芝状態と芝適性。知らないと損をする?

 

競馬予想をやっていると

とても気になる芝状態ですが

当然ながらレース結果に

大きな影響力があります。

 

あなたは

日本の競馬では2種類の芝が使われ

その特徴から得意不得意が存在するのをご存知ですか?

 

芝状態を把握するのは競馬予想に必須ですから

今回はこの競馬場の芝についての理解を深め

競馬の収支改善にぜひ役立てて参りましょう。

 

☆「野芝」と「洋芝」2種類の芝について

 

まず、日本の競馬で使われる芝の種類についてですが

先述のとおり大きく分けて2つの種類があります。

その一つ目が「野芝」と呼ばれる日本の在来種ですが

これは日本の気候に最も適した種類の芝生です。

 

草丈は短いですが生命力は非常に強く

座るとちくちくするような硬い葉が特徴です。

 

それに対してもう一種類が「洋芝」と言われるもので

こちらは寒冷地を好んで生育する品種であり

日本では北海道が生育適地になっています。

 

名前どおり明治時代に持ち込まれた外来種

暑さには弱いものの伸びが早く草丈があり

野芝と比べてクッション性が高いのが特徴です。

 

 

☆野芝と洋芝の必要性

 

そもそも日本の競馬にはなぜ

「野芝」と「洋芝」の2種類が必要

なのでしょうか。

 

実はこれには明確な理由があります。

それは

野芝は気温が低くなると休眠してしまうから(-.-)zzz

です。

 

この野芝は生育適温が25~35℃と高いため

日本で自生するにはとても適した品種です。

ですがその代わりに寒くなると成長が止まってしまい

色も緑から黄色くなって枯れてしまう難点があります。

 

この為冬場の競馬開催は野芝だけでは施行されず

洋芝も生育させてきれいな馬場を保つのです。

この時、野芝と洋芝が混生状態になりますが

これを「オーバーシード」馬場と言って

冬場はこの状態で施行されます。

 

一見同じに見える芝でも実は状態が全然違う。

おそらく競馬初心者の方はこの事実に気付かないでしょう。

実際競馬予想を始めてしばらく経つまでのはしくれは

この「芝生」に意味があるとは思ってもみませんでした。

 

その後色々知識をかじって初めて知ったわけですが

こうなると予想因子に「芝適性」が必要です。

最初は野芝と洋芝でどれほど違うか疑問でしたが

知れば知るほど思った以上に影響力を認識しました。

 

 

☆洋芝の鬼・エリモハリアー

 

はしくれは様々な名馬から競馬を学んできましたが

その中でもとりわけ「洋芝適性」を学んだ名馬がいます。

その馬の名はエリモハリアー

函館記念で同一平地重賞3連覇を達成した馬ですが

この馬こそまさに「洋芝の鬼」と言って良い馬でしょう。

 

同馬は引退するまでに63戦9勝を挙げ

2歳から10歳まで走り続けたタフな馬です。

そしてこの9勝の内6勝が洋芝のみの函館・札幌競馬場であり

特に函館記念の3連覇はどれも強い内容でした。

 

函館記念最初の制覇の2005年が6番人気で

次の年が1番人気、3年目が7番人気。

この3年目は休養明けの前走が11着で

ピークを過ぎたと思われたため人気が薄くなっていました。

 

ですが、きっちり差し切ります。

もう強いの何の。

はしくれはしかとこの目にその走りを焼き付けました。

 

人気薄でも激走していたこのエリモハリアーですが

しかしこの後は勝利する事無く引退してしまいます。

函館では輝かしい記録を打ち立てた同馬でしたが

オープンでの勝利実績はこの函館だけでした。

同馬はつまり最高の洋芝(函館)適性の持ち主だったのです。

 

 

先に述べてしまいましたが

洋芝のみの競馬場は函館・札幌の二場のみです。

それは

寒冷地では野芝が生育できないからです。

 

その逆に他の競馬場では

基本的に「野芝だけ」

野芝が休眠期間に入る秋~春が「オーバーシード」です

 

これらの事を学んでいくと

芝コースは一年中、色んな状態になっている

という事が分かります。

 

ある時は野芝だけ、またある時はオーバーシード。

北海道では洋芝だけ。

これは芝レース予想特有の難しさにも繋がっています。

 

しかし

この芝状態の違いと馬の適性を見極めなければ

エリモハリアー連覇の結果も的中には変えられないのです。

では芝適性を見極めるには、どんな方法があるでしょう?

そこではしくれが知る簡単な方法を二つお伝え致します。

 

 

☆芝適性を把握する方法

 

まず一つ目は

その馬の実績から得意競馬場を把握する

というものです。

 

これは競馬新聞を見れば一発で分かるのですが

馬柱の下欄の「コース実績」を見る事で分かります。

 

 

これは東スポの競馬欄ですが

赤枠には「東芝成績」「3-1-1-0」と書いてあります。

 

「東芝成績」「東京競馬場の芝成績」という意味であり

「3-1-1-0」1着3回、2着1回、3着1回で4着以下なし

という意味です。

つまりこれを見るとこの馬は東京芝巧者と言えそうです。

(詳細は競馬新聞の読み方を大公開!プロが教えるコツとは参照。)

 

また、新聞を買わなくてもJRAのホームページ

いつでも対象馬の実績を閲覧する事ができます。

そこから得意な競馬場(芝)かを判断しても良いでしょう。

 

次の2つ目が

対象馬が実績を上げた時期を確認する事です。

同じ東京競馬場でも芝状態は違いますから

野芝だけの時期なのか、オーバーシードの時期なのか

対象馬が実績を上げた時期の確認が必要です。

 

これを確認する方法は

JRAのホームページで馬名検索をする

と良いでしょう。

対象馬の出走履歴を細かくチェックする事ができます。

新聞で目星をつけてからホームページで確認すれば

対象馬の芝適性をきちんと調べる事ができますね。

 

 

☆洋芝適性を見抜け

 

では今度はエリモハリアーのような

洋芝巧者を発掘する方法についてです。

 

先程お伝えしたように

コース実績から見抜く方法もありますが

実はまた別の方法もあります。

そこでまず、下記の事実をご覧下さい。

 

函館芝2000mのレコードタイムは1分57秒

東京芝2000mのレコードタイムは1分56秒1(2018年2月現在)

 

この数字どおり

洋芝の函館よりも

野芝の東京の方が速いタイムが出る

のが通例です。

 

となれば求められる資質は当然違ってきますよね?

