菊花賞2020事前馬体予想。昨年3着独占のはしくれは

 

こんにちは、はしくれです。

 

いよいよ3冠最終戦の

菊花賞2020が近づき

コントレイルがあまりに強いので

悩まれる方もいらっしゃるでしょう。

 

はしくれは昨年のこのレースで

事前の馬体予想をアップして

3頭で3着独占という

離れ業を披露いたしました。

菊花賞2019結果・優勝馬はワールドプレミア

 

当日はパドック配信をして

ニシノデイジーを追加しましたが

事前選出の3頭はついに

最後まで漏れず選出しました。

 

 

馬体で距離適性が分かるかと

某ブロガーに揶揄されたところを

あっさりと結果を出して現在

音信不通の仲となっています。

(お~い!出ておいで~!)

 

さてそんな舞台適性問われる

京都の3000mですが

今年は例年以上に評価が

難しい状況となっています。

 

それというのも現時点を見れば

長距離向きの馬が多くはなく

しかも順列を決められるほどに

差があるメンバーとも思いません。

 

そこでパドック狂いのはしくれは

どの馬が向くと考えているか

特別企画として大舞台の

予想のヒントをお届け致します。

 

コントレイルにかなう対抗馬は

果たして現れるのかどうか・・・

早速菊花賞2020の

馬体予想に臨んで参りましょう。

 

舞台適性暫定1位

 

 

コントレイルです。

 

ああ、やっぱりそうなんだ・・・

とがっかりされたあなた目を覚ましましょう。

 

競馬は確かに穴も開きますが

コントレイルは素晴らしい馬体で

これからの日本競馬界には

なくてはならない存在なのです。

 

同馬の父ディープインパクトにも

共通している事柄と言えば

両馬ともに大柄ではない上

バランスが飛び抜けた骨格です。

 

こういう馬はそうそう出ませんし

全く無駄のない前哨戦で

上り目はあっても落ち目はないと

思える今回の菊花賞です。

 

単勝は1,1倍として

それも仕方ないことと言えますし

今回ばかりは前走と違い

複勝は元返しかもしれません。

コントレイル単勝1,1倍、複勝でも1,1倍!

 

暫定2位

 

 

ヴェルトライゼンデです。

 

さすがに神戸新聞杯の際

やや太目の仕上がりでしたが

それでさえ大外をぶん回して

しっかり2着に伸びてきました。

 

同馬はホープフルステークスから

距離適性があると言いましたが

3冠路線で好走するには

欠かせないバランスの持ち主です。

(ちなみにこの際、ワーケア・サリオスの距離適性も見抜いています)

ホープフルステークス2019結果・優勝馬はコントレイル

 

馬体自体に張りと締まりがあり

瞬発力で勝負するよりかは

持久力で勝負できるタイプで

無駄肉の無い万能タイプです。

 

ベストは2400mの

周辺だろうと踏んではいますが

それだけに根幹距離とは言えぬ

前走の好走も頷けます。

 

暫定3位

 

 

ヴァルコスです。

 

この馬は前走で押しながらも

中々前の馬に追いつかずに

エンジンがかかったときは各馬が

ゴールに飛び込んだところでした。

 

かつてのヒシミラクルの走りにも

似たようなズブさが見られましたし

叩かれて臨む今回ですから

当然上昇に期待できます。

 

馬体も長距離で活躍できる

まとまりのある全体をしており

柔らかい筋肉も見られるので

上位入着もあると思います。

 

あとは枠順と展開によって

レースの流れに乗れるかでしょうが

折り合いには問題ありませんし

好走しても驚けないでしょう。

 

ということで今回は馬体を見て

適性を事前予想しましたが

菊花賞2020の馬体の

予想はこちらから配信します。

パドックロード(2020)10月度会員募集中

 

秋華賞でもマジックキャッスルを

▲に指名していますし

1着◎(1番人気)2着▲(10番人気)で決まりましたから

ご希望の方はぜひご覧ください。

 

 

3冠最終戦の菊花賞

全力でぶつかって参ります☆

 

*はしくれの相馬眼の秘密は―

「シークレットオブパドック」

 

投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です