競馬小説「アーサーの奇跡」第30話 別れ際

前回までのあらすじ

 

結衣の父が他界していると知り、謝る匠と落ち着かせる結衣。

飲食代の会計を巡って、不意に距離を縮める二人でした。

競馬小説「アーサーの奇跡」第29話 喫茶店にて

競馬小説「アーサーの奇跡」第30話

第30話 別れ際

 

穏やかな空気に戻ったあとは、会計を済ませホームへ向かうと、二人は混んだ電車を見送って次発の電車に腰を掛けていた。

 

会社帰りの人たちが大勢、発車間際まで乗り込んでくると、ドアが閉まって晩秋の冷たい夜の空気も遮られていった。

 

「あの、結衣さん。どこで降りるんですか?」

匠が小さな声でつぶやくと

「…登戸です」

匠の声量に合わせて小さく答えを返した。

 

それから二人はただ黙ったまま一駅一駅停車していくと

―次は宿河原~―

のアナウンスで

「次ですね…」

と匠がつぶやいた。

 

「…今日は凄く楽しかったです、わたし…」

結衣がうつむきながら話すと

「おれもです、ありがとうございました…」

匠もうつむきながら言った。

 

「それから、わたしが声をかけたのに、お食事もご馳走していただいて。素敵な喫茶店に入れたのも、凄くいい思い出になりそうです」

「全部、アーサーがくれたものですよ。本当に不思議な馬ですよね…」

結衣も匠もコクリと頷いた。

 

―間もなくー、登戸~登戸~。小田急線は~お乗り換えです~―

 

ポイントに差し掛かった電車から揺れが伝わって肩が触れ合うと、うつむいた結衣の甘い香りから、別れ際の気配が感じられた。

 

匠は

「(年明けにまた会えるさ…)」

自分に言い聞かせるようにし、数時間の温もりが消えていく寂しさを紛らせようとしていた。

 

登戸に着くと結衣は席を立ち

「ありがとうございました」

と伝えて、一礼すると前の人に続き、冷え切ったホームへと降りて行った。

 

匠は

「こちらこそ」

と結衣に告げ、同じように一礼して見せると、今度は結衣の掛けていた座席へ詰めて空いた車内を眺めていた。

 

「…」

結衣の座っていた座席にふわり、甘い香りがまだ留まっている。

匠はその香りに言い知れない切なさをただ一人感じていた。

 

「―。」

 

電車が発車し結衣が降車したホームを匠が不意に振り返る。

するとそこにはベンチの横に立つ結衣の姿が目に飛び込んできた。

 

「(結衣さん!)」

匠が目を丸くして見つめると、結衣は匠に小さく手を振って、目を細めながら慈しむように、過ぎていく車窓を見送っていた。

 

あっという間にホームが遠ざかり車窓の景色も流れ去っていく。

レールを削るかん高い車輪の音だけが暗闇に響いていた―

 

次回予告

 

競馬小説「アーサーの奇跡」2歳編は完結致しました。

ご声援ありがとうございます!

 

次回:競馬小説「アーサーの奇跡」登場人物紹介

前回は:競馬小説「アーサーの奇跡」第29話 喫茶店にて

はじまりは:競馬小説「アーサーの奇跡」第1話 夏のひかり

 

*読むと、競馬がしたくなる。読んで体験する競馬予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。