東京スポーツ杯2歳ステークス2021予想・本命はレッドベルアーム

血統。

強い競走馬を生み出すために必要とされる血の力ですが、今回本命に推したレッドベルアームの兄は2頭重賞馬。

昨年デイリー杯の優勝で兄弟制覇を達成している、レコードタイムの記録馬でもあるレッドベルオーブを兄に持ちます。

レッドベルジュールに続く3兄弟での重賞制覇を目論む、東京スポーツ杯2歳ステークス2021を予想します。

はしくれ

道中はスローペースを想定
馬場はCコースに変更ですね

のりしお

東京スポーツ杯2歳ステークス2021予想・印&買い目

本命◎レッドベルアーム

対抗〇テンダンス

単穴▲ダンテスヴュー

買い目=単勝各100円、ワイドボックス各100円、計600円。

*マイルチャンピオンシップの無料予想はマイルチャンピオンシップ2021予想・本命はグランアレグリア

◎1着→▲3着→☆7着→〇11着

先週土曜武蔵野ステークスは本命3番人気1着

東京スポーツ杯2歳ステークス2021予想

本命◎レッドベルアーム

本命◎はレッドベルアームです。

同馬は血統的にも2歳の重賞で期待がかけられますが、その兄はデイリー杯優勝馬レッドベルジュール&オーブです。この2頭がマイラー適性から先述重賞を勝っていますが、同馬はデビューから千八戦を選んで使われた意味を推します。

本来であればこの血統からマイルデビューでマイル重賞へと、プランを描くこともできたはずで、むしろそれが常道と言えました。敢えてそれを避けるように選んだ中距離戦への挑戦ですから、藤原調教師の腕を知れば無視できない選択と言えましょう。

今年のダービー馬シャフリヤールも手掛けた辣腕調教師ですし、何よりこのレースの出走馬はダービーとも深い縁があります。兄弟の戦績を考えればデビューから中距離で下ろしたのも、既にここを睨んでのことと見て勝負気配と踏んで本命です。

対抗〇テンダンス

対抗〇はテンダンスです。

同馬は新馬戦から中距離の2000mを使われましたが、この時は直線内に入った馬が逃避したなか2着でした。同馬は気にせず前を向いたまま走っていたようにも見えましたが、かなり激しいクラッシュであるため、影響もなかったとは言えません。

このあと前走の未勝利戦をあっさり抜け出して勝っていますし、そのタイムも1分46秒9と十分な走破でした。距離短縮と右回りによって前進の可能性もありますが、後続との差が4馬身もあり、独り舞台といったレースでした。

仕掛けのタイミングからも今回先行して一脚使いそうで、他馬より先んじて抜け出すならば良い試走になった感があります。枠も絶好の2番枠ですしCコース替わりも有利ですから、今年青葉賞勝ちの和田騎手と東京も捌いてくれるはずです。

単穴▲ダンテスヴュー

単穴▲はダンテスヴューです。

同馬は新馬戦で新潟から千八を選んで走りましたが、稍重馬場のなか2着に敗れ、次走未勝利戦優勝でした。新馬で福永騎手が乗るとおり期待の高さがうかがえましたが、この時は後方からの競馬も展開が不向きな状況でした。

それでも上り最速を駆使して33秒1としましたし、稍重馬場のダメージも感じず次走勝ち上がったのは強いです。牡馬にしてはあまり大きくはない450kg台の馬体も、ふっくらとした筋肉を保持して数字以上に厚みを感じます。

毛ヅヤもふわふわでスピード的に見劣るタイプとは思えませんし、何より今回は未勝利勝ちの川田騎手の騎乗も好感です。アメリカで大仕事を成し遂げた騎手を待っていた感もありますし、2年連続の連対騎手なら警戒は怠れないところです。

東京スポーツ杯2歳ステークス2021買い目

当レースはバランスを重視して単勝・ワイドで狙っていきます。

単勝各100円、ワイドボックス各100円、計600円と致します。

東京スポーツ杯2歳ステークス2021当日のパドック予想

はしくれさんは3週連続で重賞本命馬が優勝です

のりしお

◎1着→▲2着→☆6着→〇12着

◎1着→☆3着→▲6着→〇8着

◎1着→▲3着→☆7着→〇11着

はしくれ

先週は4重賞あったから、一つでも勝ててホッとしている
期待する馬体の馬はいますか?

のりしお

はしくれ

本命評価のレッドベルアーム!

東京スポーツ杯2歳ステークス2021は11月20日(土曜日)、東京競馬場第11レース15時30分発走です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です