チャンピオンズカップ2020過去10年の傾向まとめ

 

こんにちは、はしくれです。

 

先週は感動的なレースが

繰り広げられた競馬界ですが

今週はダートを舞台に走る

チャンピオンズカップの開催です。

 

前身のジャパンカップダートから

脈々と受け継がれる伝統を

さらに輝くものにしていくのは

一体どの人馬になるでしょうか。

 

中央競馬は一年に2度の

貴重なダートGⅠ戦ですが

未だ日本で無敗のGⅠ馬

クリソベリルも出走予定です。

 

それでは早速参りましょう。

 

☆チャンピオンズカップ2020・過去10年3着以内傾向:2010~2013阪神開催・それ以降中京開催

 

①好走枠:2枠=6頭(全30頭中・3勝)

➁苦戦枠:8枠(桃)=1頭(2011トランセンド=優勝のみ。中京開催では0頭)

前年3着以内リピーター:5頭(ゴールドドリームは2017→2019と隔年での1→2着)

④牝馬:1頭(1勝)

⑤3歳馬:9番人気以内で4頭(近2年で2連勝)

⑥人気:1番人気7頭・2番人気3頭・3番人気6頭・4番人気0頭・以下14頭

⑦好走騎手:C.ルメール騎手3回(1勝)・武豊騎手3回(0勝)・幸英明騎手3回(0勝・ホッコータルマエで3年連続)

⑧ハンデ:定量

⑨走破タイム:良=1分48秒5~1分51秒0・稍重1分48秒9(2010)

⑩好走厩舎:西浦勝一厩舎3年(1頭1勝)・佐藤正雄厩舎3年(1頭0勝)

⑪最速上がり3ハロン計時馬:7年7頭

⑫馬体重:452~538kg

⑬4角5番手以内:19頭(6勝。逃げ馬は2011~2012トランセンドが阪神で連勝、中京では2019インティ3着のみ)

⑭好調種牡馬:ゴールドアリュール3頭(計2勝。近3年で2勝)

⑮好走ローテ(前走。リピーターも単年計算):全馬重賞経由(うちGⅠ経由14頭で6勝:含むJpnⅠ)。主な前走:JBCクラシック9頭(3勝)、みやこステークス9頭(2勝・阪神開催時のみ)、他武蔵野ステークス4頭(1勝)・南部杯3頭(2勝・近3年連続馬券圏内)

⑯前走後間隔:中2週~中9週(29頭)・5か月(2014ローマンレジェンド3着)

前走人気:6番人気以内(地方重賞除く)

⑱前走最低着順馬:2016アスカノロマン=みやこステークス14着

⑲ペース:スロー3、ミドル3、ハイ4、中京開催時ハイペースなし。スローペース時は1秒0~1秒7差で、近2年連続でスロー。阪神開催時と違い、直線の長い左回りを意識した展開になりやすい

 

チャンピオンズ2020過去10年の傾向から

枠順確定前の最上位馬は…

 

 

クリソベリル

 

前年優勝のリピーターで国内では未だ無敗の進軍。父ゴールドアリュールで兄弟馬も活躍した超良血で、前に行って速い上りが使える欠点の見えないGⅠ馬。前走優勢のJBCクラシックも優勝

馬体面も常に充実しており、ダート馬としては筋肉も柔らかく、芝でも走れそうなほどスピードを感じさせる好馬体。その質・量ともに他馬と比べて幅のある骨太な大型馬で、500kg以上の馬が活躍する傾向からも最有力

 

2位は…

 

 

クリンチャー

 

前走データ優勢のみやこステークス快勝の実績から、芝の京都記念優勝などスピードに強みを見せている同馬。

馬格も大きく近走も充実した馬体を見せており今が旬。まくれる機動力も備えており左回りに多少不安はあるが、差し脚は安定しており不発は考えにくいと見て2番手。

 

以上、チャンピオンズカップ2020過去10年の傾向まとめでした。枠順発表前ですので、その点は確定後に精査しましょう。

各馬順調に仕上がってくることに期待したいですね(^^)

 

*GⅠジャパンカップパーフェクト的中

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です