JRA(中央競馬)の一大改革!降級馬が居なくなる?

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

中央競馬は今、夏競馬真っ盛り。

夏らしいハンデ戦や、荒れる重賞、

突然の大雨や上がり馬の台頭など、

今年も夏競馬らしい熱戦が繰り広げられています。

 

そんな中、先週の7月28日土曜日、

JRA・日本中央競馬会から、このような驚きの発表が競馬ファンにもたらされました。

 

<4歳春季競馬までに獲得した平地収得賞金の取扱い>

現行
4歳春季競馬までに獲得した収得賞金を(4歳の)夏季競馬開始時点で2分の1とする

変更後
4歳春季競馬までに獲得した収得賞金を(4歳の)夏季競馬開始時点で2分の1としない

 

上記はJRAのホームページより抜粋したものですが、

これはとても大きな改革です。

今日はなぜこれが重要な改革なのか、

それを皆さんにお伝えしたいと思います。

 




 

☆降級馬が居なくなる

・・・この文面から先ず分かることは、

夏競馬の風物詩の一つである、上位クラスからの降級馬が存在しなくなる

という事です。

 

これだけだと分かりづらいので、簡単に説明すると

中央競馬にはまず、

収得賞金に応じたクラス分け制度

というものがあり、これは

レースで1着か2着に入ると得られる「本賞金」を

いくらその馬が稼いだかでクラス分けされる制度

になります。

 

3着以下でも賞金は出ますが、それらは本賞金には加算されず、

「総賞金」として加算される事になります。

(*一般的に競走馬が稼いだ賞金としては総賞金が取り沙汰されます)

 

現行の制度では、

競走馬がデビューできる2歳戦から、4歳の夏を迎えるまでに、

一頭の馬が収得した本賞金を一度、4歳の夏に半分にして計算する

という制度で施行されていまして、それによって

本賞金が現行クラスの収得賞金に満たない馬は、

下位クラスへと降級する措置

が取られていました。

 

そして、この制度には以下のようなメリットがありました。

 

1.早熟傾向の強い馬が、早い時期に賞金を稼いで成績が頭打ちになり、

上位クラスで活躍できなくなったりしている時、クラスが落ちて活躍しやすくなる。

 

2.逆に晩成傾向の強い馬が、体が完成される前に上位クラスで伸びあぐねている時、

下位クラスに降級する事で賞金を稼ぎやすくなる。

 

3.降級する事を見越したローテーションを考え、少しでも多くの賞金を稼げるよう、

所属馬を管理する調教師は作戦が立てられる。

 

4.馬券を買う競馬ファンは、上位クラスから下位クラスに転じる実力の高い馬たちを、

馬券で狙い撃ちすることができる。

 

主に以上の4点が挙げられますが、

こうしてみると4以外は、主に

馬主が一頭の馬で賞金をより多く稼げるような配慮

とも見られます。

 

もちろん、これは競走馬の為にもなるわけですが

基本的には馬主の強い影響力を物語っている制度と言えます。

ところが、この制度がなくなると、どうなるでしょう。

 

1.早熟で頭打ちになった馬や、晩成で伸びあぐねている馬にとっては、

活躍の場が少なくなる。

 

2.一頭の馬で多く稼ぐ事が難しくなれば、それだけ馬主の「見切り」も早くなり、

二度と見る事のできない馬が増える。

 

3.管理する調教師としても、レース選択の幅が狭まる事になり、

それだけ管理馬のローテーションに余裕が持てなくなる。

 

4.降級馬を狙い撃ちしていた馬券スタイルが、二度と再現できなくなる。

 

このような事態が訪れます。

 

 

天高く馬肥ゆる秋

という言葉がありますが、

競走馬は秋を迎える毎に成長する事が多く、

3歳の夏を越えて他馬が成長してくると、

どうしても早熟の馬には苦しくなるわけです。

救済処置としては地方競馬への移籍などもありますが、

やはり一番の心配は早熟馬の今後でしょう。

 

