羊蹄山ステークス2021結果&馬体診断・優勝はホウオウトゥルース

ひとまくり。

新潟・小倉が大雨によって馬場が渋っている中にあっても、晴天を保ち、ダートも良馬場となった羊蹄山ステークス。

推定48秒4での前半からミドルハイで進んだ、タフなレースをホウオウトゥルースがまくって2馬身半差勝ちでした。

仕上がりもかなり難易度の高い一戦となった様相でしたが、羊蹄山ステークス2021の結果を復習しましょう。

はしくれ

それではどうぞご覧ください

羊蹄山ステークス2021着順

優勝馬ホウオウトゥルース

2着馬エクレアスパークル

3着馬デッドアヘッド

羊蹄山ステークス2021予想&予想結果

本命◎ウインドジャマ―

対抗〇ペイシャキュウ

単穴▲ダノングロワール

買い目=単勝&複勝各100円、計600円。

予想結果=不的中

羊蹄山ステークス2021予想・本命はウインドジャマ―

パドックロード配信結果

☆3着→〇4着→▲6着→◎8着でした

パドックロード(2021)8月度会員募集&前月度実績

二桁人気の☆が3着で、ちょっと惜しい結果になりましたね

のりしお

はしくれ

データ予想でも見抜けていれば
とはいえ複勝は獲れていました

のりしお

はしくれ

穴の複勝はコスパが良いから…
1番人気も切っていましたが、その辺りも踏まえて今回も馬体診断を願いします

のりしお

はしくれ

うん!

☆1着→〇2着→◎6着→▲7着

阿蘇ステークスも10番人気の☆抜擢からワンツーフィニッシュ

羊蹄山ステークス2021結果・馬体診断

優勝馬ホウオウトゥルース

まず優勝馬ホウオウトゥルースです。

同馬はいつも見栄えするタイプで今回も馬格が目立ちましたが、高木調教師の管理馬らしい絞れた全体が好感でした。トモも張りがあり面積もあって選出に迷う仕上がりでしたが、多少皮膚感が緩いように見え、今回は非選出となりました。

道中は後方待機しながら外を回して差し切っていますし、それも2馬身半差の着差なら能力が違った感じもします。札幌は多少皮膚感が緩く見えるような馬も走るコースで、このあたりパドックでの修正をかけながら上を狙っていきます。

2着馬エクレアスパークル

2着馬はエクレアスパークルです。

今回最も悔しかったのは同馬を選べなかったことですが、原因はパドック中継による角度の悪さが最たるものです。画像の角度がまだ一番よく見えるような映し方をしていて、かなり仕上がりが良さそうながらも選び切れずに切ってしまいました。

プロとして配信している以上、逆光なども有りはするのですが、最低でもバランスの確認ができないまま選べないところです。結果2着に突っ込んできたのは仕上がりが良かったことも挙げられ、特にグリーンチャンネルにおいてはしっかり映してほしく思います。パドック党の願い

3着馬デッドアヘッド

3着馬はデッドアヘッドです。

同馬は今回1番人気のウインドジャマ―の帯同だろうと、データでは軽視をしていましたが、パドックではこちらが上位でした。マイナス12kgの馬体重もむしろ良く絞れて感じましたし、さすがにこれを見てしまった以上、非選出にはできないものでした。

仕上がりとしては背中も真っすぐ、体幹とバランスに優れていて、前後肢共に筋肉が付いてかなり「良い馬」に映る仕上げです。人気こそあまりない馬でしたが、これをきちんと維持できているなら、今後も十分上位が狙えるつくりにあると言っても良いでしょう。

データでは本命に推奨したウインドジャマ―を外しています

のりしお

はしくれ

今回はさすがに太かったしね…

当レースでもご期待をくださり、誠にありがとうございました。人気・不人気に構わずとことん、選び抜いていきたいと思います

羊蹄山ステークス2021結果・回顧

レース後の感想

今回はタフな乾いたダートで好位から行く馬有利と踏んで、結果まくりで追い込みを果たしたホウオウトゥルースの完勝でした。同馬は前走ダートの中距離2100m戦に出ており、スタミナに不安がないことからもタフなダートが向いたと思います。

また横山和生騎手もローカル・小回りは得意にしていますから、馬の状態も合わせてこうした展開が合ったのだと思います。最内のウインドジャマ―は枠も多少懸念はしたところでしたが、やはりこの枠も同馬の力を出し切るには不向きに感じました。

横山和生騎手、お見事でした

のりしお

はしくれ

素晴らしい大まくりだったね

羊蹄山ステークス2021結果データ

勝ちタイム=1分43秒9(良)

前半800m通過=48秒4(推定)

ペース=ミドルハイペース(0秒7差・800m比較:推定)

勝ち馬上がり3ハロン=36秒1(最速)

レース上がり3ハロン=36秒7

4角通過順=4→4→2番手

おわりに

今回は難しい一戦だと予想時から感じていたのですが、騎手やローテーションを重視すれば的中もあったかなと思います。パドックの中継角度を含め鬱憤の溜まる内容でしたが、デッドアヘッドの激走自体は見抜けていたことにほっとしました。

新潟・小倉が大雨によってかなり馬場が悪い状態ですし、天候安定の札幌として公開したのに悔しいものです。やはり当てる競馬をしたいですし、これからもそれを狙っていくので、読者の皆様のお役に立てるように一層精進致します。

またパドックロード会員の皆様、ご声援ありがとうございました。日頃のご愛顧に報えるように、次の的中を狙っていきます。

はしくれ

ご声援ありがとうございました
ありがとうございました

のりしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です