競馬小説「アーサーの奇跡」第40話 ライバル

登場人物紹介

上山 匠(かみやま たくみ)

当物語の主人公。20歳。アーサーをきっかけに競馬を知る

上山 善男(かみやま よしお)

匠の父。53歳。上山写真館2代目当主。競馬歴33年

三条 結衣(さんじょう ゆい)

匠の憧れ。年齢不詳。佐賀競馬場でアーサーと出会う

福山 奏(ふくやま かなで)

匠の幼馴染。18歳。近所の名店「ブラン」の一人娘

競馬小説「アーサーの奇跡」登場人物紹介

前回までのあらすじ

 

弥生賞に出るビッグツリーとの、人気の差に圧倒される匠。

いつもとは違う雰囲気の中で、スターターの旗が振られましたが…

競馬小説「アーサーの奇跡」第39話 人気の差

競馬小説「アーサーの奇跡」第40話

第40話 ライバル

 

「―どうぞ、こちらへ」

匠が抜けた穴を埋めるためにアシスタントをする結衣であったが、善男の的確な指示も伴い、順調に撮影をこなしていた。

三月は就職活動用の証明写真撮影が増えるが、次々に来るお客を捌いては、レフ板を傾ける結衣であった。

 

「(その位置で)」

アイコンタクトをした、善男の意思をしっかり読み取って、結衣がレフ板を傾けていると次々にシャッターが切られていく。

成人式の撮影と違ってカメラもデジタルカメラであったが、軽快なシャッター音の最中(さなか)で、結衣は休憩を思い出していた。

 

「―ああ結衣さん!良かった、お会いできて」

回想の中の奏と目が合う。

 

「―あれ匠ちゃん、今日は一緒じゃない?」

奏は結衣にそう問いかけていた。

 

休憩時間、結衣はパンを買いに、一人ブランへ足を運んでいた。

日曜のブランならば昼時は本来混み合う時間であったが、この日は店内に人も少なく、結衣はゆっくりパンを選んでいた。

 

「いらっしゃいませー!」

元気な声で奏が店内に挨拶すると、結衣はその声を聞いて振り返り、奏の目を見てすぐにお辞儀した。

 

「結衣さん!」

奏もすぐに気がついて、驚いたように目を丸くしたが、先客がトレーを運んでくると、そのまま接客に入るのだった。

 

「650円頂戴します」

奏が会計を読み上げている。

結衣は微笑むと棚に向き直り、ゆっくりとパンを選んでいったが、店内が空いたタイミングを見て、レジの上にそっとトレーを置いた。

 

「―ああ結衣さん!良かった、お会いできて」

待ち詫びたように奏が見つめる。

 

「あれ匠ちゃん、今日は一緒じゃない?」

結衣の隣を見て奏が言った。

 

「はい。今日は写真撮影に行って、わたしが代わりに入っているので…」

結衣が奏にそう答えると

「そうなの!?それじゃあ丁度良かったわ!結衣さん、このあいだはごめんなさい…。あのほら、唇をやけどしたやつ…」

奏は初詣の最中に慌てて甘酒を口に運んで、結衣に心配をかけていたことを改めてその場で謝っていた。

 

「そんな…わたしの方こそあのとき、お邪魔をしてしまったかと思って…。それに唇やけどしたのも、わたしが甘酒を断ったから…」

結衣はそう言って下を向くと、袋に詰められるパンを見ていた。

 

「…うん。結衣さんて、やっぱり素敵ねえ…。あの匠ちゃんが惚れるわけだわあ…。わたしだって男だったらね…」

真っすぐに結衣を見た奏が、感心するような口調で言った。

 

「え…?」

奏の意外なひと言を聞いて、頬を赤らめていた結衣だったが

「でもわたしも、匠ちゃんが好きなの…」

その一言でピタと止まった。

 

「わたしね…この町に来た時には、小学校に入る前だったし、その頃の記憶は薄いんだけど、匠ちゃんのことはよく覚えてて。お兄ちゃんで、学校に行くときはいつも一緒に登校してくれて。親が匠ちゃんのおじちゃんと、おばちゃんにお願いしたんだけどね…」

奏はパンを作る向こうの工房にチラと目を馳せて言った。

 

「匠ちゃん、卒業していくまではずっとわたしと登校してくれて。男子に冷やかされたりしても、全然、嫌な顔ひとつしないで。中学も一年だけだけど、一緒に通っていた時期もあって…。わたしも兄弟がいないから、お兄ちゃんみたいに思ってたけど…結衣さんのおかげで分かったの」

「…」

結衣は奏の話を聞きながら、ただ黙って見つめるしかなかった。

 

「でもね、誤解しないでほしいから…。わたし結衣さんのことも好きよ。良い人だなってそう思ったから、本当のことを言わなくっちゃって…。これは匠ちゃんには内緒ね…?」

そう言ってパンを詰め終わると、おまけのビスケットを中に入れた。

 

「正々堂々、勝負をしたいの。結衣さんにはかなわないだろうけど…」

結衣は

「…はい…」

としか言えなかった。

 

「ありがとうございましたー!」

と言った、奏の声が結衣の耳に響く。

結衣はそれをふと思い出しながら、手に持ったレフ板を見つめていた。

 

「…ちゃん、結衣ちゃん!どうしたの、大丈夫!?」

気がつくと固まった結衣を見つめ、善男が慌てて声をかけている。

撮影の椅子に座ったお客も、きょとんと結衣の方を見つめていた。

結衣は

「すみません!大丈夫です、わたし…。お父様…大丈夫ですから…」

目を丸くして善男に言った。

 

「…いや、そうかい?大丈夫ならいいが…。ちょっと右、影、飛ばしてくれる?」

善男の声に頬を赤らめ、慌ててレフ板を動かす結衣は

「(いけない)」

と気を取り直しながらも、まだどこか少しぼんやりしていた。

 

「(匠さん、アーサー、撮れていますか…?)」

決着はついた頃であった。

 

次回予告

 

奏の突然の告白により、動揺が隠しきれなかった結衣。

一方いつも通りのアーサーに、勝利を確信する匠ですが…

 

次回:競馬小説「アーサーの奇跡」第41話 大樹

前回は:競馬小説「アーサーの奇跡」第39話 人気の差

はじまりは:競馬小説「アーサーの奇跡」第1話 夏のひかり

 

*読むと、競馬がしたくなる。読んで体験する競馬予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。