エリザベス女王杯2020調教診断・上位3頭を選出

 

こんにちは、はしくれです。

 

公開するまでに月日を要し

始めた調教診断でしたが

おかげ様で上位選出馬から

毎週3着内馬が誕生。

 

ご覧下さる方も日に日に増え

身が引き締まる思いでありますが

こうして注目して下さること

心より御礼申し上げます。

 

さて先週はGⅠの谷間の

アルゼンチン共和国杯があり

3位選出したオーソリティが

見事優勝という結果でした。

 

今週もじっくり確認をして

上位馬の選出をしましたので

どうぞこれからも新カテゴリーを

よろしくお願い申し上げます。

 

それでは早速ご覧いただきましょう。

 

 

エリザベス女王杯2020調教1位:ラッキーライラック

(栗東 CW 良 80.8-66.2-51.6-38.0-12.3 馬なり)

 

今回1位に選出したのは

ラッキーライラックになりましたが

同馬はさすがのGⅠ馬という

軽快な動きを見せていました。

 

1週前に一杯に追われて

上昇度が鍵と思えましたが

馬なりで全体時計を縮め

態勢は整ったと思います。

 

相変わらず馬体もバランスよく

胴長で見栄えのする体型で

併走馬をあおる手応えなのは

さすがの貫禄というところです。

 

攻めの内容を強化しないまま

上昇を果たしたのは好感で

稽古をつけたルメール騎手の手も

非常に合っていると感じました。

 

 

エリザベス女王杯2020調教2位:サラキア

(美浦 坂路 良 52.6-38.3-24.7-12.3 馬なり)

 

同馬は1週前の調教で

素晴らしい切れ味を繰り出しつつ

栗東CW良で4ハロン

50秒0を計時しました。

 

時計の速さもさることながら

馬なりで計時されたタイムで

馬自身の気性から前進を

感じられる内容に映ります。

 

府中牝馬ステークスで人気は

ブービーという低評価でしたが

ここを快勝しての時計であり

充実ぶりをひしと感じます。

 

直前の追い切りも無理をさせず

軽快な動きでまとめましたし

十分一発の素質を秘めた

一頭と言って過言ないでしょう。

 

 

エリザベス女王杯2020調教3位:ウインマイティ―

(栗東 坂路 良 52.5-38.0-25.0-12.7 ほぼ馬なり)

 

同馬は1週前の調教も

好時計を馬なりで計時して

今回も似たような中身のまま

調教馬場だけを変えてきました。

 

ほぼ真っすぐ駆け抜けてきましたし

全体時計も良いタイムなので

内容としては軽めだとしても

仕上がっていると言って良いでしょう。

 

また上昇度を意識してみると

坂路で追われたことも好感で

阪神の坂をイメージするのに

一役買ってくれたと思います。

 

馬体自体は柔らかく前走

太目を感じた馬体も絞れて

すっきりとした仕上がりで今回

走れそうなので良いと思います。

 

ということで・・・

 

今週は牝馬限定GⅠ

エリザベス女王杯となりますが

連覇のかかるラッキーライラックを

1位評価で選出をしました。

 

阪神コースでの開催ですし

例年と違うことも多そうで

枠順の発表やパドックでの

当日の気配も見ていきましょう。

 

それでは伝統のGⅠ戦を

楽しみに過ごして参りましょう。

今回も記事をご覧下さって

誠にありがとうございました☆

 

*当日の予想はこちらから。パドック予想は―

投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です