函館スプリントステークス2022予想・本命はナムラクレア

手放せない。

今回50kgの斤量なら恵まれているナムラクレアですが、鞍上の浜中騎手は通常、これほど軽量馬には乗りません。

騎手も減量は苦しいですからベストな状態かは疑問ですし、馬自体、古馬初対戦ですがそれでもスピードを買っていきます。

洋芝適性も十分にある3歳世代の注目馬ですが、函館スプリントステークス2022の予想を公開します。

はしくれ

ペースはミドルハイペースの予想
良~稍重での想定です

のりしお

函館スプリントステークス2022予想・印&買い目

本命◎ナムラクレア

対抗〇ビアンフェ

単穴▲ヴェントヴォ―チェ

買い目=単勝&複勝各100円、計600円

*エプソムカップ2022はエプソムカップ2022予想・本命はダーリントンホール

◎1着→▲2着→〇4着→☆6着

開幕新馬もきっちりワンツー!場所を問わない相馬眼予想は

函館スプリントステークス2022予想

本命◎ナムラクレア

本命◎はナムラクレアです。

同馬は今回ハンデ50kg、桜花賞3着の経由ですが、この桜花賞は2冠達成のスターズオンアースの勝利でした。総合力の高い勝ち馬から僅かコンマ1秒の差でしたが、画像の通り絞れた全体でパドックも上位の存在でした。

ややトモが高く瞬発力では秀でたものを感じる馬ですが、前回4番手から追走し、3着は収穫十分でした。函館の芝はややタフとはいえ近年は軽い開幕ですから、スピード兼備の同馬にとっては、非常に走りやすい芝生でしょう。

阪神ジュベナイルフィリーズ以外、常に馬券内の成績ですし、夏場も合う、牝馬らしい牝馬で無駄な肉もつかないと思います。騎手も浜中騎手が勝負に出てギリギリの斤量で臨みますし、勝負気配はかなり高いと見て、本命抜擢が相応しいです。

対抗〇ビアンフェ

対抗〇はビアンフェです。

同馬はナムラクレアと対象に大柄な古馬の重賞馬ですが、昨年このレースを制しており、適性面ではトップの馬です。ハンデが57kgと重たく、相対的に見て苦しいですが、ハンデ自体は背負い慣れたもので、パフォーマンスに支障はないでしょう。

要はどれだけ他馬との斤量が差になって出るかということですが、展開的には他に逃げ馬が居ないことは幸運とも言えます。枠はどこでも二の脚がつくので先手を譲るとは思えませんし、洋芝適性も加味するならば、外せない存在と言えるでしょう。

今回は締め切り時点オッズがどれだけつくか予想できませんが、ナムラクレアが軽量であるため、それなりに配当は割れそうです。藤岡騎手も前に行ってこその力を発揮するジョッキーなので、人馬ともに合うこの舞台からは、これ以下の評価にできないでしょう。

単穴▲ヴェントヴォ―チェ

単穴▲はヴェントヴォ―チェです。

同馬は現在5歳を迎えて重賞こそ未勝利でありますが、前走春雷ステークスを勝ち、オープン勝利を経験しました。その勝ちっぷりは強敵相手に3馬身差完勝というもので、画像の通り手綱を緩めてのゴールと底知れない感じでした。

単穴とはよく言ったものですが軽量重賞馬と昨年覇者、2頭の強敵に食らいつくなら、同馬が一番手と考えます。中山の坂で加速するほどのパワーを兼備したタイプですから、洋芝勝利経験も含めて、かなりの期待が持てることでしょう。

馬体も充実、好位から差せてきっちり伸び切れるタイプですから、ビアンフェが流す展開面にもしっかり乗って行けると思います。存在としては今後GⅠを狙って欲しい馬と言えますから、頭まであるという意識を持ち、馬券を買っておきたいところです。

函館スプリントステークス2022買い目

なんだかんだスランプ気味でもあり、基本に帰って押さえていきます。

単勝&複勝各100円、計600円と致します。

函館スプリントステークス2022当日のパドック予想

函館開幕週重賞です。最も注目している馬体は?

のりしお

はしくれ

巨漢でも動き素軽いビアンフェ!

函館スプリントステークス2022は6月12日(日曜日)、函館競馬場第11レース15時25分発走です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。