レパードステークス2021結果&馬体診断・優勝はメイショウムラクモ

55歳。

今回1番人気に推されたメイショウムラクモの手綱を取った、柴田善臣騎手は最年長55歳での重賞を制覇。

「道中でステッキを落としながら格好悪いゴール」と言いながらも、「馬はカッコいい」と立てる姿勢がより素敵に映る一幕でした。

強い内容でダートの新星誕生を告げる一戦でしたが、そんなレパードステークス2021の結果を回顧しましょう。

はしくれ

それではどうぞご覧ください

レパードステークス2021着順

優勝馬メイショウムラクモ

2着馬スウィープザボード

3着馬レプンカムイ

レパードステークス2021予想&予想結果

本命◎ルコルセール

対抗〇ノースザワールド

単穴▲メイショウムラクモ

買い目=単勝&複勝各100円、計600円。

予想結果=的中:単勝280円・複勝150円

レパードステークス2021予想・本命はルコルセール

パドックロード配信結果

☆1着→◎6着→〇9着→▲15着でした。

パドックロード(2021)8月度会員募集&前月度実績

からくも☆で1着馬選出。あと一押しが欲しいところでした

のりしお

はしくれ

ちょっと残念な結果だったよね…でも柴田騎手おめでとうございました
良い馬が多くて迷ったそうで

のりしお

はしくれ

うん。かなりハイレベルだと思うよ
代わりに新馬戦では伏兵を立て続けに見抜いていましたね。うちひとつは3着以内独占です

のりしお

▲1着→☆2着(10人気)→〇3着→◎11

◎1着→〇3着(10人気)→▲5着→☆15

はしくれ

気がついたら選んでいた感じで。新馬戦は腕の見せ所だね
実はこの土日の新馬戦では、新潟で二桁人気馬は4頭馬券に絡んでいるのですが、全ての馬を抜擢しています。これは昨日の証拠画像ですね

のりしお

〇2着(15人気)→▲3着(13人気)→◎7着→☆8

はしくれ

とても楽しい2日間だった

◎1着→▲2着→☆5着→〇14着

エルムステークスでも◎(4人気)→▲(7人気)をワンツー的中

レパードステークス2021結果・馬体診断

優勝馬メイショウムラクモ

まず優勝馬メイショウムラクモです。

同馬は今回非常に毛ヅヤも光って柔軟な馬体を見せて、太目もなく、プラス12kgでもしっかり仕上がった体型でした。バランスに優れた馬でもあって滑らかな歩様も好感が持て、体幹が真っすぐな背中の良いつくりをしているなと思いました。

またトモを非常に大きく見せて張りのあることが一目で分かり、選出自体は4番手ですが上位評価と差のないものでした。このレースでは出走馬レベルが非常に高いなと思いましたし、今後も期待できる馬が多く、そのなかで勝ったのは大きいです。

2着馬スウィープザボード

2着馬はスウィープザボードです。

同馬は今回伏兵評価で10番人気となっていましたが、柔軟性が高い馬体を見せ瞬発力を感じるものでした。周りの馬が馬格があるために選出には至りませんでしたが、同馬としてはまとまった馬体で高次元な仕上がりにありました。

トモもしっかりと輪郭が張って毛ヅヤも冴え調子も良かったので、人気薄ですが2着好走は決してフッロクではないはずです。こういうタイプはダート戦線で手が出しづらい馬体と言えますが、これからは積極的に狙って的中できたらなと思いました。

3着馬レプンカムイ

3着馬はレプンカムイです。

同馬はコロッとした体型から短距離でもやれそうに見えますが、胴体が長くゆったりしていて距離適性に幅が有りそうです。柔軟な馬体が特徴的な全体的に丸みのある馬で、トモも張っており画像の通りにボールのようなボリュームがあります。

こうした馬体はケンシンコウなど似たような馬の好走もあって、警戒はしましたが選出には至らず残念なパドックでした。このあたりを詰められたら一段上昇が狙えると思いますし、復習を重ね、こうした舞台で選び出せるよう努めていきます。

先々が楽しみになりましたね

のりしお

はしくれ

パドックはやっぱり奥が深い

当レースでもご期待をくださり、誠にありがとうございました。人気・不人気に構わずとことん、選び抜いていきたいと思います

レパードステークス2021結果・回顧

レース動画


レース後の感想

今回は柴田善臣騎手とのコンビが話題になっていましたが、メイショウムラクモの所属厩舎の和田厩舎も初の重賞勝利。同馬自身も初制覇を飾りメモリアルな一戦となりました。

55歳で現役を続けて重賞を勝つ柴田騎手を見ると、感動をもらうとともに滅茶苦茶カッコいいなと思う競馬でした。メイショウムラクモは前走の際、外を回って抜け出していますが、左右の違いはあれどこの時の競馬が活かされたなと思います。

さすがは柴田善臣騎手でした

のりしお

はしくれ

元々新潟は得意だからね

騎手のコメント

1着柴田善臣騎手・・・「また今日も1コーナーで遅くなったらかかっちゃって。かかり気味に行って、それからは折り合いはついたんですけど。4コーナー大事なところでステッキは落とすし、あんまりカッコいい乗り方じゃなかったですね。馬はすごくカッコよく走ってましたけど。(JRA最年長重賞勝利について)周りがね、一生懸命おだててくれるんですけど、なんかあんまり気持ちは普通って感じで…。まあ次々いま下のジョッキーも追いついてくるんで、そのうちまた抜かれるんでしょうから。取り敢えずでも、そういう記録ができたっていうことは、非常に嬉しいことだと思うし、関係者の…まあ関係者の100%の力ですね、わたしは乗ってるだけですから。今日はちょっと邪魔しちゃいましたけど。(メイショウムラクモの今後について)正直、今日プラスの体重がかなり大きかったんで、心配はしたんですけど、中間の調教の感じが凄くいい感じで、思い通りの稽古もできてたし、気持ちも凄く昂って、呼吸も乱れもなく調教できたんでね。プラス体重は体の成長分、体を見る限りふっくらしそうな部分も残ってるんで。まだまだこれから力はついてくると思います」

ムチを落としてしまったんですね

のりしお

はしくれ

見ている時は気がつかなかったよ。それでこの着差だし強い

レパードステークス2021結果データ

勝ちタイム=1分51秒3(良)

前半800m通過=48秒8

ペース=ハイペース(1秒1差・800m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=37秒2(最速)

レース上がり3ハロン=37秒3

4角通過順=2→3→1番手

おわりに

今回は前走をなぞるような競馬で勝ったメイショウムラクモと、柴田善臣騎手の好騎乗で3馬身開いた結末でした。前に行った馬に有利と言える流れとは言い切れないものですが、上位3頭は前で凌ぎ切り強い競馬を見せたと思います。

馬体診断でも述べたのですが出走メンバーのレベルも高く、いい意味で迷う一戦でしたし、今後が楽しみな結末でした。また柴田騎手とメイショウムラクモ、このコンビの走りに期待します。

またパドックロード会員の皆様、ご声援ありがとうございました。来週も良い結果が出せるよう、引き続き復習して参ります

はしくれ

ご声援ありがとうございました
ありがとうございました

のりしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です