地方競馬では競走馬そのものが不足し、

1レースの出走馬が少なくなる傾向もありますが、

この改革で全ての競走馬が地方に移籍するわけではありませんので・・・。

地方競馬への移籍が救済処置になる場合は、多くはないでしょう。

 

ではなぜ、長年に亘って施行されてきた現行制度を

JRAが見直す事になったのか。

JRAの発表としては、次の通りです。

 

<期待できる効果>

・各クラスに応じた実力の拮抗した興趣溢れる競走を提供できること

・高条件競走の増加により、レベルの高い競走をより多く提供できること

・原則として、勝利度数に基づいた分かりやすい「クラス分け」となり、お客様にとって、より分かりやすく参加しやすい制度となること

 

この3つが理由です。

つまりJRAの趣旨としては、

馬主側ではなく、ファン側の視点に沿った改革

という事です。

 

これは果たして事実と言えるのでしょうか。

はしくれの見解は・・・事実だと思います。

 

確かにファン目線では、特に競馬初心者の方には、

現行のクラス分け制度は分かりづらいと思います。

新規競馬ファンを開拓する事に主眼を置いているJRAにとって、

今回の改革は当然の改革と言えるでしょう。

 

また、降級馬が居なくなることで、

夏競馬で降級馬が突出した人気になりなくく、

馬券的な興味が増すレースが増える可能性も否めません。

更に、勝ち上がり制度によってハイクラスなレースが多く組まれるようになれば、

観戦するファンの側も楽しみが増えるでしょう。

 

JRAの伝えるこの3点に関しては、もっともな言い分です。

ですが、それだけでしょうか。

 

 

今、日本の競馬はかつてないほどハイレベルになり、

一時はジャスタウェイが世界ランキングで単独首位に立つなど、

スピード感をもって国際化を果たしてきました。

凱旋門賞にはあと一歩届いていませんが、

2着までなら既に3頭が入線するまでに、

日本の競走馬は劇的な成長を遂げています。

 

ですが、このような改革の陰で起こるのは

「見切り」のスピード化です。

早熟馬の見切りが早まったり、

晩成馬の成長が待てなかったり、

見切られる馬たちが増えるのは悲しい事です。

 

新しい馬を活躍させるサイクルが早まることで、

馬産も活気づくでしょうし、

それはそれで、悪い事ではありません。

ですが、スピードを追い求めるだけでなく、

競走馬を長く大事に出来るシステムも、同時に必要だと思うのです。

 

今回改変されるこの事項も、

馬を長く所有する馬主のために、役立っていただけに・・・

一概に改善とは言い切れない、複雑な心情です。

 

はしくれは名前どおり、競馬人のはしくれとして、

今までも中央競馬のお世話になってきました。

今回の発表は、JRAの挑戦として悪くない改革だと思います。

ただ、まず競走馬ありきの競馬の世界で、

競走馬はもっと大事にされてほしいとも思うのです。

 

簡単に解決策を提示できる問題ではありませんが、

中央競馬の方々の知恵と、一競馬ファンの願いをもって、

よりよい競馬の発展を探ってもらいたいと思います。

 

この改革は2019年の夏競馬から適用されます。

あと2年しかない夏を、

皆さんと共に精一杯楽しんで行きたいと思います。




 

 

2017佐渡ステークス結果&TVh賞結果




皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は、土曜日に行われた2つのメインレース、

佐渡ステークスの予想結果と、

TVh賞の予想結果についてお伝えしたいと思います。

 

まずは、新潟競馬場で行われた、

佐渡ステークスの予想です。

 

<2017 佐渡ステークス予想 印&買い目>

◎ケンホファヴァルト

○マローブルー

▲ロイカバード

☆レッドルーファス

買い目・・・馬連ボックス各100円、計600円。

 

結果は・・・こちらです!

