安田記念2022予想・本命はシュネルマイスター

達人。

前回ドバイターフでは敗れた本命のシュネルマイスターですが、マイル3戦で1-1-1-0、全てGⅠという成績です。

ルメール騎手が中枠で競馬をすることも期待が持てるのですが、同騎手は4年連続上位の1-2-1-0の大車輪です。

距離短縮のローテでこれまでも2戦2連対と好調ですが、そんな安田記念2022の予想を早速公開します。

はしくれ

ペースはミドルハイペースの予想
良~稍重での想定です

のりしお

安田記念2022予想・印&買い目

本命◎シュネルマイスター

対抗〇イル―シヴパンサ―

単穴▲ファインルージュ

買い目=単勝各100円&ワイドボックス各100円、計600円

*鳴尾記念2022は鳴尾記念2022予想・本命はキングオブドラゴン

〇1着→◎2着→▲5着→☆14着

日本ダービー本線ワンツー!プロの相馬眼で混戦に断

安田記念2022予想

本命◎シュネルマイスター

本命◎はシュネルマイスターです。

同馬は前走ドバイターフから海外帰りでの挑戦ですが、間隔としては2014年、ジャスタウェイがこれで制しています。全成績でも4-2-1-0、馬券外は一度もありませんし、本命としては譲ることのない実績を認められる馬でしょう。

更にこのレースは近3年でリピーターが連続入着して、メンバー的にも資格を持つのは同馬ただ一頭の状況です。ルメール騎手が他馬よりもこちらを優先した事実から見てみても、かなり穴のない存在と言えるマイルが大得意な存在です。

今年は先導役がどういったレース運びになるか疑問ですが、おそらくペースはそう速くはなく、馬場もパンパンの良じゃないでしょう。スタミナ・瞬発力の両面が問われる一戦に思えますから、距離短縮で挑める同馬には追い風になることと思われます。

対抗〇イル―シヴパンサ―

対抗〇はイル―シヴパンサ―です。

同馬は前走東京新聞杯優勝からの参戦ですが、このローテからは過去10年では馬券圏内ゼロの成績です。しかし同馬は近走充実し4連勝を飾っているうえに、時計的な中身も濃い競馬で、東京マイルが得意な馬です。

特に昨年の1勝クラスを1分32秒0で勝ち、田辺騎手が手綱を取ってからは4戦無敗という成績です。Cコースも2週目となりますが同騎手は先週のダービーでも、アスクビクターモアで3着して、馬場読みもしっかりとできています。

◎1着→☆2着→〇4着→▲12着

また前走パドックでは本命抜擢まで果たした同馬ですが、当ブログでは予想時に無印、パドック一転の本命でした(東京新聞杯2022結果&馬体診断・優勝はイル―シヴパンサ―)。それくらい充実が著しい近況の同馬にもなりますから、例年と違う結果を残せる下地は十分あると思います。

単穴▲ファインルージュ

単穴▲はファインルージュです。

同馬は前走壁がありながらしっかり2着を確保するなどの、スピード競馬で結果を残せる馬格もしっかりとした牝馬です。前走ヴィクトリアマイルからでは4年連続連対が出ており、ローテーションから見ても同馬には期するところが大きいものでしょう。

東京マイルも2戦2連対、馬券圏外も一度だけですし、桜花賞の超速決着での反動のあるオークスだけでした。馬体も常に高次元な馬で何かと印のつく馬ですから、前走の反動は懸念ですが、楽しみも大きいことと言えます。

今回は鞍上交替となりルメール騎手から武豊騎手へ、バトンが渡される形でしたが、先週ダービーを勝った騎手です。運と実力双方が重なる大ベテランの騎乗となりますし、大崩れのない成績ですから、ここでも好走が狙えるでしょう。

安田記念2022買い目

今回は予想印を絞って、単勝・ワイドで狙っていきます。

単勝各100円&ワイドボックス各100円、計600円と致します。

安田記念2022当日のパドック予想

東京GⅠ5連戦ラスト。最も注目している馬体は?

のりしお

はしくれ

本命に推したシュネルマイスター!

安田記念2022は6月5日(日曜日)、東京競馬場第11レース15時40分発走です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。