武蔵野ステークス2021予想・本命はオメガレインボー

爆発力。

武蔵野ステークスはダートマイルメッカの東京の重賞ですが、毎年差し脚を武器にしているタイプが好走する一戦です。

今年も多くの登録馬がおり末脚自慢も揃っていますが、中でも差して実力に目覚めたオメガレインボーを本命視です。

ここが得意な馬が多い中でオープン勝ちもある5歳馬ですが、そんな武蔵野ステークス2021の予想を公開します。

はしくれ

スローの瞬発力勝負と見た
GⅠと同舞台になりますね

のりしお

武蔵野ステークス2021予想・印&買い目

本命◎オメガレインボー

対抗〇ソリストサンダー

単穴▲タガノビューティー

買い目=単勝各100円、ワイドボックス各100円、計600円。

*エリザベス女王杯の無料予想はエリザベス女王杯2021予想・本命はアカイトリノムスメ

◎1着→☆2着→▲3着→〇4着

先週土曜日新馬戦では伏兵選出で上位独占(☆2着:10番人気)

武蔵野ステークス2021予想

本命◎オメガレインボー

本命◎はオメガレインボーです。

同馬は特にマイルに適性がありそうな全体の骨格から、前後肢ともに発達している筋肉に好感を持つ馬です。上の画像は前走重賞のエルムステークスの馬体でしたが、このときも毛ヅヤが良好であり充実を感じる仕上がりでした。

多少コロンとしたところもあってそれが立ち回りに生かされますし、小回りの函館も苦にしないで走れるだけのつくりにありました。今回は得意の東京ですが、差し馬乱立のレースですので、ポジションを取りつつ立ち回るなら器用な見た目が役に立つでしょう。

東京は2-0-0-1となり一度は13着していますが、これは前年大外枠からで前に行ったことが原因でした。今年は差し脚を活かす競馬で再挑戦となる一戦ですし、アハルテケステークス完勝から差はないと見て本命指名です。

対抗〇ソリストサンダー

対抗〇はソリストサンダーです。

同馬は昨年当レースに出て2着と連対を果たしましたが、このときは中団から伸びてきて上り2位の末脚で切れました。優勝したのがサンライズノヴァで相手も得意な舞台でしたから、むしろ初重賞で2着できて立派な結果だったと思います。

左回りのマイルではGⅠフェブラリーステークスを除くなら、4戦連続馬券内となり安定感の光る存在です。追い込まなくても差し脚を伸ばす競馬がきちんとできる馬なので、多少ペースが落ちそうなここでも不発の可能性は低いでしょう。

このところ馬券外の2戦では休み明けとGⅠと明確で、格の足りている今回であれば前年以上も期待が持てます。戸崎騎手も継続騎乗ですし直線長い東京マイルでは、より実力発揮が可能と見て対抗評価に抜擢します。

単穴▲タガノビューティー

単穴▲はタガノビューティーです。

同馬は現在2連勝として追い込みが光る競馬をしますが、馬体も完全に旬を迎えてふっくらとボリューム感があります。決め打ちするしかないタイプなので本命には据えにくい馬ですが、サンライズノヴァが勝っている通りこの舞台でこその馬キャラでしょう。

今回リアンヴェリテが逃げるならそこまで早くはならなそうですが、その他もちらほら先行馬がおり、ドスローにはならないと見ています。このコースではユニコーンステークスの際13着と敗退も、その後は阪神千四を除き8戦連続で馬券内です。

東京は近5戦で4勝と馬が競馬を覚えていますから、いつも通りに走って来られれば馬券内確率は高そうです。あとはペースと位置取り次第では突き抜ける可能性もありますし、逆転可能な単穴候補で単勝まで買いたいと思います。

武蔵野ステークス2021買い目

当レースはペースにより有利な位置取りがかなり変化すると見て、それぞれの単勝をまず押さえてワイドで利益を狙っていきます。

単勝各100円、ワイドボックス各100円、計600円と致します。

武蔵野ステークス2021当日のパドック予想

はしくれさんは2週連続してメインで本命馬が優勝です。おめでとうございます

のりしお

◎1着→▲2着→☆6着→〇12着

◎1着→☆3着→▲6着→〇8着

はしくれ

ありがとう。この調子でいきたい
武蔵野ステークスで注目する馬体はどの馬になるのでしょうか?

のりしお

はしくれ

馬体的にはタガノビューティーかな

武蔵野ステークス2021は11月13日(土曜日)、東京競馬場第11レース15時30分発走です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です