競馬新聞の読み方を大公開!プロが教えるコツとは

 

こんにちは、はしくれです。

今日は予想に欠かせないツールである

競馬新聞の読み方

について

プロの競馬ライターである

はしくれ流の読み方

を大公開したいと思います。

 

まず用意するのは

「東スポ」です。

なぜ東スポなのかと言うと

はしくれの祖父の代から使っていた新聞でもあり

140円と非常に安価な上に

馬柱(うまばしら・ばちゅう)が充実しているから

です。

 

競馬新聞というよりもスポーツ紙なのですが

値段が4~5倍する専門紙と

中身はなんら変わりありません。

まず、この東スポの本紙から

競馬欄だけを抜き取りましょう。

 

土曜競馬分は金曜発売

日曜競馬分は土曜発売です。

いずれもコンビニ各店で

14時半頃から夜21時頃まで販売しています(目安です)。

 

前日から予想可能なのが、東スポの良いところです。

因みにはしくれは東スポの関係者ではありません・・・。

 

競馬欄だけ抜き取ったら

早速お目当てのレースを広げてみましょう。

ここでは、先日行われたGⅡ目黒記念を例にとります。

 

 

スキャナーで画像を取り込んだので

全部が収まっていませんがご了承ください。

 

はい、まずはこのように紙面が出てきましたね。

この状態から一番最初にやるべき事は・・・

出走各馬の名前を見る事です。

 

これは、名前でインスピレーションを得たり

既に色んな競走馬をご存知であれば

知っている馬を見落とさない為

でもあります。

 

「あ、この馬が出てるんだ!」

という感覚は

競馬予想の楽しみを広げてくれますので

何はともあれここを最初に確認しましょう。

 

ざっと目を通すと

自然と枠順が頭に入ります。

ついでに、騎手も確認してしまいましょう。

 

 

次にはしくれがやっているのは

着順の確認です。

着順はここで確認できます。

 

 

赤枠で囲った「6」という数字が

この馬が「メトロポリタンステークス」で走った着順です。

 

縦長の馬柱を見ながら

この馬がどのような成績を上げてきたか

この着順欄からざっと確認しましょう。

これでこの馬の勢いが分かります。

これをまずは全頭分見て行きます。

 

そしたらこの画像の「Mヴォルシェーブ」

と書かれた

一番下の欄に注目してください(画像は下にも用意してあります)。

これは

ミドルペースで、ヴォルシェーブが優勝したレース

という意味になります。

 

スローペースならS

ハイペースならHの表記になります。

ここから

展開を読む本格的な予想

がスタートします。

 

もう一度この画像をご覧下さい。

 

 

この「ペース」が書いてある最下段から一つ上

四角で区切られた、下から2段目の4・4・3という数字

に注目してください。

 

これは

「この馬のこのレースでの通過順」

を記したものです。

この部分に目を通すと

この馬の脚質が分かります。

 

脚質というのは

逃げ・先行・差し・追い込みの4種類からなるポジショニング

大抵の馬はこの内のどれかの戦法が得意です。

この馬の得意ペースと戦法

を、ここで見極めましょう。

 

ちょっと駆け足で説明しましたので

ここで一旦まとめます。

 

1.まずは馬名の確認(同時に枠が判明、騎手も確認)

2.各馬の勢いの確認(着順の変遷を確認)

3.脚質の確認(得意ペースと位置取りを確認)

 

ここまで来ました。

 

では、続きに参りましょう。

展開予想は、メモを取っても良いですし

出来るのであれば頭の中で

大体どういう隊列が組まれるのか

を思い描いてみましょう。

「この馬が逃げて、その後ろがこの馬で・・・」

という具合です。

 

この作業をしていると

ふと気づくことがあるのですが

「あれ?逃げ馬が2頭いるけど、どっちが逃げるんだろう?」

とか

「差し馬ばっかりで、前に行く馬が居ないぞ」

という事態がレースによっては起こります。

 

これが分かれば、しめたものです。

前に行く馬が多い=ハイペース

後ろから行く馬が多い=スローペース

という

大体のペース判断が既にこれで出来てしまうからです。

 

因みに展開面の有利不利は

ハイペース=差し馬有利(前がバテるので)

スローペース=先行馬有利(前がバテないので)

が基本です。

 

こうしてレースの大体の展開が把握できたら

次に大事なのは馬場状態です。

これは新聞記者の予想コメントから

どのような馬場状態なのかを推測する

のがおすすめです。

 

因みにはしくれは天気予報も確認して

馬場状態を推測する事が定石になっています。

ちょっと新聞ではこの辺りが分からないので

ヤフーの天気画面などから

週中の天気を確認していきましょう。

 

 

因みに以前お伝えしたとおり

競馬場の天気は「レジャー施設」という

右サイドバーのボタン(PCの場合)から入れば

確認する事ができます。

 

 

ここで考えたいのが

馬場状態による得意不得意です。

 

雨が降ると馬場状態が良→やや重→重→不良と変わるため

各馬の馬場適性を考えなくてはなりません。

そこで、馬柱のこの欄にご注目ください。

 

 

上の赤枠が、重馬場開催だった事を表示しています。

通常、良馬場では白丸に1などの数字

やや重だと四角に数字

重は上記の黒丸に白抜き数字

不良は黒い四角に白抜き数字で表示されます。

 

