京王杯2歳ステークス2020結果・優勝はモントライゼ

 

快勝。

 

小倉2歳ステークスを経由し

距離延長で臨んだ一戦も

名手ルメール騎手に導かれて

見事凌ぎ切ったモントライゼ。

 

距離も丁度良いとの手応えから

自信もあったという鞍上の

信頼に応える走りを見せた

京王杯2歳ステークスでした。

 

馬場のよいところギリギリを突いた

鞍上の手腕が光りましたが

京王杯2歳ステークス2020の

結果を振り返って参りましょう。

 

<京王杯2歳ステークス2020結果

優勝馬・・・モントライゼ

2着馬・・・ロードマックス

3着馬・・・ユングヴィ

 

<京王杯2歳ステークス2020予想・印&買い目>

本命◎・・・ユングヴィ

対抗〇・・・ブルーシンフォニー

単穴▲・・・リフレイム

特注☆・・・モントライゼ

買い目・・・◎ワイド流し各100円、計300円。

(予想結果=的中:ワイド830円)

京王杯2歳ステークス2020予想・本命はユングヴィ

 

勝ちタイム=1分21秒8(曇り・良)

前半600m通過=34秒7

ペース=ミドルペース(差なし)

勝ち馬上がり3F=34秒5(9位)

レース上がり3F=34秒7

クッション値(当日午前7時)=9,0(標準)

 

☆レース後のまとめ

・優勝馬モントライゼは重賞初制覇

・C.ルメール騎手は当レース史上初の4勝目(2016年~5年で4勝。騎乗機会のなかった2018年を除くと当レース4連覇

・松永幹夫調教師は当レース初制覇

・モントライゼの生産は安平町のノーザンファーム

・C.ルメール騎手のコメント「とても嬉しいですね。調教もとても良かったから、今日は勝つ自信がありました。凄くいいスタートしましたし、凄くいいポジション取れましたし、1~2コーナーで我慢できましたので、最後良く頑張ってくれました。結構ムキムキな馬ですね。スピード沢山あります、ダイワメジャーの仔ですので速いペースを維持することができます。(距離は)もうちょっと長く行けると思います。能力ありますね、前回2着になったけど馬場が結構悪かったので。絶対トップレベルに行けると思います

・松永幹夫調教師のコメント「道中は上手く脚が溜まっていましたし、上手に乗ってくれました。マイルくらいまでは大丈夫ではないかと思います。今後は朝日杯になると思いますが、クラブと相談して決めたいと思います

・優勝馬モントライゼは好スタートから2番手を追走、馬場の良いところで流れに乗って直線300mで先頭。そこで初めてムチを入られ、リードをクビ差守り切り優勝した

・走破タイム1分21秒8は過去10年で4番目の時計で、2010年優勝馬グランプリボスと同じで例年並みのタイム

・2着岩田望来騎手「道中少し力んでいましたが、馬の後ろで我慢していました。追い出してから良く伸びていました。夏の時よりも成長していて、良い状態でレースを迎えられました。本当は勝って結果を出したかったのですが、力のあるところは見せられました」

・3着柴田善臣騎手「外枠だったことに加えて、前半は力んでいました。馬の後ろに入れましたが、真面目すぎて力んでいました。リラックスして走れるようになったら、突き抜けると思います

・当レース予想は枠順発表前の木曜日に記事を公開。枠順の影響は少ないという判断での馬券的中となった

・上位3頭の4コーナー通過順は2→11→8番手

 

☆はしくれ個人配信「パドックロード」の結果

 

 

▲4着→◎5着→☆12着→〇15着でした。

以下馬体診断を実施致します。

 

 

まず優勝馬モントライゼです。

 

同馬は柔らかい筋肉があり

バランスもかなり良かったのですが

発汗に加え多少の緩さも

懸念しての無印評価でした。

 

まだまだ成長途上の感じで

よりふっくらとしてきそうでしたし

前回の小倉2歳の方が

仕上がっていると感じられました。

 

結果的に優勝していますし

これで良いのだと反省をしつつ

騎手や調教師のコメント通り

マイルの距離も持つと思います。

 

とにかく柔軟性はピカイチで

レースでも落ち着いていましたから

多少テンションの高いパドックも

気にしなくて良いということでしょう。

 

 

2着馬はロードマックスです。

 

同馬は新潟2歳ステークスで

7着と敗戦していましたが

張りのある馬体で最後外から

一気に2着へと食い込みました。

 

この前走時はパドックロードで

4番手評価していたのですが

このあたりが中々噛み合わずに

歯がゆい思いをした今回です。

 

馬体から見るポテンシャル自体は

かなり高いものを感じるために

今回も気になった仕上げですが

もう一歩及ばず残念でした。

 

距離もこのくらいが良さそうですし

ディープインパクト産駒ですから

まだまだ上昇する余地はあると

考えて良いのではと思います。

 

 

3着馬はユングヴィです。

 

同馬は今回ブログ予想では

本命に推したところなのですが

パドックではお腹が太く見えて

選出まで至りませんでした。

 

それ以外全て良い出来にあって

この取捨では大分迷いましたが

結果から学ばねばならないなと

反省しているところです

 

体全体がゴムマリのように

膨らんで張った体型ですから

距離もこれくらいが良さそうですし

舞台経験も活きた感じです。

 

調教では細く見えたのですが

パドックでは太目に見えましたし

中々クセのあるタイプだなあと

唸ってしまった今回でした。

 

ということで・・・

 

今回はブログ予想が当たって

パドック予想では外れましたが

会員様にはお力になれず

大変申し訳ございませんでした。

 

今回ブログ予想を木曜に

枠順を見ずにアップしましたが

こちらが的中したことを見ても

データ優勢という結果でした。

 

パドックで外すとがっかりですが

競馬はこういうことも起こるので

やはり両方鍛えればレースを

より楽しめるなと思っています。

 

様々なレースのアプローチから

馬券的中を狙って今後も

専心努力して参りますので

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

それではパドックロードの会員様

今ご覧下さっているあなたへ

心よりの感謝を申し上げつつ

お別れ致したいと思います。

 

今回もご覧くださいまして

誠にありがとうございました。

 

*はしくれの相馬眼の秘密は―

*11月はまだ始まったばかり☆

投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です