競馬小説「アーサーの奇跡」第49話 入場券

登場人物紹介

上山 匠(かみやま たくみ)

当物語の主人公。20歳。アーサーをきっかけに競馬を知る

上山 善男(かみやま よしお)

匠の父。53歳。上山写真館2代目当主。競馬歴33年

三条 結衣(さんじょう ゆい)

匠の憧れ。年齢不詳。佐賀競馬場でアーサーと出会う

福山 奏(ふくやま かなで)

匠の幼馴染。18歳。近所の名店「ブラン」の一人娘

競馬小説「アーサーの奇跡」登場人物紹介

前回までのあらすじ

 

青葉賞当日を迎えた朝、匠の写真館へ向かった結衣。

匠は結衣が来るまでの間に、善男から講義を受けるのでした…

競馬小説「アーサーの奇跡」第48話 青葉賞当日

競馬小説「アーサーの奇跡」第49話

第49話 入場券

 

「…あの、結衣さん」

合流してからすぐ、競馬場へ向かう匠だったが

「はい」

と言う結衣の明るい声に、言葉が繋がらず、うつむいていた。

 

「(この前は何か落ち込んでいたし、メールでもずっと聞けなかったけど、やっぱり直接会ってもなんだか、なんと言っていいか分からないよな…)」

匠は先日バイトのあと、結衣を駅まで見送って行ったが、回り道をした神社で突然、泣き出した結衣を思い出していた。

 

「あの、今日はそのー、バイトじゃないのに、わざわざおれの家まで来てくれて…。本当、ありがとうございました」

「はい…!お邪魔にならないといいですが…。わたしの方こそ助かります。女性が一人で見に来ているより、二人の方が不自然じゃないので…」

匠を気にする素振りもなく、あくまでそう微笑んでいる結衣に

「そんな、邪魔だなんてことは全然…。こちらこそ頼もしいくらいですよ。今日は結衣さんの相馬眼(そうまがん)からも、学ばせてもらえるんだと思って…」

「そんな…。この前は偶然です。あれから随分経っちゃいましたし。同じように行くかなんて全然、自分でも全く分からないです。それになんだか緊張しちゃいます…」

「あ、え~っと…そのー、はは…すみません…」

困った顔をした結衣を見つめて、匠が慌てて頭を下げると

「…でも、匠さんのお役に立つなら、ひと肌脱ぐつもりで頑張ります…!」

そう言って笑う結衣の表情に、匠は思わず耳を赤くした。

 

「(うん…。結衣さん、なんだかこの前より、ずっと調子も良くなったみたいだ。結局なんにもできなかったけど、あまり気にしない方がいいだろう…)」

結衣を府中駅に送ったその日、匠は何も声をかけられずに、結衣の後ろ姿を見つめながら、改札口まで見送って行った。

改札前で結衣は立ち止まると「ごめんなさい…」とうつむいて言ったが、匠がただ黙って首を振ると、結衣は「それじゃ、また…」とホームへ消えた。

 

「(結局何で泣いていたのかとか、全く何も分からないんだけど…。女心は難しいなあ…)」

思い返す匠の隣で

「あ…」

と結衣がポツリとつぶやくと、顔を真っ赤にしてうつむいていた。

 

「あの、結衣さん?何かあったんですか?」

すぐに気づいた匠が尋ねると

「あの、わたし…いまちょっと変なこと、言っちゃったような気がするんですが…」

結衣の言葉を聞いて匠は

「?」

と結衣をじっと見つめていた。

 

「―…。」

それから結衣の問いかけの真意を、匠が考えようとしていると

「あの、それより…。今日はアーサーに乗る、荒尾真凛さんも楽しみですね…!」

遮るように結衣が尋ねた。

 

「…そうですね!ついさっき父さんに、聞いたばっかりの話なんですが、怪我から復帰してもう10勝もしている騎手だっていうことでした」

考えていたことも忘れて、結衣の問いかけに匠が返すと

「わたしも少し調べてきましたが、お父様を亡くされた後とかで…。色々大変だったとかで…」

結衣の言葉に匠はぎゅっと、心臓が締め付けられる気がした。

 

「(ああこれは、ひと事じゃないからな…。何て言ってあげればいいだろ…)」

結衣を見つめたままで黙って、軽く頷いている匠を見て

「…すみません、匠さん。わたしったら…つい余計なおしゃべりしてしまって…。あの前にお話しした通り、そんなに気にしなくていいですから…」

結衣は困った顔は見せても、変わらずに雰囲気は明るかった。

 

「あの、はい…。その、何て言ったらいいか…。おれって上手く話せなくって…。いつもフォローしてもらっちゃって、なんだか本当に、申し訳ない…」

匠も少し困った顔で、視線を下げながら結衣に答えた。

 

「そんな、あの…気にしないで下さい。それよりせっかくのお天気ですし、今日は良い思い出にしたいですね。あ、でも、撮影のお邪魔だったら、その時はすぐに教えて下さい」

「絶対邪魔になんかなりませんよ。それより結衣さんが馬を選ぶの、おれが邪魔しないようにしたいです」

「そうですか。それじゃあ匠さんは、ずっとわたしのそばに居てください。そうしたら周り気になりませんし、ずっと集中できると思います」

結衣が何気なく言ったひとことに、匠の耳はまた赤くなったが

「(いやいやいや、「ずっと」って特別な意味があって言ったわけじゃないだろ…?おれは何を期待してるんだ…)」

軽く目を閉じた匠にふと

「あとそれから、場所離れたいときは遠慮なくすぐに教えて下さい。写真撮るために場所取りするのは、禁止って聞いたことありますから…。わたしそこで待っていますから、安心して行ってきて下さいね」

変わらず結衣は微笑んでいた。

 

「大丈夫です。場所を離れるのは、トイレに行くときくらいでしょうから…。それさえちゃんと済ませていれば、ずっと離れないで居れるはずです」

匠も気負わずそう答えていた。

 

「…」

今度は匠を見る結衣の顔が、不意に赤くなったところだったが、正門の入口が目に入った匠はそのことに気づかなかった。

 

「着きました!今日は父さんからの、入場券の施(ほどこ)しがあります。この回数券、8枚つづりでちょっとお得になってるんですって。普通は1枚二百円だけど、これ8枚つづりで千円とか。もう半分、使っちゃってますけど…」

匠が握る回数券は枠番と同じ色で塗装され、匠はそれを切り取ると1枚、結衣に手渡して話を続けた。

 

「結衣さんに、1番を渡しますね。今日はちょうど白い服を着てるし。白枠の1番がぴったりです。おれはえっと髪が黒いですから、黒枠の2番がぴったりですね」

回数券を受け取りながら

「ありがとうございます」

と言う結衣が

「…あの匠さん。でも髪の色なら、わたしだって同じ黒枠ですよ?」

くすっと笑ってそう答えた。

 

「そうですね…。まったくその通りで…。おれってアドリブが利かなくて…」

右手を頭の後ろにして、すまなさそうに目を細める匠の、背中を嬉しそうに見つめながら、結衣もその先へと続くのだった。

 

次回予告

 

東京競馬場の広大さに、改めて感嘆を上げる二人。

匠は嬉しい現実の中に、不安な気持ちを感じ取りますが…

 

次回競馬小説「アーサーの奇跡」第50話 お知り合いですか?

前回は:競馬小説「アーサーの奇跡」第48話 青葉賞当日

はじまりは:競馬小説「アーサーの奇跡」第1話 夏のひかり

*読むと、競馬がしたくなる。読んで体験する競馬予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。