大敗・・・京都新聞杯2018結果

 

挫折。

競馬予想を続ける中で

これまで何度も味わいましたが

今回の一戦には

心が折れてしまいました。

 

頼みの綱のパドックも

かつてない不振に終わり

敗戦のショックのあまり

立ち尽くしてしまいました・・・

 

絶望と挫折と混乱。

振り返るのもつらいですが

今回の一戦もまた

復習せねばなりません。

 

敗戦の痛みをこらえ

まずはその予想から

振り返って参りましょう。

 

<京都新聞杯2018予想・印&買い目>

◎レイエスプランドル

買い目・・・単勝&複勝◎各100円、計400円。

 

それでは結果です。

 

<京都新聞杯2018結果>

優勝馬・・・ステイフーリッシュ

2着馬・・・アドマイヤアルバ

3着馬・・・シャルドネゴールド

(◎レイエスプランドル11着)

 

はしくれ・・・完敗です!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの本命◎レイエスプランドルは11着・・・。

早速レースを振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・

 

 

バラけたスタートになりました。

はしくれの◎レイエスプランドルと

1番人気のフランツは

やや出遅れてしまいます。

 

赤丸で囲った優勝馬

ステイフーリッシュは5分にスタート

ここから誰が前に行くのか

まず注目されましたが・・・

 

内目から6番の

メイショウテッコンがハナに立ちました。

 

 

最初の1000M通過は58秒5でしたが

これは時計の出る馬場とはいえ

かなり速い時計です。

さすがにこのペースを警戒して

人気各馬は前と離れて

後方を追走します。

はしくれもまさかここまで

ペースが上がるとは思いませんでした。

 

 

直線に入ると

終始2番手を追走していた

ステイフーリッシュが抜け出しを図ります。

 

後方各馬も徐々に追い上げ

ここからいよいよ大勢が

入れ変わるかと思われましたが・・・

ステイフーリッシュが先頭のまましぶとく粘り続けます。

各馬必死に差を詰めようと追いすがりますが・・・

 

 

結局最後まで粘り切った

ステイフーリッシュが先頭でゴール。

一頭楽な手応えのまま

勝利をものにしました。

 

2着に入ったアドマイヤアルバ

マイルばかりの実績でしたが

自在性のある走りを見せ

見事連対しています。

そして3着には外を回った

シャルドネゴールドが入線しました。

 

さて、今回は何も良いところがなかった

はしくれの予想ですが・・・

馬体を見て得たものが有ります。

 

特にこの勝ち馬

ステイフーリッシュに関しましては

前走時に減った馬体が

一気に戻っていました。

 

前走時があまりにも

細化していましたから

戻ってきた馬体を見ても

正直半信半疑でしたが・・・

 

成長力のある時期とはいえ

これほど上昇できるものとは

判断しきれませんでした。

 

この時期の3か月は

大きな変化が見られるとはいえ

教訓にもなりましたし

矢作調教師の豪腕を

思い知ることになりましたが・・・。

 

はしくれのパドックロードの印

以下の通りでした。

 

 

▲10着→☆11着→〇14着→◎17着でした。

 

会員の皆様、大変申し訳ございませんでした(><;)

なんと4頭全てが二桁着順という

パドックロード始まって以来の

大敗を喫してしまいました・・・

 

はしくれ個人の記憶としても

経験がない着順で

一体何が起きているのか

受け止めきれませんでした。

 

それでも今冷静になって

はっきりと言えることは

優勝馬ステイフーリッシュ

先述の通り馬体が以前の

良い頃に戻っていた

ということです。

 

 

線の細さは変わらずですが

張りのある馬体が目を引き

見た目以上に中身が充実してきたのだと思います。

 

これだけの短期間で

これほど上昇してくる馬は本当に稀なので

どう評価してよいものか

正直分かりませんでした。

 

馬名の意味は

「常識にとらわれるな」

という意味ですが

今回の結果からも

肝に銘じたいと思います。

 

 

2着馬アドマイヤアルバ

実績通りマイラー~中距離体型に見えました。

素質の高さは窺えましたし

まだ余裕のありそうなつくりをしていますので

スタミナに関しては予想以上の走りでした。

それだけにこれからも

要注目の一頭です。

 

 

そして3着のシャルドネゴールドですが

相変わらず線の細さが目立つ仕上がりでした。

ただ、体型的にはステイヤー

坂の無い京都の直線は向いていたと思います。

外枠も考えれば

かなりのスタミナの持ち主とも言え

菊花賞を目指していくなら楽しみな存在です。

 

あとは敗戦に彩られた

はしくれの選出馬ですが・・・。

◎タニノフランケル

一体どうしてしまったのでしょう。

 

9割方仕上がっていました

まさかの最下位沈没でした。

最内のコース取りが意外なほど消耗したのか

好感を持てた馬体でしたが

衝撃の敗戦でした。

 

〇のレノヴァールに関しましては

フックラとしていた点が

特に気に入りました。

もしかするとこれが太目残りだったのかもしれませんが

馬体重も前走より4㎏のマイナスで

仕上がり自体に問題があるとは

思えないところでした。

今後も見極めが難しくなりそうな一頭です。

 

▲フランツは迷いました。

このあたり3番手からは混戦模様でしたが

筋肉量が多く

ゆったりとした馬体のつくり

少し太目感がありましたが

他馬より上位に取りました。

まだ緩さがありますし

このあたりが出遅れに繋がったかと思いますが

残念な結果です。

 

最後は☆レイエスプランドルですが

この馬は前走同様

かなり仕上がって見えました。

ただ今回は素質馬が多く

仕上がりだけで◎を打てる段階にはまだありませんでした。

もう少し幅が欲しいところです。

また、レースは予想したより

かなりハイペースになりましたし

前走とは大分違った一戦になってしまいました。

 

 

・・・ということで今回は

完膚なきまでに叩きのめされた一戦でした。

パドックでは特にこれほどの敗戦は

経験がありませんので

今回の敗戦を忘れぬように

タイトルに「大敗」と題を入れ

自分自身も検索しやすいようにしておきます。

 

そしてこの一戦から

各馬がどんな結果を残していくのか・・・

この点をしっかりと

見守っていきたいと思います。

 

京都新聞杯2018結果・データ

馬場状態:良。時計の出る高速馬場。全体的にインがやや荒れ傾向。

走破タイム:2分11秒0

1000M通過:58秒5

ペース:ハイペース

レース上がり3F:34秒6=優勝馬同タイム




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です