キーンランドカップ2021過去10年の傾向とイチオシ

はしくれ

こんにちは、はしくれです

今週は札幌競馬場にてキーンランドカップが開催され、札幌記念のあとも重賞を楽しむことができる番組です。

昨年はエイティーンガールが差し見事に優勝を果たしましたが、重馬場開催の影響もあるなかでの一戦となっていました。

文末では過去の傾向からも最も注目するイチオシ馬を、ピックアップして参りますのでどうぞごゆっくりとご覧ください。

キーンランドカップ2021過去10年の傾向

キーンランドカップ2021・過去10年3着以内傾向

①最多好走枠7枠(橙)=7年7頭3勝(外枠優勢)

➁苦戦枠(1頭以下):1枠(白)&3枠(赤)=各1頭

前年3着以内リピーター:3頭

④牝馬16頭(6勝)

⑤3歳馬:3頭(1勝)

⑥人気1番人気8・2番人気4頭・3番人気4頭・4番人気4頭・以下10頭

⑦好走騎手(3回以上):なし

⑧ハンデ:51~58kg(別定)

⑨走破タイム:良=1分7秒6~1分9秒0、稍重=1分9秒2~1分11秒7、重=1分10秒6

⑩好走厩舎(3頭以上):安田隆行厩舎4頭(2勝)・須貝尚介厩舎4頭(1勝)

⑪最速上がり3ハロン計時馬:5年5頭3勝

⑫馬体重:438~534kg

⑬4角5番手以内:15頭(5勝:うち逃げ馬4頭3勝)

⑭好調種牡馬(3着以内入着回数:4頭以上):ディープインパクト(4頭)

⑮好走ローテ(前走。リピーターも単年計算)重賞経由19頭(主な前走=函館スプリントステークス8頭、アイビスSD3頭、高松宮記念2頭、CBC賞2頭、安田記念・ヴィクトリアマイル・NHKマイルC・中京記念各1頭)オープン7頭(UHB杯7頭)、3勝クラス4頭

⑯前走後間隔中2週~3か月=26頭、5か月以内=4頭(全馬重賞経由)

前走人気:17番人気以内

⑱前走最低着順馬:2014マジンプロスパー3着=高松宮記念18着

⑲ペース:ハイ6、ミドル4、スロー0

枠順確定前のイチオシ

キーンランドカップ2021過去10年の傾向から、枠順確定前のイチオシは…

ダイアトニック

同馬は昨年のスプリンターズステークスから長期休養明け、この点不安はあるところですが追い風になるデータも揃います。まず休養明け馬は過去10年全てが重賞経由馬でしたが、これも満たしていますしこれまでの同馬は2戦2勝としています。

更に管理する安田隆行調教師は最有力調教師、過去10年でも4頭2勝とチーム力からも期待ができます。昨年このレースは重馬場での手痛い敗戦を喫しましたが、函館スプリントステークスでの勝利から洋芝もOKです。

復帰戦が楽しみな馬ですね

のりしお

はしくれ

帰ってきてくれたのが嬉しい

以上キーンランドカップ2021の過去傾向とイチオシでした。あとは枠順が確定してから精査することをおすすめします。またキーンランドカップ2021のパドックロードも配信します。プロの相馬師による診断にもご注目下されば幸いです。

はしくれ

それでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です