競馬小説「アーサーの奇跡」第29話 喫茶店にて

前回までのあらすじ

 

少しづつ心の距離を縮めて、川崎駅へ向かう匠と結衣。

混雑した電車を避けるために、喫茶店で過ごすことにしますが…

競馬小説「アーサーの奇跡」第28話 帰り道

競馬小説「アーサーの奇跡」第29話

第29話 喫茶店にて

 

「(え~っと、まあ、コーヒーで良いかな…)」

匠がメニューに視線を落とすと、1分も経たないうちにパタンと表紙を閉じて結衣に声をかけた。

 

「ええっと…おれ、コーヒー頼みますが、結衣さんも好きに選んでください」

さっとメニューを手渡した匠に

「はい」

と結衣が小さく頷いた。

 

結衣は受け取るとメニューを開いて順番にページをめくっていって、何か小説でも読むような眼でゆっくりと視線を移していった。

 

「(結衣さん、メニュー見るの好きなのかな?)」

匠はそれを尋ねようとしたが、邪魔するのも悪いように感じて、ただ何も聞かず、黙ってその場で店内を何気なく眺めていた。

 

「(そう言えば結衣さん、おれに焼きそば半分くれたからお腹空いてる?)」

デート経験がない匠はふと、女性がどのように考えるのか、全く分からないまま向き合った自分に改めて驚いていた。

 

「(そう言えば奏(かなで)のヤツに何度か捉まってお茶したことはあるけど、あいついつも遠慮なく食べてたし、結衣さんもお腹空いてるだろうな。こんなことしてて夢みたいだけど、自分でもよく店に入ったよね…)」

見るものがなくなって今度は不意に結衣との視線が重なると

「決めました」

と匠に微笑んだ結衣の頬が少し赤らんでいた。

 

「(結衣さん、凄く肌が白いからな…。外、寒かったから赤くなってる)」

結衣の声に匠が頷きつつ、奥の店員が視線に入ると、アイコンタクトで店員がすぐに注文を取りに歩み寄ってきた。

 

「コーヒーと…ミックスサンド。それから結衣さんは何にしますか?」

「はい、ダージリンティーをひとつ…」

店員が注文を繰り返すと、再び静かな時間に戻った。

 

「匠さん、意外と食べるんですね」

静けさのなかで結衣が言うと

「はい、もし良かったら結衣さんもって…」

尋ねるように匠が言った。

 

結衣は匠に目を細めると、少しだけ視線を下に落として

「わたしも南武線で帰るんです」

先の質問にそう返答した。

 

「え?じゃあ同じ電車じゃないですか。驚きました、まさか一緒なんて」

「はい。でも途中の駅で乗り換えて、そこからまた少しあるんですけど…」

「おれは府中本町ですから、そのままずっと座っていけますが…。でも途中までは一緒ですね」

匠は自然と話していた。

 

「…それで、あまり遅くならないうちに電車に乗ろうとは思うんですが、こういう時って送るべきなのか、そういうのがおれ、よく分からなくて…結衣さんと会ってまだ2度目で、何言ってるんだとは思いますが…」

「平気です、一人で帰れます。それにお父様にも悪いですし…。でもせっかく良いお店ですし、時間まではゆっくりしたいですが…」

結衣の頬は赤いままだった。

 

「そうですね。入ったばかりだし…それに外も寒かったですし。温まってから電車乗りましょう」

結衣を見つめて匠が言った。

 

そのうち店員が注文された品物を粛々と運んできて、お手拭きを置くと、ゆっくり奥へとまた立ち去って静けさが戻った。

 

「あの、結衣さん。おれの分はこれだけあれば十分満腹になるので、良ければおれを助けると思って、焼きそばの代わりに食べて下さい」

匠は盛り付けられたサンドイッチの皿を二人の間に置くと、二つほど自分の側に取り分け、あとの四つを残してそう言った。

 

「あの…はい。本当に良いんですか?」

結衣が尋ねると匠は頷き、結衣は微笑んでそれを手に取ると、ひとつずつゆっくりと食べていった。

 

そんな結衣を見て匠は不思議と気持ちが和らぐのを感じながら

「そう言えば結衣さんのお父さんて、どんな感じのお父さんなんです?」

食事の話題、とそう話しかけた。

 

「わたし…父は他界しているんです」

匠にとっては無難な話題と、何気なく聞いただけだったのだが、結衣は少し視線を下げて答え、匠は軽率だったと思った。

 

