マイルチャンピオンシップ2022結果・優勝はセリフォス

適性。

マイルばかりを8戦連続で使われてきた3歳セリフォスが、並み居る強豪馬を打ち破って勝利したマイルチャンピオンシップ。

ステルヴィオが制覇したとき以来4年ぶりの3歳馬優勝も、狙いすましたローテで走らせた陣営の判断の結果でした。

雨で良馬場も馬場の影響が直線に現れた感じですが、そんなマイルチャンピオンシップ2022の結果を回顧しましょう。

はしくれ

それではどうぞご覧ください

マイルチャンピオンシップ2022着順

優勝馬セリフォス

2着馬ダノンザキッド

3着馬ソダシ

マイルチャンピオンシップ2022予想結果

本命◎シュネルマイスター

対抗〇ソダシ

単穴▲ソウルラッシュ

買い目=単勝&ワイドボックス各100円、計600円

予想結果=不的中

マイルチャンピオンシップ2022予想・本命はシュネルマイスター

パドックロード配信結果

◎3着→▲4着→〇5着→☆11着でした。

パドックロード(2022)11月度会員募集&前月度実績

本命ソダシは3着でしたが…

のりしお

はしくれ

勝ち馬セリフォスが強かったね
早速馬体診断をしましょう

のりしお

はしくれ

うん

☆1着→〇2着→◎3着→▲5着
東スポ杯では本線を含む3着以内独占を達成

マイルチャンピオンシップ2022結果・馬体診断

優勝馬セリフォス

まず優勝馬セリフォスです。

同馬は前走時より上昇し、馬体がきっちり締まってきていて、毛ヅヤも良く、バランスも崩れずに馬場にも対応する仕上げでした。単純に幅が比較してみると他馬より薄いように見えましたが、これが悪くなく、あっさり外からごぼう抜きを決めた一戦でした。

スラッとして、体高があるような華奢さが残る仕上げにありますが、マイル自体、自在に立ち回れる胴の詰まった馬体をしています。付くべき箇所にしっかり肉がつき、美しい毛ヅヤも目を引いていて、切れ味増す、切れ長な胴体で脱帽という結果になりました。

2着馬ダノンザキッド

2着馬はダノンザキッドです。

同馬は前走時より上昇し、馬体の張りが上がっていましたが、何分いつも必ず見せているチャカツキが無く、これが懸念でした。ただ馬体は仕上がっていますから、どうしたものかと思ったのですが、長考するより他馬の観察に力を入れたいと考えました。

こういう思考は枷になりやすく相馬の純粋性に響くので、結果次第と踏んだところですが、見事2着に食い込んできました。エリザベス女王杯の一戦もジェラルディーナが落ち着いていたので、こうした変遷は良い方に出ることを加味しておこうと思います。

3着馬ソダシ

3着馬はソダシです。

同馬は相変わらずパドックでは神々しい仕上がりを見せていて、毛ヅヤ、バランス、幅、どれをとっても特筆できる仕上げにありました。前走より確実に上昇し、気性面も落ち着き払っていて、歩様もよく、本命に決めさせる要素を複数持つ仕上げでした。

やはり注目される馬ですからどんな時でもきれに見せますし、これが同馬の才能を引き出す要素になっているとも思います。管理する陣営の技術力と、ファンの期待が交差する馬体は、色の白さや物珍しさとは一線を画すものと言えましょう。

高次元な一戦となりました

のりしお

はしくれ

GⅠ戦はやはり特別だね

当レースでもご期待をくださり、誠にありがとうございました。人気・不人気に構わずとことん、選び抜いていきたいと思います

マイルチャンピオンシップ2022結果・回顧

レース動画

レース後の感想

今回は良馬場~稍重の想定で予想した結果ですが、思ったよりセリフォスが後方で、一気を決めたのは驚きでした。前目で粘るスタミナ必要な競馬はおそらく向いていないので、むしろこれまでが良く走っていた結果だったのではと思われます。

それを思えば本質を見抜いた藤岡騎手のセンスもありますし、こうした馬場や差しを得意とするレーン騎手もはまった感じでした。マイル以上を使ったことがない実績的に馬場を考慮しつつ、ギリギリ良馬場だったことによる予想の追いつかないレースでした。

まだまだ競馬が分かってませんね

のりしお

はしくれ

申し訳ございませんでした

騎手のコメント

1着D.レーン騎手・・・「以前日本でGⅠを勝利し、少し時間が経ってはいましたが、感覚が戻ってきました。日本が大好きなので非常に嬉しいです。セリフォスは前走でとてもいい勝ち方をしていましたし、追い切りも非常に良かったので、自信を持って乗ることが出来ました。理想より後ろの位置取りでしたし、どこまで動けるかと思いましたが、直線入ってから反応が素晴らしく、その点が良かったです。馬場の対応に関しては事前には考えていませんでした。海外に行っても通用すると思います

1着追分ファーム:井上朋哉氏・・・「関係者の皆様に感謝します。前走の富士ステークスも終いに懸ける競馬でしたし、スムーズであればこの馬の脚を使ってくれると信じていました。強力なメンバーですし、大外一気で差し切るのは難しいと思いましたが、差し切ってくれて嬉しいです。小さい頃から大きな怪我や病気もなく、父(ダイワメジャー)の産駒にしては細身な馬体だったのですが、それも良いと思っていました。色々な競馬場でこれからも頑張ってほしいです」

2着北村友一騎手・・・「このような舞台に調教にも乗せていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。狭い所から間を割ってよく伸びてくれました。勝てる手ごたえがありましたが、相手が強かったです

3着吉田隼人騎手・・・「状態は良かったです。ほぼイメージ通り進めました。マイルでは力を出せますし、精一杯よく頑張ってくれました。悔しいです」

5着C.ルメール騎手・・・「よく頑張ってくれましたが、馬場のせいか直線ではあまり伸びませんでした

外人騎手、今週も勝利です

のりしお

はしくれ

やはり難しい馬場が上手いね…

マイルチャンピオンシップ2022結果データ

勝ちタイム=1分32秒5(良)

前半800m通過=46秒6

ペース=スローペース(0秒7差:前後半1000m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=33秒0(最速)

レース上がり3ハロン=34秒0

4コーナー通過順位=13→9→4

クッション値(当日午前7時半)=9,3(標準)

おわりに

今回はリピーターの好走が目立つ傾向も加味したのですが、前年2番人気で2着したシュネルマイスターでは5着でした。代わりに3着と気を吐いていたダノンザキッドが2着入線と、このあたりはローテーションから来るリズムの差が出たように思います。

それと馬場ですが稍重に近い状態になった一戦ですから、これを読めた騎手、外を突けた馬、これが力を出せる結果でした。それを思えば3着のソダシは好位で唯一粘っていますし、阪神マイル適性の高さが直結した一戦となりました。

生粋のマイラーのレースですね

のりしお

はしくれ

得意が鍵になった一戦だね

パドックロード会員の皆様、ご声援ありがとうございました。温かいご声援に感謝して、配信に邁進して参ります。

はしくれ

来週も頑張ります
またお会いしましょう!

のりしお

4 COMMENTS

しがない学生

競馬というのは予想を乗っかると外れたときのダメージが少ないのだとわかりました
(真面目に予想して大外しした結果)

返信する
はしくれ

予想乗るのも楽しいですよね!僕もプロとして始めるまでには、誰かの予想に乗ったりしました。
マイルCSは僕も参りました。
真面目にやって外れたら…上達します!
次行きましょう、次。当てるぞ~^^

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です