 

<2017 佐渡ステークス結果&払戻金>

 

はしくれ・・・完敗です!!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの本命・◎ケンホファヴァルトは6着・・・。

後方からの競馬を嫌って外したロッカフラベイビーが優勝しました。

なんとも噛み合わない予想となりましたが、

復習の為にもレースを振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・。

大方の予想通り、◎ケンホファヴァルトが行きました。

 

 

○マローブルーもすぐ後ろの競馬で、

思った通りのスタートを切ってくれました。

 

道中はかなりスローで、

1000m通過は1分をやや切るくらい。

高速馬場を考えれば、これはスローと言えます。

道中は大きな変動もなく、そのまま4角を迎えます・・・。

 

 

まだ◎ケンホファヴァルトが先頭ですね。

長い直線が控えていますから、ここで動く馬は居ません。

各馬追い出しのタイミングを見計らって、

直線勝負に入ります。

 

すると、思ったよりもあっさり前が交わされる展開に。

新潟は雨の影響も無く、いつも通りの差し競馬になりました。

こうなるとやはり上がりが速い馬が進出してきます。

実際、着順の1~3位は、上がりでも1→3→2位となっていますね。

これでは、はしくれの予想では太刀打ちできなかったのも頷けます。

 

 

内目の先行馬が陥落し、外差しの3頭で決着。

いつも通りの新潟でした。

 

今回の反省点は、スローペースは読めていましたが、

馬場の読みと、差し馬台頭の競馬になる展開が読めていなかった事です。

はしくれはこれまでも幾度も開幕馬場を読んできましたが、

新潟の高速馬場はこれしきの雨では影響されない事を痛感し、

且つ、上がりに速い脚が使える馬での決着も変わりませんでした。

 

粘り込みを狙う競馬はやはり簡単ではありませんね。

それに、内目がそんなに伸びる状況でもないようでした。

この点はまた開幕週で二の轍を踏まないよう気をつけねばなりません。

 





次に札幌で行われたTVh賞の結果に参りましょう。

はしくれの予想は、以下の通りでした。

 

<2017 TVh賞予想 印&買い目>

◎テオドール

○ジョルジュサンク

▲ヒーズインラブ

☆ゲッカコウ

買い目・・・馬連ボックス各100円、計600円。

 

結果はこちらです。

 

<2017 TVh賞結果&払戻金>

 

はしくれ・・・敗北です!

予想を参考にして下った皆さん、大変申し訳ございませんでした(><;)

 

こちらは新潟とは打って変わってハイペースになりましたが、

これも予期せぬ事態となったはしくれでした。

まずはスタートからレースを振り返っていきましょう。

 

 

まず、先頭に立つと思われた○ジョルジュサンクですが・・・。

なんと、逃げませんでした。

最内にコースを取った◎テオドールが、

ルメール騎手の判断で、

先手を主張する事になりました。

 

これまで脚を溜める形で連勝してきた同馬ですが、

ここではかなり形の違うレースを要求されました。

馬場が良かったので先手を主張する判断は間違いとは思いませんが、

馬の個性を考えると、かなり大胆な挑戦でした。

 

 

道中は◎テオドールが離して逃げる展開に。

付いて来たサトノアリシアが徐々に差を詰めてきます。

3番手のポジションでは、

仕掛のタイミングを図る馬群が一塊になっています。

 

 

前に行った2頭が懸命に粘りこみを図りますが、

最後は3番手の外を回った伏兵・ハッピーユニバンスが勝利

9ヶ月ぶりの勝利を、差して鮮やかに飾りました。

 

同馬の好走要因は、このハイペースと52kgのハンデ、

更に得意の休み明けなど条件が重なりましたが、

鞍上の蛯名騎手の好騎乗も光りました。

 

9ヶ月前の勝利時は、

新潟の魚沼特別を勝利していましたが、

この時の2着馬ロッカフラベイビーが佐渡ステークスを勝利し、

同馬がTVh賞を制して、

この魚沼特別は出世レースとなりました。

この点は覚えておくと役に立つかもしれません。

 