そしてすかさず

「すみませんでした、せっかく楽しく食事してたのに…」

顔をしかめて頭を下げた。

 

「あの、そんな気にしないでください。その…父はわたしが小さい頃、病気で亡くなってしまったんです。だから全然記憶にもなくって」

結衣がなだめるように答えた。

 

「そうでしたか、ほんとにごめんなさい…」

匠は結衣を見られなかった。

 

「(そうか、だから小倉競馬場では、懐かしそうな顔をしていたのか…)」

匠は小倉競馬場での結衣の視線のことを思い出して、善男と匠を懐かしむような視線の意味が分かる気がしていた。

 

「…こういうときは大体こうやって、申し訳ない感じになるんです。でもわたし全然気にしませんし、匠さんだって悪気はないのに」

匠を責めるどころかかばおうと、心配そうに声をかける結衣に

「おれなんかさっき店継ぐこととか、自信がないとかぼやいてしまって…。父さんから電話来た時も、結衣さんにすぐ替わってもらったり…なんだかまるで子どもみたいで」

嘲(あざけ)るように匠が言った。

 

「…。」

結衣は匠にどう声をかけたら良いのかという雰囲気に変わって、静かに紅茶を飲んで落ち着くと、匠を見てゆっくりと切り出した。

 

「…匠さん、お父様は好きですか?」

「…照れくさいけど、嫌いではないです」

「わたしも父が嫌いではないです。知らないのに変だと思いますが…」

結衣が視線を落として言った。

 

「(…ああ、結衣さんはおれより全然、自分と向き合ってきたんだろうな…)」

匠は事実を直感した。

 

それから結衣はひとつずつ静かにサンドイッチを味わうと時折、紅茶に手を伸ばし、カップを置くと、テーブルを見つめながら切り出した。

 

「…小さい頃はなぜ父がいないか、みんなと違うことが不思議でした。でも段々大きくなってくると、色んな人がいるんだと分かって…。父が嫌いではないだけでも、少しは幸せかなって思って。やっぱり変かもしれませんが…」

結衣が話すとすぐに匠が

「変じゃないです」

「?」

「結衣さんは全然変じゃないです…!」

真っすぐに結衣を見て答えた。

 

その言葉を受け取って微笑むと、結衣は

「ごちそうさまでした」

と言って、小さく手を合わせると伝票に手を伸ばして自分の前に置いた。

 

「さっきは結局焼きそばの分を匠さんに払ってもらったので、今度はわたしに任せてください」

そう言うと財布を取り出していた。

 

「あ、いや。その何かおれにもひとつ、男らしいことをさせてください」

匠が伝票を取ろうとすると

「支払いに男女なんてありません」

結衣がすかさず伝票を押さえた。

 

「(困ったな、これ。おれが悪いのに…)」

どうにかして結衣に払わせまいと必死に考える匠だったが、かえって何も浮かんでこないため

「(こうなったら!)」

とその手を伸ばした。

 

伝票を押さえてじっとしている結衣の手に匠は手を重ねると

「メリークリスマス!」

声を上げながら真剣な顔で瞳を見つめた。

 

突然のことに結衣が驚くと

「えっと、その、ちょっと早いプレゼント…。サンタクミロースがご馳走しまーす…!」

やぶれかぶれに続けて言った。

 

結衣は驚いて目を丸くしたが、段々と顔が赤らんでくると、押さえた手の力も抜けていって、匠は伝票を手に取っていた。

 

「…匠さん、ダジャレのセンスないです…」

結衣がつぶやくように話すと

「自分でも分かってます、お許しを…」

伝票をポケットにしまった。

 

「それに今、わたしに触れましたよね…」

結衣の言葉を聞いて匠は

「ごめんなさい、つい勢いまかせに…」

肝を冷やして頭を下げた。

 

そんな匠に、結衣は重ねた手をもうひとつの手の中にしまい

「でもいいです…。だってさっき触れたの、サンタクミロースさんなんですから…」

真っ赤になってうつむいていた。

 

次回予告

 

穏やかな雰囲気を取り戻して、電車で帰路についた匠と結衣。

別れ際のホームで振り返った、匠の目に飛び込んできたものは…

 

次回:競馬小説「アーサーの奇跡」第30話 別れ際

前回は:競馬小説「アーサーの奇跡」第28話 帰り道

はじまりは:競馬小説「アーサーの奇跡」第1話 夏のひかり

 

*読むと、競馬がしたくなる。読んで体験する競馬予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。