京王杯2歳ステークス2021結果&馬体診断・優勝はキングエルメス

巻き返し。

前走1番人気で5着と見せ場のなかったキングエルメスが、2番手から抜け出すと鮮やかに後続完封したこの一戦。

馬体的にも多少緩く見せてプラス体重が気になりましたが、成長の証と言える勝利で重賞ウィナーに上り詰めました。

イン前有利の馬場を読み切った坂井騎手もまた好騎乗ですが、京王杯2歳ステークス2021の結果を回顧します。

はしくれ

それではどうぞご覧ください

京王杯2歳ステークス2021着順

優勝馬キングエルメス

2着馬トウシンマカオ

3着馬ラブリイユアアイズ

京王杯2歳ステークス2021予想&予想結果

本命◎コラリン

対抗〇トウシンマカオ

単穴▲ラブリイユアアイズ

特注☆シゲルファンノユメ

買い目=馬連ボックス各100円、計600円。

予想結果=不的中

京王杯2歳ステークス2021予想・本命はコラリン

パドックロード配信結果

▲2着→☆3着→◎4着→〇9着でした。

パドックロード(2021)11月度会員募集&前月度実績

一応2頭が馬券内ですが…

のりしお

はしくれ

残念な結果になってしまった
回顧をしっかりやっていきましょう

のりしお

はしくれ

だね!

◎1着→☆2着→▲3着→〇4着

東京6レース新馬戦では伏兵選出で上位独占(☆2着:10番人気)

京王杯2歳ステークス2021結果・馬体診断

優勝馬キングエルメス

まず優勝馬キングエルメスです。

同馬は今回多少緩いかと思わせる馬体にも見えましたが、プラス18kgを気にも留めず、あっさりと抜け出し快勝でした。全体的な幅があるタイプでふっくらとした肉質は上位で、バランスも崩れてはいませんからハイレベルな仕上がりに思えます。

それでも非選出にした理由は先述の通り緩いかと見えて、もう少し引き締まったら買いたいところかなと様子を見ていました。結果的にこれが裏目でしたし反省せねばならないと感じて、改めて同馬の馬体を眺め上昇を果たしたいと思います。

2着馬トウシンマカオ

2着馬はトウシンマカオです。

同馬は毎回パドックの際に角度が付いてしまう画像ですが、3周目ではっきりと確認し、これで良いかなと3番手でした。1400mに合っていてやや背の高さもある体型から、スピードに乗りやすいと思われる胴の詰まった馬体をしています。

筋肉が柔らかく東京にも距離にも適性が見られましたが、坂もこなせる前肢の筋肉が目立つボリュームのある馬体でした。トモも広くまだ緩さがあるので完成は先かと思われますし、今後も十分このカテゴリーで活躍が狙えると思われます。

3着馬ラブリイユアアイズ

3着馬はラブリイユアアイズです。

同馬は438kg、勝ち馬と54kg差ですが、自身の体重より大きく見せ活躍を予感した一頭です。絞れた馬体も好感が得られトモの面積も広い馬なので、最後の末脚が伸びていたのは納得できる走りと言えました。

本命に推したコラリンに比べ筋肉が多少硬く見えるので、4番手評価を下しましたが選出できたことは良かったです。距離はマイルでも持ちそうですからこれより短縮ローテを組むより、千四以上を主戦場としていくのが良さそうだなと思います。

コラリンは惜しくも4着でした

のりしお

はしくれ

毛を刈ってたけど良かったんだよね…

当レースでもご期待をくださり、誠にありがとうございました。人気・不人気に構わずとことん、選び抜いていきたいと思います

京王杯2歳ステークス2021結果・回顧

レース動画


レース後の感想

今回はインの前が良いままで進んだ馬場状態でありますが、それ自体はしっかり読めていても差し切れるのではと思われました。それというのも前走勝ち馬が見せ場のない走りをしていますし、しっかり番手で折り合えるかなと懸念していたことも挙げられます。

しかしそこは坂井瑠星騎手で、本当に粘るのが上手いですし、イン前有利で内枠を引くと恐ろしいジョッキーだと思います。天才ではと思うことも多い坂井瑠星騎手のセンスですが、今回のようなレースが再びあるときは警戒したいものです。

坂井騎手、本当に上手ですね

のりしお

はしくれ

才能がたっぷりで羨ましい

騎手のコメント

1着坂井瑠星騎手・・・「返し馬の段階から馬が良くなっていたので、自信をもって正攻法の競馬をしました。気分よく走っていたので、そこまでペースは気にせず馬のリズムで乗っていました。直線も手応え十分だったので、なんとか振り切ってくれと思っていました。新馬の段階から素質のある馬で、前回は気持ちが噛み合わず勝てませんでしたが、今回勝てたことでいい形で暮れに迎えるのではないかと思います

全くおごりや自慢がないです

のりしお

はしくれ

どんどんかっこ良くなっているよね

京王杯2歳ステークス2021結果データ

勝ちタイム=1分21秒3(良)

前半600m通過=35秒1

ペース=スローペース(1秒0差:前後半600m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=34秒1

レース上がり3ハロン=34秒1

4角通過順=2→3→5番手

クッション値(当日午前7時):9,2(標準)

おわりに

今回はもっと馬群凝縮の上り勝負かと思われましたが、スズカコテキタイが離して逃げて2番手以下はもっとスローでした。この隊列が読めていませんから完敗の内容になりましたが、コラリンの馬体自体は何回やっても本命に据えたはずです。

はしくれは元来毛を刈っている馬を重視しない方針ですが、この馬はバランスも良く、非常に柔らかい肉質をしていました。差し馬には苦しいレースですし馬場も外には厳しいことからも、強いレースを披露しているので次走以降も期待をしています。

またパドックロード会員の皆様、ご声援ありがとうございました。11月度も誠心誠意の配信をお届けして参ります。

はしくれ

明日も頑張ります
よろしくお願い申し上げます!

のりしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です