競馬小説「アーサーの奇跡」第16話 七五三

前回までのあらすじ

 

鎌倉記念の表彰式後に人気のないパドックに来た匠。

驚きの再会を果たしつつも、急いで家路へと向かうのでした。

競馬小説「アーサーの奇跡」第15話 表彰式

競馬小説「アーサーの奇跡」第16話

第16話 七五三

 

「さて、今日はちょっと頑張らなくちゃな」

善男が忙しく準備している。

「この背景、引っ張ればいいんだね」

匠がアシスタントをやっている。

「おう、それな。床の白い線まで、引っ張っといてくれれば良いからな」

善男はフラッシュをたいて確かめ、それをやりながら匠に答えた。

 

「父さん、こっちは準備できてるよ。あとは照明を動かさなくちゃね」

「頼んだ、ちょっと父さんこれから、下でメールの確認をしてくる。照明動かすのが終わったらな、ホルダーの確認をしといてくれ。昨日までは取り敢えずキャンセルは1件も入っていなかったがな…」

そう言うと下の店舗部分へと独り言を言いつつ降りて行った。

 

「(この照明、台座が重たいなあ…)」

祖父の代からずっと使っている台座を匠がゆっくり動かす。

「(こっちにひとつ、あっちにももうひとつ…)」

匠は指示通りに動いていた。

「(さてあとはホルダーを確認して…)」

部品をひとつずつ確かめていく。

 

「(しかし今時ホルダーを使うの、うちの写真館くらいのものかな。デジタル全盛の世の中なのに…)」

年季の入った写真機を眺め、そばにあるデジタルカメラを見ると

「(やっぱりフィルムが良いっていうのも、なんとなく分かる気がしてくるなあ…)」

独特の味を持った写真機を、再び見つめて匠は思った。

 

―ピンポーン!

 

匠の家の呼び出し音が鳴り、誰かと善男が会話をしている。

階下での物音を聞き匠は

「(お客さんかな?早い…)」

と思った。

 

ほどなくして会話が終わったのか、階下はまた静けさに包まれて、代わりに今度は小さなきしみが階段を上る音に気がついた。

 

「(父さんだな…)」

ガチャリと扉が開くと匠は

「ホルダーも見たよ」

とすぐに言ったが、返事が無いのを不審に思ってすぐさま扉の方に振り向いた。

 

「…」

 

その瞬間、あまりのことにはっと、匠の体は硬直していた。

 

暗幕を開けた小さな窓から柔らかな光が差し込んでいる。

それは美しい女性にあたって、ふわふわと全身を包んでいた。

その女性は凛とした出で立ちで、匠の目を真っすぐ見つめていた。

 

「あの…初めまして。三条結衣(さんじょうゆい)です。今日一日、アルバイトで来ました。よろしくお願いします…」

 

匠はすぐ返事ができなかった。

 

「…。…えっと…あの。か、上山(かみやま)…匠です。」

 

お互いただ見つめたまま無言で、時間が止まったようにも感じた。

「あの…下でお父様がこちらで、手伝ってほしいとおっしゃったので…」

そう切り出す結衣の声を聞き取り

「はい…」

とだけ答える匠だった。

 

初めて見たのは佐賀競馬場で。

次に見たのは小倉競馬場で。

そして先日川崎で見かけたあの美しい女性が前に居る。

いつもとは違い、髪を束ねつつ肩から下げた出で立ちであったが、ほのかな甘い香りと凛とした雰囲気に何も変わりはなかった。

 

「私は何をすれば良いでしょうか…」

その声に匠ははっとしながら

「えと…はい…すみません。…じゃあちょっとこのホルダーを確認して…」

既に確認し終わった道具をあたかもこれから見るような体で、作業机に置いてあるフィルムホルダーの方にすぐ向き直った。

 

「素敵…」

 

結衣が使い古されたホルダーにその細い手指を伸ばして言うと、隣に立っていた匠のそばで甘い香りがふわりと広がった。

匠は浮足立って感覚がなくなったような状態だったが、その香りがする方へと向かって、無意識に説明を続けていた。

 

「このホルダーをこうして抜いてから、中に埃がないのを確かめて…。もしあればこのブロアーを使って、こうやって吹き飛ばしてもらえれば…」

匠はブロアーを手に握りつつ、空気をプシュッと出す素振りをした。

するとなぜかプシュッと空気が出ず、プう~んとおかしな音が飛び出した。

 

「ふふっ、変な音」

結衣がくすっと微笑むのを見ると

「あ…は…ほんとうに…、いつもはこんなやつじゃ、ないんですけど…」

と、匠が更に続けた。

 

それを耳にして

「ふふっ」

と嬉しそうに結衣が肩を小さく揺らすと、かすかな甘い香りが広がって、匠はまたドキンと胸が鳴った。

 

そこに下で確認を終えてきた善男がぎしぎし階段を上り

「よう、自己紹介は済んだかい?」

と扉を開いて二人に尋ねた。

 

いつも通りの善男にほっとして匠が

「うん」

と言ったタイミングで

「はい」

と結衣もすぐに返事をして、二人は不意に目を見合わせていた。

 

「おお、なんだか息ぴったりじゃないか。いいねえ、もう仲良くなったのかい?」

そう言って善男が更に続けた。

「ところで今日は田中さん10時で、あとは順番に撮影するけど、結衣ちゃんにはここまでの受け付けと、案内を頼みたいと思うんだ。匠は撮影のアシスタントで小さい子相手だからよろしくな。いいか、泣かすなよ」

小さく頷く結衣の隣から

「大丈夫だよ、ちゃんとできるからさ。それに赤ちゃんを撮るわけじゃないし」

と匠が善男に答えた。

 

すると善男が

「そうじゃなくて、結衣ちゃんを泣かすなよ。困ったことがあればフォローしてな。撮影は父さんがばっちりして、名作を残すに決まってるしな!」

高笑いをする善男に向かって

「はいはいそうですね、分かりましたよ…」

と目を閉じて言う匠だった。

 

それを見た結衣が

「よろしくお願いします」

とゆっくり頭を下げると

「うん。じゃこっち」

と善男が階下へ結衣を伴って下っていた。

 

匠はその扉が閉まる音でようやく目が覚めた気分だったが、突然現れた結衣の姿に、まだ少し地に足が着かなかった。

 

「(まさかあの人がここに居るなんて…まだ何か、ちょっと信じられないよ…)」

匠はブロアーを手に持ったまま、そのままその場に立ち尽くしていた。

 

部屋には幻のように見ていた、結衣の香りがかすかに舞っていた。

 

次回予告

 

今まで幻のように見ていた結衣との対面を果たした匠。

善男のひと言で思いがけない方向へと時間が流れますが…

 

次回は:競馬小説「アーサーの奇跡」第16話 七五三

前回は:競馬小説「アーサーの奇跡」第15話 表彰式

はじまりは:競馬小説「アーサーの奇跡」第1話 夏のひかり

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です