最も難しいパドックとは

 

雪。

 

2020年3月14日は

ホワイトデーの名を冠する通り

真っ白で美しい雪景色に

彩られた競馬開催日でした。

 

通常雪が積もってしまうと

競馬開催は延期になりますが

突然降り出したことに加えて

積もっていないために催されました。

 

そしてこの美しい雪景色の中で

はしくれはそれはとても恐ろしい

雪の恐怖をパドック中継で

味わうことになってしまいました・・・。

 

 

・・・。

うををををーーーーーーー!!

 

なんちゅう見づらいパドックか!?

これでは腹目の絞れたラインも

輪郭もよく分からない上に

トモもぼんやりとして毛ヅヤまで

殆ど判別不可能じゃないか!

 

鬼!雪は鬼!

 

どれだけ画面にかじりついたところで

全貌がまったく判明せず・・・

た・・・たす・・・け・・て・・・

とか・・・言ってられないし・・・

 

そうです、ご存知のとおり

はしくれは個人配信「パドックロード」で

どんなに悪天候だろうと

予定した配信を行ってきました。

 

ましてやこれはメインレースですし

すっぽかすわけには行きません。

会員の皆様がお待ちかねだ・・・

やらねば!!

 

と奮起して取り組み

結果このような着順になって

ものすごく微妙な気分でした・・・

 

 

うぬぬぬぬ・・・

 

4頭選出で2頭以上の

馬券圏内を確保しましたが

個人的には馬券を外し

非常に心苦しい結果でした。

 

それもそのはず本命◎の

コントラチェックが最下位に沈み

「うそでしょ・・・」

と涙も雪に隠れた

まさかの結果になりました。

 

ちなみにこのレースの配信結果ですが・・・

 

 

☆1着→〇3着→▲8着→◎16着でした。

 

ここまでけちょんけちょんにされるとは

正直考えてもみなかったですが

先週パーフェクト予想連チャンの

中山でこうなるとは驚きでした。

パドック馬券パーフェクト的中。競馬予想はお好みで

 

それが競馬の常であることは

重々承知してはいるのですが

これほどの試練が待っているとは

正直夢にも思いませんでした。

 

無念。

ほんとうに無念です。

 

雨でも雪でも雷でも

はしくれはパドックをやってきましたが

これほどの降り方になるとさすがに

中継では難しいと思いました。

 

中央でも地方でもばんえいでも

パドックばかり見てきたはしくれも

さすがに悲鳴を上げるほどの難度の

今回のパドックでした。

 

ちなみに本命◎に選んだ

1番人気のコントラチェックですが・・・

 

 

かなり良いと思いませんか?

 

絞れた腹周りにバランスの良い体

コンパクトにまとまった輪郭とトモ・・・

この時点では少なくとも

最下位の予感などありませんでした。

 

ただツヤに関しては不明なので

これが分からないのがつらかったです。

 

雪のせいで一見黒い芦毛馬か?

見紛うばかりのノイズでしたが

こうして見るとやはりはしくれには

毛ヅヤがとても重要に感じます。

 

普段毛ヅヤを愛でることができて

いかに幸せかが分かったわけですが

一番難しいパドックはやはり

「確認できないこと」

これに尽きます・・・

 

それにしても降雪に見舞われた

パドック中継の難しさときたら・・・

雪女よりも恐ろしいものと

言って締め括りたいと思います。

 

*基本的なパドックの見方は

パドックの見方、お教えします!



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です