ユニコーンステークス2022結果・優勝はペイシャエス

エス。

ユニコーンステークスの勝ち馬のペイシャエスの「エス」は父名にあたる、エスポワールシチーの「エス」から取り、名づけられて居る名前のようです。

希望を意味するこのエスポワール、父もまた強いダート馬でしたが、安定感ある走りを見せつけ、差し切った姿は圧巻でした。

東西両重賞は当日の荒れ模様を反映する決着、そんなユニコーンステークス2022の結果を回顧しましょう。

はしくれ

それではどうぞご覧ください

ユニコーンステークス2022着順

優勝馬ペイシャエス

2着馬セキフウ

3着馬バトルクライ

ユニコーンステークス2022予想結果

本命◎リメイク

対抗〇ジュタロウ

単穴▲インダストリア

買い目=単勝&複勝各100円、計600円

予想結果=不的中

ユニコーンステークス2022予想・本命はリメイク

パドックロード配信結果

◎6着→〇8着→☆13着→▲14着でした。

パドックロード(2022)6月度会員募集&前月度実績

東西両メインで撃沈です

のりしお

はしくれ

誠に申し訳ございませんでした
でも馬体診断はちゃんとやりましょう

のりしお

はしくれ

うん

◎1着→☆2着→▲8着→〇10着
注目の新馬戦はコメントを入れて配信しワンツー的中

ユニコーンステークス2022結果・馬体診断

優勝馬ペイシャエス

まず優勝馬ペイシャエスです。

同馬は前回とほぼ同様に緩いかなと思う仕上げでしたが、そんなことはなく優勝をさらい、衝撃を残した一戦でした。気温上昇で発汗も見られ、どうかなと思う仕上がりでしたが、特段良いと思う点が見えず、完全にノーマークの馬でした。

改めて見るとトモが張っていて、この部分で納得はできますが、やはりもう一つ選出するには何かが足りないような気がします。これについては自身に問題があると踏んで修正が必要で、今後の相馬も含めて課題が山積するパドックとなりました。

2着馬セキフウ

2着馬はセキフウです。

同馬は今回胴が細く見え、それを懸念して無印でしたが、トモの張りだけは好感が得られ、瞬発力は有ると思いました。とはいえこうしたダート馬はあまり活躍例が出ていないところで、既に重賞を勝ってはいますが、強気にはなれない仕上がりでした。

父ヘニーヒューズ産駒はこれまで数を見て来たこともあるのですが、腰の甘い馬も多く出ており、同馬にも同じ点を感じます。それにしても今回は連対で、しかも海外帰りの一戦と、「これくらいの方が良い」と感じる結果には驚いてしまいました。

3着馬バトルクライ

3着馬はバトルクライです。

同馬はヴァルツァーシャルと同厩で馬番も隣接していましたが、こちらの方が好きなタイプですし、3着も納得の仕上がりです。絞れた腹部、伸びやかな全体、選出可能性がありましたし、まだ筋肉が付きそうな体で、スタミナもあるタイプに思えます。

東京ダートマイルがどう出るか、この点が多少気になりましたが、最後も追い込んでこられたことは、絞れたこの腹部にもよりましょう。可動域の広い体型ですし、毛ヅヤもかなり良い方でしたから、坂も直線も苦にすることなく、味方に付けられたと思われます。

東西両重賞撃沈とは。何も来ないのも珍しいですが…

のりしお

はしくれ

この結果は記憶に刻みたい

当レースでもご期待をくださり、誠にありがとうございました。人気・不人気に構わずとことん、選び抜いていきたいと思います

ユニコーンステークス2022結果・回顧

レース動画

レース後の感想

今回はスランプの脱出後でまだ危ぶんで買っていきましたが、それを上回る敗戦を喫し、打ちのめされたレースになりました。これまで両重賞で4頭の選出全頭が来ない結果は、記憶にないところとなりましたし、終日修正できませんでした。

パドックもだめ、データでもだめでは自身打つ手なしの敗戦ですし、思わぬ以上のスランプにあると、受け止めなければならないようです。パドックロード会員様方に、特に心よりお詫び申し上げ、再起へ向けて復習することを、強化して参りたいと思います。

色々コテンパンにやられました

のりしお

はしくれ

未体験の難しい日だったよ…

騎手のコメント

1着菅原明良騎手・・・「スタミナがあって心臓の良い子なので、良く頑張ってくれたなと思います。千六は忙しかったので、今回は少し溜めることを考えました。狙った位置で進路を見つけて、自信を持って乗りました。勝ちはしっかり確信できました。スタミナがあって長くいい脚が使えるのが良いところです」

菅原騎手のおかげで、ひとつ相馬に光明が灯されました

のりしお

はしくれ

スタミナがあって心臓の良い子」これは超重要な発言だったね。東京ダートマイルはスピードと瞬発力を重視して見るから、ある意味真逆の適性を持ったタイプが上位に来たことになるね。3着バトルクライもそうだけど、スタミナと持続力タイプだから。なるほど相馬で獲れなかったのが、すごく納得できるものだった
逆に燃えるものを感じたようで…。やはり騎手の発言は重要

のりしお

はしくれ

明確にひとつ、謎が解けたよね

ユニコーンステークス2022結果データ

勝ちタイム=1分35秒2(良)

前半800m通過=46秒2

ペース=ハイペース(2秒8差:前後半800m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=36秒4

レース上がり3ハロン=36秒9

4角通過順=4→12→10番手

おわりに

今回は敗因がすぐ分からず、かなり悶々としたところですが、菅原騎手のコメントのおかげで、霧が晴れたような雰囲気でした。数字的にスタミナと持続力、その上で瞬発力が問われて、スタミナタイプの台頭が目立つ上位入線も分かるものでした。

東京ダートマイルはGⅠが行われる舞台になりますから、どうしてもスピード重視になって、予想してしまう頭になります。今回はデータ・パドックともどもそれにやられた結果と言えますし、原因が究明できた以上は、しっかりと狙いたいと思います。

データ面は修正ができますが…パドックはかなり難しそうです

のりしお

はしくれ

むしろこれは静観が吉と見た

パドックロード会員の皆様、ご声援ありがとうございました。温かいご声援に感謝して、配信に邁進して参ります。

はしくれ

来週も頑張ります
またお会いしましょう!

のりしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。