エリザベス女王杯2020過去10年の傾向まとめ

 

こんにちは、はしくれです。

 

今週末は牝馬限定戦

エリザベス女王杯となりますが

京都競馬場の改修で

阪神競馬場開催となります。

 

阪神の2200mは

宝塚記念と同じ舞台で

直線で坂があるコースとなり

京都とは特にここが違います。

 

そのため過去の傾向は全く

役に立たないかもしれないですが

類似点もあるかもしれないので

確認していきたいと思います。

 

それでは参りましょう。

 

☆エリザベス女王杯2020・過去10年3着以内傾向

 

①好走枠:3枠=6頭(全30頭中・2勝)

➁苦戦枠:7枠=1頭(2014ディアドラマドレ3着のみ)

前年3着以内リピーター:7頭(近3年でクロコスミアが3年連続2着。モズカッチャンが1→3着するなど、リピート率高し)

④牝馬:限定戦

⑤3歳馬:6番人気以内で10頭(3勝)

⑥人気:1番人気7頭・2番人気4頭・3番人気5頭・4番人気3頭・以下11頭

⑦好走騎手:M.デムーロ騎手5回(2勝。近4年で連続)

⑧ハンデ:定量

⑨走破タイム:良=2分11秒6~2分14秒3・稍重2分14秒9・重2分16秒3~2分16秒6

⑩好走厩舎:角居勝彦厩舎4回(3頭1勝。近5年入着なし)

⑪最速上がり3F:2015年稍重時以外9年連続10頭

⑫馬体重:428~518kg

⑬4角5番手以内:13頭(1勝。2017年モズカッチャンのみ。逃げ馬は近2年リピーターのクロコスミアが連続連対したのみ)

⑭好調種牡馬:ディープインパクト7頭(近5年で4頭1勝)

⑮好走ローテ(前走。リピーターも単年計算):重賞経由28頭(うちGⅠ経由11頭で近5年1勝)。府中牝馬ステークス11頭(4勝)、秋華賞7頭2勝、条件戦経由2頭(うち2勝クラス2頭で、京都芝2200~2400m)

⑯前走後間隔:中1週~1年1か月(最長ローテ1年1か月は外国馬スノーフェアリーで2年連続優勝のリピーター。次の半年もミッキークイーン、ラヴズオンリーユーのGⅠ経由馬で3着まで。)

前走人気:9番人気以内(二桁人気馬なし)

⑱前走最低着順馬:2011アパパネ=府中牝馬ステークス14着

⑲ペース:スロー7、ミドル2、ハイ1。スローペース時は1秒1~4秒3差で、近4年は連続で2秒2以上のスロー。2015稍重時は0秒7ミドルハイ、2012~2013重馬場時は1秒4~2秒3差のスロー。

 

エリザベス女王杯2020過去10年

枠順確定前の該当最上位は…

 

 

ラヴズオンリーユー

 

前走の府中牝馬ステークスは仕上がり途上もあっての5着。昨年3着のリピーターで鞍上も得意のM.デムーロ騎手。牡馬混合の鳴尾記念2着、3歳時忘れな草賞優勝で、阪神中距離でも実績あり。

位置取りによっては上り最速計時も見込め、前年よりも間隔を詰めて使える点もローテとしては好感。ディープインパクト産駒でもあり血統的にも優勢。

 

2位は…

 

 

ラッキーライラック

 

前年上がり最速を計時し優勝したリピーターでもある。鞍上のルメール騎手は絶好調で東京の重賞を3連勝中。

札幌記念からのローテがどうかも今年は大阪杯を制し、阪神開催に替わる点もむしろ好都合となる可能性も。

 

以上、エリザベス女王杯2020過去10年の傾向まとめでした。枠順発表前ですので、その点は確定後に精査しましょう。

各馬順調に仕上がってくることに期待したいですね(^^)

 

*直近10重賞本命◎勝率6割を記録☆11月度も会員募集中

投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です