この画像データを見る限り

この馬は重馬場で勝っているので

重は走ると判断できます。

 

そして最後に重要なのが

もう一つの赤枠で囲った

「上がり3ハロンのタイム」です。

 

これはなんなのかと申しますと

その馬の瞬発力を物語る数字です。

白抜き数字はそのレースでの上がり最速を示し

太字の場合は上がり2位

それ以外は3位以下です。

 

この上がりの数字というのは、言い換えれば

ペースアップへの対応力

もしくは

ギアチェンジの性能

と言っても良いです。

 

因みに上がり3ハロンというのは

ゴールから逆算して最後の600m

勝負をかけてラストスパートをする

最も各馬のスピードが出る部分

と言えます。

 

 

この馬は上がり35秒8の末脚

最後の3ハロン(1ハロン=200m。3ハロンは600m)で使った事になります。

この馬は、重馬場で勝負をかける際のスパートに

良いものを持っている

ようですね。

 

また上がり3ハロンの数字については端的に言うと

数字が速い方が優秀

と言えます。

 

因みに

この馬がどんな競馬をしたかと言うと

ミドルペースの重馬場を、中団から上がっていって

4コーナーで先頭のまま押し切る競馬をした

という事がこのデータから読み取れます。

このように

馬柱だけで回顧が成り立っている

訳ですね。

 

長くなって参りましたので

それではここでまた一旦、まとめてしまいましょう。

 

4.ペース判断をする(スローは前、ハイは後ろが有利)

5.馬場状態の確認(記者コメント&天気予報を使う)

6.上がり3ハロンのタイムを確認(ラストスパートの早さを見極める)

 

これで浮かび上がってくるのが

強い馬ってどんな馬だろう?

という定義です。

これは、上記を総合してみると分かります。

それは・・・

 

成績に勢いが有り、ペースにも左右されず

馬場状態も気にせず、速い末脚が使える馬。

 

こういう馬が、強い馬と言えますね。

 

実際にはこういう馬は中々居ないのですが

こういう馬を探す事が出来れば、勝率が上がる訳です。

そうですね、例を挙げると

かつてのディープインパクトのような。

多くの人を勝たせてくれた馬なので、人気が有った

のがお分かり頂けると思います。

 

いかがでしたか。

今回は、競馬新聞の読み方について

ざっと解説してきました。

 

実際にはこれに枠順の有利不利や

騎手の良し悪しにハンデ

コース形態や距離適性など見るべき点は他にもあります。

 

ただ、それらの要素よりも

まずは全体の把握を優先すべきです。

作業と言うのは、まずはマクロで物を見る

これが一番だからです。

 

はしくれはプロですが

予想をする際にやるべき作業は、あなたと基本的に変わりません。

むしろこういった

地味な作業の積み重ねが、勝利を呼ぶ

ものです。

ぜひ、あなたもご自分に合った予想法の開拓に

取り組んでみてください。

 

それでは最後にもう一度、おさらいしておきましょう。

 

☆競馬新聞の読み方

1.まずは馬名の確認(同時に枠が判明、騎手も確認)

2.各馬の勢いの確認(着順の変遷を確認)

3.脚質の確認(得意ペースと位置取りを確認)

4.ペース判断をする(スローは前、ハイは後ろが有利)

5.馬場状態の確認(記者コメント&天気予報を使う)

6.上がり3ハロンのタイムを確認(ラストスパートの速さを見極める)

 

以上です。

 

地道な作業の先に

自信をもって本命に出来る馬を見つけたいですね。

仮説と検証を繰り返して、競馬に強くなりましょう。

 

またもし、この記事をご覧になって

「これだけの作業は面倒」

「自分で予想するなんて無理!」

という事でしたら

はしくれたち競馬予想家も存在しています。

 

丸乗りするのも良いですが

競馬予想家を上手に使う方法

こちらもぜひ、ご一読下さい。

 

それでは今後のあなたの更なる

「競馬の収支改善」を願って・・・。

今回はこの辺で。

失礼致します。




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「競馬新聞の読み方を大公開!プロが教えるコツとは」への5件のフィードバック

  1. はしくれさん、こんばんは。

    競馬初心者のヘローワールドという者です。
    一つお伺いしたいのですが、
    「めいち」について、どういった材料、観点から判断をされていますか?
    もしヒントやトッカカリをご教授頂ければ幸甚でございます。
    ちなみに私は、例えば「休み明けのシュヴァル」はめいちでないと大分根拠薄な判断しかできません。

    お手数ですがご返信いただけますとありがたいです。

    1. ヘローワールドさん、コメントありがとうございます(*^^*)

      はい、はしくれは「めいち=目一杯の勝負」に関しましては
      パドックでの仕上がりを最優先にしています。

      ですが敢えて新聞等のデータ予想から考察するなら
      「出走するレースが最大目標かどうか」に重点を置いています。
      たとえ燃え尽きてしまっても、権利を取りたいトライアルや
      先々を考えると勝たねばならないレースがあります。

      その陣営が用意できる最高の騎手やローテーションか。
      特別にアピールしたい馬主の馬かどうかなど
      判断するための材料はひとつではありません。

      また、距離適性に幅がない馬や
      コース適性が限られる馬など
      「そのレースで仕上げなければならない切迫感」が大事です。

      全ての馬についてこれらを考えるのは大変なので
      ある程度絞っておいて勝負度合いを察知する
      というのがはしくれの定石です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です