さて、TVh賞ではペースが読めず、

スロー予想での印の組み立てをした事が仇となりました。

これは競馬予想をしていれば良くある事ですが、

残念な結果です。

 

新潟でロッカフラベイビーを上位に取る事が出来ていたら・・・

そう思わせる敗戦でした。

今回も敗戦を糧に、次に進むしかありません。

 

さて、土曜日のはしくれは良いところがありませんでしたが、

皆さんはいかがでしたか。

今週も大川の予想では、小倉9Rの国東特別で三連単25万5740円を的中しています。

(*「大川の予想」に興味がおありでしたら こちら から。レビューは こちら から。)

このところ新潟や函館、関東でもぐずついた空模様ですが、

皆さんが元気良く過ごされていれば幸いです。

 

来週は今週のデータを元にまた新たに予想に取り組んで参りますので、

ぜひご覧下さいますよう、よろしくお願い致します。

 

それでは、今回はこの辺で。

ご精読ありがとうございました。

 

*勝利されたロッカフラベイビー及びハッピーユニバンスの関係者の方々、及び馬券的中者の皆様に、心よりお祝い申し上げます。誠におめでとうございました。

*8月1日に金沢で開催される重賞・MRO金賞の本命馬を最強競馬ブログランキングにて、門別で開催される重賞・ブリーダーズゴールドジュニアカップの本命馬を人気ブログランキングにて発表しています。こちらも是非、ご覧ください。




2017アイビスサマーダッシュ結果&クイーンステークス結果




皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は新潟競馬場でアイビスサマーダッシュが、

札幌競馬場でクイーンステークスが行われました。

 

双方共に盛り上がる一戦となりましたが、

その結果はいかに・・・

まずは新潟で行われたアイビスサマーダッシュの

はしくれの予想とレース結果をお伝えしたいと思います。

 

<2017 アイビスサマーダッシュ予想 印&買い目>

◎アクティブミノル

○フィドゥーシア

▲ネロ

☆レッドラウダ

買い目・・・馬連ボックス各100円、計600円。

 

<2017 アイビスサマーダッシュ結果&払戻金>

 

はしくれ・・・外れです!!

予想を参考にして下さった皆さん、大変申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの本命◎アクティブミノルは4着・・・。

かなり好走してくれましたが、及ばず。残念です。

早速復習をして、次回の競馬に繋げたいと思います。

それでは、参りましょう。

 

 

まず、スタートですが・・・。

大方の予想通り、

◎アクティブミノル、○フィドゥーシアが先頭に立ちます。

快速自慢のこの2頭が、後続を引っ張ります。

 

 

残り200m地点では、正直当たったかな?と思いましたが・・・

抜け出した○フィドゥーシアを目がけて、

後続各馬が襲い掛かります。

中でも末脚自慢のラインミーティアの追い込みが目を引きました。

 

 

息切れした先行各馬を外から追い込んだラインミーティア。

鮮やかな差し切りを決めて、優勝をもぎ取りました。

 

今回反省すべきは、展開です。

このラインミーティアですが、

ここ3戦で直線競馬を上がり1位か2位で通過、

前走と3走前は31秒台を計時していました。

 

今回も上がり最速の31秒6でゴール。

外目の枠だっただけに馬場が良く、

且つハナを叩いて行きたいアクティブミノルの存在もあって、

道中は一番馬場の良い大外枠を確保できたのも大きいです。

 

データ上、この上がり最速連発のパターンは、

無警戒は危険だったと悔やまれます。

同馬にとっては願っても無い展開で、

西田騎手も自信を持って乗れたと思います。

 

新潟は土曜日の状態から、馬場の見極めは出来ていました。

ただ、この展開が読みきれませんでした。

前目で競馬する馬に注意を傾けすぎた結果、

このような結果になったことを本当に残念に思っています。

この点は来年、更に注意していくべきでしょう。




次に、札幌で行われたクイーンステークスの、

予想と結果をお伝えしたいと思います。

 