それに

コース実績が無い馬は過去のデータが有りませんから

なにか適性を見抜くための手掛かり

が欲しいですよね。

 

そこで

どんな馬が野芝向き

どんな馬が洋芝向きか。

それについてのはしくれの予想法

ここから詳しくお伝えすると致しましょう。

 

 

☆洋芝適性と馬体重の関係

 

一般論では野芝向きなのはスピードタイプの馬であり

洋芝に向いているのはスタミナタイプと言われます。

これだけ聞いて「へえ」と言うには

理論が漠然としています。

 

そもそもどんな特徴の馬がスピードタイプなのかとか

何をもってスタミナタイプと言うのか全く分からないからです。

 

そこで相馬眼を磨いてきたはしくれの見解を言えば

体が大きく筋肉質で馬体が重いのがスピードタイプで

体が小さくまとまっていて馬体が軽いのがスタミナタイプ

というように分類できます。

 

もちろんこれは全馬に当てはまるようなものではありませんが

大体の特徴としては掴んでいると思います。

そして馬体の重さとしてはどこがボーダーラインかと言うと・・・

現時点では500kg前後がそのラインと言えるでしょう。

 

そこで函館を得意としている馬は体が本当に小さいのか?

という疑問を馬体重から検証して参りましょう。

函館記念の歴代勝ち馬(過去5年)を紹介します。

 

2017年ルミナスウォリアー・478kg

2016年マイネルミラノ・486kg

2015年ダービーフィズ・448kg

2014年ラブイズブーシェ・460kg

2013年トウケイヘイロー・492kg

 

一番重いトウケイヘイローでも500kgを切っていますね。

更に先述の洋芝の鬼・エリモハリアーの馬体重は

大体450kg~460kgでした。

 

では、これに対しては同じ2000mの

天皇賞秋(東京)の勝ち馬を並べて参りましょう。

 

2017年キタサンブラック・542kg

2016年モーリス・514kg

2015年ラブリーデイ・486kg

2014年スピルバーグ・506kg

2013年ジャスタウェイ・498kg

 

どうでしょう。

500kgを超える馬が3頭を数えています。

函館記念勝ち馬には一頭も居ませんでしたね。

一番小さいラブリーデイでも486kgあり

このような因果関係が浮き彫りになっています。

 

そして

洋芝といえばやはり本場「西洋の競馬」ですが

ここでもやはり同じような結果が現れているのです。

(詳細は凱旋門賞で日本馬が勝てない理由参照。)

 

さて、以上のような結果から

馬体重が芝適性の予想に役立つ事が分かります。

実際には相馬眼を駆使すべきだと思いますが

相馬眼の習得は一朝一夕では成し得ません。

 

ですから

実績の無い馬の洋芝適性を考えるときは

馬体重を予想の一助にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

☆進化する芝

 

それではここからはもうひとつ

「新種の芝」についても紹介したいと思います。

その名も「エクイターフ」です。

 

この「エクイターフ」とはどんなものかと申しますと

地下茎の密度を濃くした、えぐれにくい野芝の一種です。

従来の野芝よりも耐久性に優れているため

芝が荒れやすい福島競馬場に最初に導入されました。

 

このエクイターフは顕著に馬場の改善に役立っており

今では福島の芝はきれいで

昔のような外差し馬場は見られなくなってきています。

 

元騎手の中舘英二さんが

荒れた内の芝を避けて捌く技術が素晴らしく

福島で度肝を抜く騎乗を何度も披露してくれましたが

それももう昔話のひとつになろうとしています。

 

この芝はJRAが開発にも関わっており

JRAの芝に対する情熱を感じられます。

因みにこのエクイターフの導入は2008年の事でした。

開発からおよそ10年の年月がかかっています。

 

この事例一つとってもお分かり頂けると思いますが

中央競馬は芝のレースをとても大切にしています。

予想する側から見れば非常に手を焼く相手ですが(^^;)

やはりきれいな芝の緑はかけがえのない潤いですね。

 

因みにこの「エクイターフ」は

普通の野芝と考えて現状問題ないと思います。

 

☆最後にまとめ

 

という事で今回は

芝状態と芝適性についてお伝えして参りました。

芝には色んな意味があります。

それをきちんと把握しながら競馬予想に臨みたいですね。

 

それではここで最後にもう一度内容をまとめます。

 

・芝には「野芝」と「洋芝」の2種類の芝がある

・野芝は硬く、洋芝は柔らかい

・野芝は時計が速くなり、洋芝は時計がかかる

・芝適性はコース実績、実績を上げた時期が重要

・芝適性が未知の馬は馬体重を参考に

・新種の芝の開発など改革にも要注目

 

以上です。

 

これらの事を頭に入れて

ぜひ「競馬の収支改善」を図って参りましょう。

今回もご精読下さいまして

誠にありがとうございました☆




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「芝状態と芝適性。知らないと損をする?」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です