アイビスサマーダッシュ2021過去10年の傾向とイチオシ

はしくれ

こんにちは、はしくれです

今週は開幕週を迎える新潟競馬場を舞台とする、夏の名物アイビスサマーダッシュがメインに組まれる開催です。

開幕週でもやはり外枠が優勢なデータもありはしますが、事前に掴んでおける傾向は、他にも掴んでおきたいものです。

文末では過去の傾向からも最も注目するイチオシ馬を、ピックアップして参りますのでどうぞごゆっくりとご覧ください。

アイビスサマーダッシュ2021過去10年の傾向

アイビスサマーダッシュ2021・過去10年3着以内傾向

①最多好走枠7枠(橙)=6年8頭1勝、8枠(桃)=6年7頭4勝(全30頭中)

➁苦戦枠(1頭以下):1枠(白)&3枠(赤)=各0頭

前年3着以内リピーター:4頭

④牝馬16頭(5勝)

⑤3歳馬:3頭(全て牝馬)

⑥人気1番人気9頭・2番人気3頭・3番人気4頭・4番人気3頭・以下11頭

⑦好走騎手(3回以上):M.デムーロ騎手3回(2勝)

⑧ハンデ:別定

⑨走破タイム:良のみ=53秒8~55秒1

⑩好走厩舎(3頭以上):なし

⑪最速上がり3ハロン計時馬6年6頭3勝

⑫馬体重:424~538kg

⑬4角5番手以内:直線のためなし

⑭好調種牡馬(3着以内入着回数:4頭以上):なし

⑮好走ローテ(前走。リピーターも単年計算):重賞経由12頭(主な前走=CBC賞5頭(4勝)、函館スプリント5頭、葵ステークス・海外各1頭)、オープン13頭(韋駄天S8頭、バーデンバーデンC4頭、他1頭)、3勝クラス2頭、2勝クラス3頭

⑯前走後間隔中1週~3か月=29頭、4か月=1頭(海外)

前走人気:14番人気以内

⑱前走最低着順馬:2019オールポッシブル3着=バーデンバーデンC16着

⑲ペース:ハイ0、ミドル8、スロー2

枠順確定前のイチオシ

アイビスサマーダッシュ2021過去10年の傾向から、枠順確定前のイチオシは…

オールアットワンス

当レースは外枠馬優勢で7・8枠だけで半数となる、15頭もの3着以内馬が出現しているレースとなります。1・3枠馬0頭と顕著な外枠有利となっているために、枠抜きで選出をするとすれば同馬がイチオシに相応しいです。

それというのも同馬は前走で葵ステークス3着があって、3歳牝馬で51kgと好走事例に合う存在です。父マクフィも欧州マイラーで血統的にも短距離に向いて、新潟に向く切れ長な馬体も特徴的な一頭と言えます。

人気馬が強い一戦のなかでモントライゼも出走を予定し、この馬よりも前走で上位に入った実績も無視できません。先行力もありますし前走、時計を詰めて走ってきましたし、徐々にスピードをつけていることもイチオシの決め手になる要素です。

アイビスサマーダッシュの無料予想アイビスサマーダッシュ2021予想・本命はオールアットワンス

やはり枠順の影響は濃い

のりしお

はしくれ

外枠じゃないとかなり厳しい
外の2枠だけで半数ですね。開幕週でさえこの結果です

のりしお

はしくれ

こんなに顕著なレースもないよね

以上アイビスサマーダッシュ2021の過去傾向とイチオシでした。あとは枠順が確定してから精査することをおすすめします。またアイビスサマーダッシュ2021のパドックロードも配信します。プロの相馬師による診断にもご注目下されば幸いです。

はしくれ

それでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です