算となってしまった。個人的にはルメール騎手が同馬のスタミナを信頼しており、そのため荒れたインや早目仕掛けなどを選択したと感じている。このあたりは天皇賞春を連覇していることも影響したように思える。これを見る形で運べたクロノジェネシスには絶好の展開で、この差が結果に影響したのは競馬なので致し方ないところ。2着のサラキアは仕上がりもよく、これを推奨できなかったことが、有馬記念最大の後悔も、素晴らしい追い込みには驚いた。トリガミとはいえ的中をくれたフィエールマン、クロノジェネシスには大感謝

・優勝馬クロノジェネシスはGⅠ3勝目

・北村友一騎手は当レース初制覇

・斉藤崇史調教師は当レース初制覇

・クロノジェネシスの生産は安平町のノーザンファーム

・馬主は(有)サンデーレーシング

・北村友一騎手のコメント「(ゲートで待たされて)馬に落ち着いてほしいなあという思いで、いつもの自然体でいてほしいと、コミュニケーションを取りました。(スタートは)5分に切ってくれたので、そこは良かったと思います。折り合いもついていましたし、いつものクロノジェネシスの感じで走れていたので、良かったかなと思います。2500mを昨日も今日も乗せていただいて、自分の中で良いイメージを描いて競馬したつもりです。(来年について)今年は未対戦の3冠馬が2頭居ますので、そこを譲らないように、主役となって引っ張って行けるような存在であってほしいなと思います」(北村騎手は終始笑顔で嬉しい表情が印象的だった)

・優勝馬クロノジェネシスは少しスタートでは後手を踏んだ感じも、スローペースで折り合いをつけつつ、無理なく4コーナーから進出した。先に抜け出したフィエールマンに競りかけるように追い出されると、マッチレースの様相になったが、最後はきっちり抜け出して見せた

・走破タイム2分35秒0は過去10年で8番目の時計

・1着斉藤崇史調教師「(ファン投票、当日人気、着順全て1位という結果に)ほっとしています。雰囲気凄く良かったですね。装鞍所でも落ち着いていましたし、プラス10kgでも太め感なかったですし。特に精神面での成長が大きかったと思います。(作戦は)騎手に全て任せていました。少し早いかなと思いましたが、何とか押し切ってくれました。また来年ももっと大きなレースに行きたいなあと思いますし、色んな夢を見せてくれたらと思っています。

・2着松山弘平騎手「勝ち馬を見ながらしっかりと脚を溜められました。向こう正面でペースが上がったのですが、そこでポジションを上げてしまうと甘くなるイメージがあったので、この馬の競馬をしようと思って我慢をしました。最後は本当にいい脚でしたし、この凄いメンバーを相手に力を見せてくれました。でも2着に負けたのは悔しいです。乗せてくれた関係者の方々に感謝しています。応援して下さった皆様に申し訳ない気持ちです。」

・2着池添学調教師「痺れました。松山騎手には特に指示は出していませんでしたが、イメージ通りに乗ってくれました。惜しかったですが、これだけの馬を相手に強い姿を見せてくれましたし、無事に帰って来てくれて何よりです」

・3着C.ルメール騎手「いい競馬ができました。外枠でしたが途中からあのポジションをとってカバーすることができました。しかしフィエールマンはこういう荒れた馬場は好きではありません。それでもこれだけのパフォーマンスを見せてくれましたし、力はトップレベルです。頑張ってくれました」

・3着手塚貴久調教師「思っていたプランとは違った形になり、よく頑張っていましたが、最後は苦しくなりました。馬場の差が出ましたね。コンスタントに走ってくれますし、今日も一生懸命でした。来年のことはオーナーと決めたいと思います」

・上位3頭の4コーナー通過順は3→12→2番手

 

☆はしくれ個人配信「パドックロード」の結果

 

 

○1着→◎3着→▲5着→☆10着でした。

 

以下馬体診断を実施致します。

 

 

まず優勝馬クロノジェネシスです。

 

同馬は相変わらず一見して

柔らかい馬体が目を引きますが

芦毛特有の見えづらさにより

やや輪郭がぼやけて見えました。

 

この点は普段縦の比較より

横の比較が重視のはしくれも

さすがに同馬はこれが常なので

十分出来ていると思いました。

 

同馬はパドックより返し馬で

更に良さが目立ってくるタイプで

体幹の真っすぐさやバランスに

秀でた馬体が目立っていました。

 

1600mを勝ちながら

2500mまでこなせる

高い柔軟性は現役でも

ナンバーワンと言える牝馬でしょう。

 

 

2着馬はサラキアです。

 

同馬は今回きっちり絞れて

一部の無駄もありませんでしたが

これがどう出るか想像できず

選出には至りませんでした。

 

ただ仕上げ自体はレベルが高く

はしくれの経験さえ及んだら

最後の一頭に指名ができた

可能性もあったと思います。

 

それくらい無駄なく瞬発力を

感じるきっちりとしたトモを持ち

距離適性を上昇させるため

絞り切ったことも素晴らしいです。

 

一戦ごとに馬体のバランスも

一流馬のそれになってきており

全くフロックではないつくりで

池添調教師に脱帽です。

 

 

3着馬はフィエールマンです。

 

同馬はコメントを付けるくらいの

好仕上がりを見せてくれましたが

何分レースでは勝ち馬よりも

かなり苦しい競馬になりました。

 

前走時より張ってツヤも光り

バランスも素晴らしいものでしたし

何度やってもこの馬を選ぶと

感じられたパドックになりました。

 

このたり競馬はナマモノなので

致し方ないところでありますが

相当のスタミナを持たなければ

善戦は不可能なところでした。

 

それだけ無駄なくきっちり仕上げた

手塚調教師はさすがでしたし

まだ若さもあり柔軟性ある

馬体からも先々楽しみです。

 

ということで・・・

 

ついに有馬記念が終了して

一年間を完走しましたが

おかげ様で今年も回収率

100%を達成しました。

 

詳細はお正月一発目の

実績報告で致しますので

来年もまた当ブログ予想を

何卒お願い申し上げます。

 

またパドックロードの会員様

そして今ご覧下さるあなたに

心よりの感謝を申し上げて

暮れのご挨拶とさせていただきます。

 

本年もご覧下さり誠に

ありがとうございました。

 

来年も競馬予想をしながら

幸せを増やしていけますように

的中を求めて精進しつつ

努めて参りたいと思います。

 

*秋GⅠ本命◎8-0-5-1=複勝圏確率92,3%。ぜひ一度お試しください

*その、はしくれの相馬眼の秘密は―

 

投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です