<2017 クイーンステークス予想 印&買い目>

◎アドマイヤリード

○アエロリット

▲マキシマムドパリ

☆エテルナミノル

買い目・・・馬連ボックス各100円、計600円。

 

<2017 クイーンステークス結果&払戻金>

 

はしくれ・・・連敗です(++;)

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

まず、このレースのはしくれの感想は・・・

自分の予想力の無さを嘆く結果でした。

皆さん本当に申し訳ございません。

重ねてお詫び申し上げます。

 

はしくれの予想とは対照的に、

素晴らしいレースを見せてくれた○アエロリットの優勝を振り返り、

次に繋げて行きたいと思います。

 

 

まず、スタートですが・・・。

概ね揃った飛び出しとなり、きれいなスタートとなりました。

○アエロリットも◎アドマイヤリードも好スタート。

取り敢えずほっと胸を撫で下ろします。

 

道中ですが・・・。

ここで横山典弘騎手の真骨頂を見せ付けられます。

 

 

画像が小さくて申し訳ありませんが、

なんとアエロリットが、逃げました!!

それも後続をかなり離して・・・

これは中・長距離戦で、

横山騎手が得意とする戦法の一つで、

これを見たはしくれは、

アエロリットを本命に推せなかった事を心から後悔しました。

 

 

内目の芝の良いところを真っ直ぐに突き抜けて、

アエロリットが悠然とゴール。

2着にはマーメイドステークスで本命に推したトーセンビクトリー

3着はクインズミラーグロでした。

 

今回はしくれが反省したいのは、

この展開が読めなかった事です。

巻かれるのを嫌ってアエロリットを対抗にしましたが、

横山騎手ならこの戦法は十分有り得ました。

しかも、ペースはミドルで絶妙なレース運び。

52kgの斤量も存分に活かせました。

 

対して◎アドマイヤリードは自分の競馬はできましたが、

さすがにこの展開を大外からまくるとなると・・・。

中を割るには進出が遅すぎましたし、

結果的に今の脚質では厳しい戦いになりました。

 

今回のアエロリットの勝利は、

ノーザンファームのチーム力、

菊沢調教師と横山騎手の絆や、

このプラス体重も全て糧にしたアエロリットの成長力、

そういった一流のエネルギーの集合体が引き寄せた結果でした。

 

はしくれ自身がこのエネルギーと引き合わなかったことを、

とても寂しく思います。

 

長年競馬をやっていると、

なんでこんなミスをしたんだろう・・・

と悲しくなる事がありますが、

そもそもアエロリットの単勝馬券を買えなかった自分を、

恥ずかしく思います。

 

単勝は320円。

この配当なら十分、プラスが出せました。

他馬が狙って行けないような逃げを打った横山騎手、

そして、それに応えたアエロリット、見事でした。

 

さて、今回の敗戦で、はしくれは今週全敗、

4連敗を喫してしまいました。

回収率が当ブログ通算で100%を下回ったため、

来週からは何かしらの対応を取りたいと思います。

 

同じ事をやっていては、同じ結果が出るだけ。

これは思考の基本中の基本です。

皆さんのお役に立てますよう、より一層精進致したいと思います。

 

さて、はしくれは今週、お役にたてませんでしたが、

皆さんはいかがでしたか。

はしくれの予想を踏み台にして、

的中を重ねられていれば幸いです。

 

夏競馬はこれから本番を迎えますが、

台風の影響でぐずついた空模様です、

どうぞ、お体にはご自愛下さい。

 

これからも予想に全力を傾けていきますので、

どうぞご覧くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

*勝利されたラインミーティア及びアエロリットの関係者の方々、及び馬券的中者の皆様に、心よりお祝い申し上げます。誠におめでとうございました。

*回顧がお役に立ちましたら、最強競馬ブログランキング及び人気ブログランキングへの応援クリックをお願い致します。