京王杯2歳ステークス2020予想・本命はユングヴィ

 

上昇。

 

前走を4馬身差の走りで

快勝してきたユングヴィですが

東京芝1400mは

3戦目となる連続の舞台。

 

過去10年では未勝利戦から

優勝した馬は見られませんが

強めに追って弾けた前走は

圧巻の一言でもありました。

 

強敵揃いで重賞馬である

リンゴアメらの名前もありますが

京王杯2歳ステークスの予想を

公開していきたいと思います。

 

<京王杯2歳ステークス2020予想・印&買い目>

本命◎・・・ユングヴィ

対抗〇・・・ブルーシンフォニー

単穴▲・・・リフレイム

特注☆・・・モントライゼ

買い目・・・◎ワイド流し各100円、計300円。

 

本命◎はユングヴィです。

 

同馬は先述の通り前走

4馬身差で勝利をしましたが

前々で運んで後ろの脚を

封じる完璧な内容でした。

 

デビュー戦から4か月が経って

16kgも馬体が増えた上

それを消化して最後の直線

一杯に追われもしませんでした。

 

東京芝1400mは

今回で3戦連続となり

舞台経験に勝っているのも

他馬にはない強みとなりそうです。

 

鞍上も冷静沈着である

柴田善臣騎手の騎乗ですし

併せても伸びる気性もあるので

好位から好勝負できるでしょう。

 

対抗〇にはブルーシンフォニーです。

 

同馬はデビュー戦のパドックでは

いなないているような若さがあり

それでいてあっさり勝利するなど

類まれな素質の持ち主です。

 

新潟2歳ステークスの際は

多少距離も長く感じましたが

今回は距離短縮になるため

フルスロットルで駆け抜けそうです。

 

更に現在の東京の芝が

多少時計のかかる馬場でもあり

外目をすっと進出できるのは

同馬の強みになると思います。

 

あとは自在性ある脚質から

田辺騎手の鋭い勘によって

一気に前に取りついて行けると

想定して対抗評価します。

 

単穴▲はリフレイムです。

 

同馬は新馬戦の新潟では

呼ばれたかのように外ラチに向き

そのまま豪快に走り切るなど

驚くような勝利を見せました。

 

そして前走では最後方で

じっと我慢しての競馬でしたが

スローな流れを気にすることなく

5馬身突き抜けて勝利しました。

 

タイムも良く後続馬にとっては

相手が強すぎたという感じで

底知れないものさえ感じさせる

人気に推されそうな一頭です。

 

気性面から信頼を置いての

本命にはできなかったのですが

あっさり勝利してもおかしくない

力量十分の3番手です。

 

最後特注☆にはモントライゼです。

 

同馬は小倉2歳ステークスで

あと少しで優勝できましたが

ライバルもまた強力だったため

2着という結果に終わりました。

 

それでもバランスの良い馬体から

伸びやかなスピードを感じさせて

馬場の悪い中を外を回しての

僅差でしたから十分でしょう。

 

当レースは短距離重賞から

参戦している馬が強いので

その点からも十分に勝利を

狙える可能性を感じます。

 

その上鞍上が川田騎手から

ルメール騎手への豪華なバトンで

勝負気配も漂っているので

無印にはできないところでしょう。

 

ということで・・・

 

京王杯2歳ステークスは

2020年11月7日(日曜日)

東京競馬場第11レース

15時35分発走予定です。

 

*今月もまだまだたっぷり配信、アルテミスステークス3着独占☆パドック予想は―

*また、はしくれの相馬眼の秘密は―

投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です