京都金杯2022結果&馬体診断・優勝はザダル

中京戦。

京都金杯は昨年に続き中京が舞台の一戦ですが、ここを勝ったのは東京巧者のザダルという結末になりました。

昨年のケイデンスコールからもこの結果は想像できましたが、いかんせん当該コース重視が裏目に出た京都金杯でした。

前半が速く地力が問われる展開となった今回でしたが、そんな京都金杯2022の結果を回顧していきましょう。

はしくれ

それではどうぞご覧ください

京都金杯2022着順

優勝馬ザダル

2着馬ダイワキャグニー

3着馬カイザーミノル

京都金杯2022予想結果

本命◎エアロロノア

対抗〇シュリ

単穴▲バスラットレオン

特注☆ルークズネスト

買い目=ワイドボックス各100円、計600円

予想結果=不的中

京都金杯2022予想・本命はエアロロノア

パドックロード配信結果

〇4着→◎6着→☆8着→▲10着でした。

パドックロード(2022)1月度会員募集&前月度実績

これはひどい結果になりました

のりしお

はしくれ

申し訳ございませんでした
2番人気ダイアトニックの対抗評価は良かったのですが…

のりしお

はしくれ

当たらなければ意味がないからねえ…
しっかり診断をお願いします

のりしお

はしくれ

うん。ここも復習をちゃんとしよう

▲1着→〇3着→☆5着→◎6着

年明けの中山金杯からは馬券圏内の2頭を選出

京都金杯2022結果・馬体診断

優勝馬ザダル

まず優勝馬ザダルです。

同馬は今回仕上がりも良くて好走も納得のところですが、久々もまるで苦にしないもので、レベルの高さを見せてくれました。京都金杯は馬の仕上がりが良い馬が非常に多かったので、慎重に選んだところでしたが、力及ばず無念なところです。

同馬は冬場でも毛ヅヤが冴えて、バランスよく、落ち着いていましたし、無駄な肉もなく久々としても割引材料はない馬でした。単純に他馬が良く見えたために選出外となったものでしたが、ハンデ57,5kgを背負い、突き抜けた脚には驚嘆でした。

2着馬ダイワキャグニー

2着馬はダイワキャグニーです。

同馬は馬体を良く見せていても、ムラがあり狙いづらい馬ですが、今回もやはり仕上がりは良くて、悩みながら非選出としました。ただ良い時の毛ヅヤを見せていてかなりの好調と思いましたし、バランスも全く崩れないので衰えは感じない全体です。

この馬はサウスポーで全体も胴が長く持久力があるので、流れに乗れれば非常にしぶといタイプであることが見て分かります。ステルヴィオと迷うところでしたがトモの目立つ後者を取ったために、非選出となった仕上がりですが、今後も期待できる馬体でしょう。

3着馬カイザーミノル

3着馬はカイザーミノルです。

同馬は人気馬の中で一番、目立たない仕上げに見えたのですが、好位からしっかり脚を使って伸びた走りは脱帽ものでした。まだ緩く増減はなしでしたが仕上がりはまだ先と見えましたし、それでもこうして3着ですから相当地力がある存在です。

昨秋毎日王冠の際も強敵相手に好走していて、いつも馬体は目立たないながらも、着実に上位に走ってきます。筋肉が柔らかくまだ若さを感じられるほどの質感なので、これから益々活躍していく可能性を感じる仕上げでした。

高難度なパドックとなりました

のりしお

はしくれ

誠に申し訳ございませんでした

当レースでもご期待をくださり、誠にありがとうございました。人気・不人気に構わずとことん、選び抜いていきたいと思います

京都金杯2022結果・回顧

レース動画

レース後の感想

今回はバスラットレオンが行き前としては速い流れでしたが、2番手以降の馬たちにとって、そこまで速くはありませんでした。内側の芝が少し荒れ気味でスタミナが要求されていたので、上手くロスなく回った馬たちが上位に食い込んだ一戦でした。

また上位馬が3頭押しなべて東京を使っていることからも、このレースのローテーションとしてはポイントになっていたと思います。時計は出る馬場もややタフであり、冬場らしい状態であることで、中距離向きの馬が躍動した一戦だったと考えています。

馬場読みが良くない結果だったと

のりしお

はしくれ

この差が結果を左右するから

騎手のコメント

1着松山弘平騎手・・・「思っていたよりは後ろでしたが、持ち味の切れ味を引き出そうと、溜めて良い脚を見せてくれました。金杯を勝てて嬉しいです」

松山騎手は現在4勝で全国リーディングのトップですね

のりしお

はしくれ

芝もダートも上手い騎手だからね

京都金杯2022結果データ

勝ちタイム=1分32秒9(良)

前半800m通過=46秒1

ペース=ハイペース(0秒7差:前後半800m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=34秒2(最速)

レース上がり3ハロン=35秒1

4角通過順=12→2→4番手

クッション値(AM7時)=10,2(やや硬め)

おわりに

今回は速い時計が出ながら馬場はタフという状況の中で、きちんと末脚を溜められていたザダルが瞬発力を見せました。東京を使って臨むローテが理想的なことが分かりましたが、京都の改修工事が終わると金杯はまた元に戻るでしょう。

経験としてはこういう馬場でのレースになりそうな状況の際、今回の結果が思い出せるか、それが今後のカギになりそうです。予想家としては全てのレースを当てたいのは言うまでもないことで、こうした事象も記憶にとどめて引き出しを増やしたいと思います。

またパドックロード会員の皆様、ご声援ありがとうございました。本年も誠心誠意予想し、配信に邁進して参ります。

はしくれ

本日もありがとうございました
またお会いしましょう

のりしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です