スワンステークス2020調教診断・上位3頭を選出

 

こんにちは、はしくれです。

 

今週は既に天皇賞秋の

調教診断を致しましたが

ご好評いただけましたので

スワンステークスもお送り致します。

 

調教は非常に奥深いので

じっくり取り組んで参りましたが

見るとワクワクが増してきますので

もう一丁やりたく思いました。

 

記事数的に今週はかなりの

オーバーワークとなっていますが

調教で良い動きを見せていた

3頭をここも選出しました。

 

週末の楽しみが増えますよう

専心取り組んで参りますので

どうぞこれからも新カテゴリーを

よろしくお願い申し上げます。

 

それでは早速ご覧いただきましょう。

 

 

スワンステークス2020調教1位:アドマイヤマーズ

(栗東 坂路 良 51.9-38.3-25.2-12.7 馬なり)

 

安田記念6着から迎える

秋緒戦の今回となりますが

同馬は1週前から時計を

きっちりと出す意欲を感じます。

 

この時は栗東のCWで

6ハロンから時計を出しており

ゴール前強めの調教により

豪快な走りを披露しました。

 

元々牡馬にしては線が細く

仕上がりも早いタイプなのですが

馬体も絞れて太め感はなく

直前も軽めで動けています。

 

坂路では多少ふわっと見せても

時計は好タイムが出ていますし

スピードを感じる動きですから

本番でも期待ができるでしょう。

 

 

スワンステークス2020調教2位:ステルヴィオ

(美浦 南W 良 66.7-51.2-38.0-12.3 馬なり)

 

同馬は3頭併せの中から

馬なりでひょいと顔をのぞかせて

涼しげな雰囲気をまとったまま

すんなりと駆け抜けて行きました。

 

馬なりでタイムも良好ですし

さすがはGⅠ馬という走りで

京王杯以来の実戦でも

苦にしない状態だと思います。

 

無駄な動きを全くしない上

上りも速い脚が使えるので

余力残しでこれだけ走れれば

調教は満足と言えそうです。

 

あとは池添騎手との手が合うか

実戦に行っての問題ですが

追い込みや差しはお手のものなので

楽しみが膨らむ調教でした。

 

 

スワンステークス2020調教3位:シヴァージ

(栗東 CW 良 86.1-69.1-53.5-39.2-11.8 ゴール前強め)

 

同馬は長めから時計を出して

直線真っすぐ走らせましたが

サインを出されてから伸びが早く

いかにも追い込み馬の調教です。

 

上り最速馬が強いレースで

それを計時する可能性があり

しかもそれを意識しているような

最後が特に印象的でした。

 

馬体もかなり筋肉が豊富で

距離もマイル以下が良い体型で

瞬発力勝負を仕掛けるなら

不発の可能性は低いでしょう。

 

低重心でスピードを感じる

ダイナミックな走りを見せており

馬券圏内も十分あるかと

意識できた調教過程でした。

 

ということで・・・

 

天皇賞秋の前に重賞

スワンステークスもあるわけですが

マイルチャンピオンシップを睨んで

各馬力が入るところです。

 

アドマイヤマーズは特に時計を

しっかり追って出してきましたから

単なる前哨戦の感じでは

ないと思えるだけに楽しみです。

 

それでは今週末も重賞を

楽しみに過ごして参りましょう。

今回も記事をご覧いただいて

誠にありがとうございました☆

 

 

 

*一昨年スワンステークス◎〇▲パーフェクト。昨年も◎☆ワンスリー。パドック予想は―

投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です