富士ステークス2020予想・本命はワーケア

 

真価。

 

2歳時のアイビーステークスでは

重馬場をものともしない走りで

後続に3馬身差を開いて

強い競馬を披露したワーケア。

 

筋肉量に富んだ全体から

マイラータイプと述べてきたとおり

これまでは距離の壁に阻まれる

レースが繰り返されてきました。

 

それが今回はマイル戦となり

真価が試される一戦ですが

そんな富士ステークス2020の

予想印と買い目を公開しましょう。

 

<富士ステークス2020予想・印&買い目>

本命◎・・・ワーケア

対抗〇・・・スマイルカナ

買い目・・・各単勝100円、馬連&ワイド100円。計400円。

 

 

本命◎はワーケアです。

 

同馬はデビューから中距離戦で

ダービーを目標にされましたが

やや腹袋の目立つ体型で

距離適性に疑問がありました。

 

筋肉量の多い厚みのある

全体の印象から捉えても

距離延長より短縮の方が

楽しみの膨らむ体型でした。

 

それが今回はついにマイルでの

一戦ということも叶いますし

馬場悪化も問題ないタイプで

他馬より軽い54kgです。

 

鞍上には名手ルメール騎手で

継続騎乗ともなりましたから

本領発揮で重賞勝利を

上げる可能性は高いと見ます。

 

対抗〇はスマイルカナです。

 

同馬はこれまでも華奢な馬体で

強豪相手によく肉薄して

オープンでも勝ち鞍を上げるなど

活躍顕著なスピード馬です。

 

展開的に楽に走れそうで

あとは馬場との兼ね合いなのですが

かなりマイペースで行けそうなので

余力も残せるかと思います。

 

前走も最後は差されましたが

非常にしぶとい走りを披露し

馬体に似合わず根性もあると

感心するほどの粘りでした。

 

鞍上も背中を知っていますし

ハンデも手頃なところですから

直線仕掛けどころさえはまれば

好勝負可能と見て良いでしょう。

 

ということで・・・

 

富士ステークス2020は

10月24日(土曜日)

東京競馬場第11レース

15時45分発走予定です。

 

*はしくれの相馬眼の秘密は―

「シークレットオブパドック」

*先週秋華賞◎▲ワンツー、昨年菊花賞3着独占

投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です